FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
Magic Tree House
2011年04月07日 (木)
唯一うちにあるマジックツリーハウス。

江戸の大火と伝説の龍 (マジック・ツリーハウス 23)

夏休みにブックオフで何冊か買った中の1冊。
その時は

フェアリー・レルム (1) 

これを何冊か買って、マジックツリーハウス(私も名前だけは知ってた)も
買っとこうか?なんて聞いてみたけど断られたので
日本が舞台のなら興味持つかな~なんて1冊入れといたもの。

春休みに気が付くと何度か読んでいたので(くり返し好きらしい)
それならとブックオフやマーケットプレイス等で1巻から20冊ほどを調達。
全部で28冊くらい?出てるみたいなので、後はおいおい。

聞けば、学校の図書室で借りて読んだりしてたらしい。
(学校の読書の時間に読むだけで家には持って帰ってこない)
じゃあこれからも学校で借りればいいじゃん、という話もあるだろうけど
本を熱心に読む子じゃないので、興味があるものなら家にも置いておいて
いつでも手に取れる状態にしておいてやりたい・・と思う親ゴコロ。

絵本サイズの本棚はあるんだけど、この手のサイズが増えたので(何せ20冊)
ムスメとホームセンターへ行って棚を選び、ムスメ専用本棚を作った。
下段には「そーなんだ!歴史編」のバインダーのスペースも用意。ちょうどよかった。

ムスメが普段レゴを黙々とやるスペースのすぐ近くにしたので
気が付くと床に座り込んで読んでる。
・・いや、とっかえひっかえ取り出してるところを見ると
何か探してるのか、挿し絵を見て回ってるのか・・・

それでもいいや、家で本を手に取るだけでも進歩だ。
たまに本文も読んでるみたいだし。
こう思うと、やっぱりいつでも手に取れるように家にも揃えておきたい。

それから私用にこれも買った。

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark

amazonで中身が見れて、だーいぶ前に見た時は
「何だかわかりにくそうだなぁ」か「つまんなそう」とか思った気がするんだけど
今回また見てみたら、すごくわかりやすそう。

私も進歩したってことか?

あらすじや内容は全然わかってなかったけど(姉と弟だと思ってたし)読んでみた。
時々他のことで中断しつつもトータルで1時間もあれば余裕で読めてしまった。

へぇ~、こういう話なんだ~。おもしろいじゃん。
ムスメも学校で1巻を読んだことがあったようで、いろいろ話してくれた。
日本語の1巻には2話収録されてて、次の内容まで話そうとするのでストーーップ!
・・・私、まだ読んでないのでね。

つい最近、これを読んだんだけど



ぶっちゃけ、こっちよりマジックツリーハウスの方が読みやすい。
語数だけで見たら5000語くらいで同じなんだけど。
何かなぁ、文体?が違うのかな。

レインボーマジックの方は1つの文が長い・・というか
いや、そんなに長くないし難しい言葉が満載なわけでもないんだけど
1つの文に前置詞が入りまくって(るように見える)いるからかわかりにくい。
だいたいの話のあらすじや内容はわかったんだけど次も読もう~とはさほど思えず。

マジックツリーハウスの方は、SSSでの紹介やレビューにもあったように
1つ1つの文が短いのと、主語・述語・目的語・・って典型的なきちんとした文が多くて
それでわかりやすいのかもしれない。

ちなみにSSSでの紹介では

文章は短く、会話体が多用されています。
必ず難しい単語がいくつか出てきてその意味が学べるようにもなっています。


らしい。
そうか、ORTのように、その本の中でいくつかのポイント?単語が用意されてるのか。
確かに何度も出てきて、最初はわかんないけど違う場面で出てきて
そこらへんで意味に気付くってこともあるもんなぁ。なるほど。

てか、SSSを改めて見てると、私ってばレベルとか完全無視な進め方だな。
まぁ辞書は引かずに読みながらわかるようにしてるし、
読みにくかったら違うのに行くし(レインボーマジックもそう)
読めそうなレベルのものを何冊も読むっていう基本は間違ってない・・よな。

マジックツリーハウス、単語はわからないものも当然あるし
そもそも本人に読む気はまだまだなさそうだけど
でも文の感じなんかはムスメでも読めるくらいだと思う。

あればいつか読んでくれるだろう・・と思って、まずは自分が読むことにして
新しい本棚に並べていくことにしよう。
スポンサーサイト