FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
通常営業中
2010年12月25日 (土)
冬休み。
とはいえ、28日までは勉強する予定な我が家。

なんだろうなぁ、2年生の時からかな。
家庭学習を始めて初めての年末年始、年明けはどうするのかなと思って聞いたら
何気に「1月4日」と答えたのでその通りにスタート。

オットが28日仕事納め、4日仕事始めというサラリーマン家庭のサガだな(笑)

特に遠方へ帰省するわけでもないし、旅行に行くわけでもないし
何となく単にちょっと長めの連休って感じ。

というわけで冬休みも通常営業中。

多分もう勉強しないと落ち着かない生活なんだろうなぁ。
そう仕向けた張本人(私)が言うのも何だけど、我が子ながら感心してしまう。

やってることも通常バージョンの国語・算数・英語。
長期休みだからといって特別バージョンにするのはもうやめた。
同じことをコツコツと。同じ量だけ。

最近は英検過去問で時間が足りなくて平日は国語ができていなかったので
国語に取り組めるのでちょうどいい。
特に今は



「成長する思考力」なので、じっくり取り組んで欲しい。

8級なので3年生相当。
昨年初めて10級をやってボロボロだったことを思えば成長してる。

それに秋に

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前! ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

これを約2か月かけてやったことで、その後は何とかマトモになってきた。

だけど「成長する思考力」の最後のほうの要約するのはなかなか辿り着けない。
それでも空白ではなくて本人なりに文章を書いているのはだいぶ進歩。
「わかんな~い」と言っても私がスルーしてきたので、最近は言わなくなった。
やらねばならぬ状況に置かれたら何とかするっていうことがわかったので(笑)

どこを抜き出せばいいのかだいぶわかるようになってきても
その先の「文章の組み立て」が上手くいかなくてゴニョゴニョすることは多い。

こういうのは自力で文章を完成させることがまだできなくても
「言いたいこと」がとりあえずわかっていれば(あれば)OKとして
今は一緒に考えながら文章を作っていくことにしてる。

そんな時、役に立っているのは



新日本語トレーニング〈1〉基礎国語力編(上)

本当に基礎編の1冊目。
これは3年生になる前の春休みにやってみた。
1学期が始まったので残り4分の1くらいを残して止まっているんだけど
それでも途中まででもやってよかったなと思えるのが、文章を図式にすること。

何もない紙に、主語(主部)と述語(述部)だけを書いて、一本の線でつなぐ。
その線に修飾語を枝として付けていく。

文字を四角で囲みながら書いていくことで、目で見てスッキリ。

視覚に訴えられるほうが理解しやすいムスメには良いみたいで
本文中の言葉を抜き出して、質問に合うように少し書き直す場合は
このやり方で主語(主部)・述語(述部)をまず抜き出して線で繋いでから
後は「何を」「何が」「どんなふうに」「どうやって」と書き足していく。

「リンゴを」をとってみても「赤い」やら「おじいさんがくれた」やら
必要なものが枝となって「リンゴを」の上にどんどん付いていく。
「赤い」や「大きな」くらいはわかりやすいんだけど、
それ以外の部分はダラダラと書いてしまいがちなので、これだとわかりやすくなる。

これをやってから問題を見直してみると、ちょっとわかりやすくなるみたい。

本当は自力でやれるといいんだけど、
今は正しいやり方だったり、正しい文章だったりを一緒に作りながら
見ていくことで、本人の足しになればなと思っているところ。

勉強に限らず絵でもスポーツでも何をやるにしても
正しい見本や提示を見て真似することから始まると思うしね。

「成長する思考力」もあと2回で終了。
後半も後半なので、ちょっと手こずることも多いんだけど
それでも説明してて手応え(私の)が以前と違うので、あとはコツコツ演習。

次は「論理エンジン」をやる予定。
スポンサーサイト



ハイクラス問題 → はなまるリトルへ
2010年12月25日 (土)
算数は3冊まとめての標準問題→ハイクラス・ハイレベル問題と進んで
先日でハイレベルな問題がすべて終了。

最後の方に残した(残った?)のは

トップクラス問題集 算数 小学3年

やはりこのハイクラス問題のB。(ハイクラス問題Aも単元の数だけある)
ハイクラス問題Aはまぁだいたい自力でやれる感じだったんだけど
このハイクラス問題Bに入ってからはなかなか。

単元によって1人でできてたものもあれば、全く進まないものとあったし(汗)
特に最後のほうは特殊算なので、結局つきっきりで一緒にやった状態。

特殊算は私自身もよくわかってないし、答えはなんとなく出せることは出せて
答えを見ながら解説していくことはできるけど、あくまでもその問題の解説だけで
本筋をきちんと理解させることができてるとは言えない有り様。

最初から答えを見ずに、ムスメと一緒にウンウン唸りながら図を描いて考えたり
あーだこーだ言いながら2人で考えたり。
ハイクラス問題B(特に特殊算)に関しては、これでいっかと思いながらやった。

でも「難しいことを時間をかけてまでやるべきか?」なんて思ったり。

ちなみに本人はできなくてショゲるとかメゲるとかは全くなくて
ちょっと小難しいのでも喜んでやりたがる。
かと言って「よーし、やってやるぞ~!」というわけでもないし
できなくて悔しがるというアツイものも特に・・ない(じゃあ何なんだろう・苦笑)

ワタシ個人としては、そうだなぁ、
難しい(難しそうな)問題でも頑張ってみる、というのは悪くないと思って。
それに、難しいものにも取り組んでみる気持ちは持ってて欲しいと思うし。

同じ「できない」問題でも、全くお手上げなのか、途中まではわかるのか、
途中までと言っても半分までなのか、あともうちょいで惜しいのか、
そういうこともやってみなくちゃわからないんだしね。

だからこちら側で「これは難しいだろうからやめておこう」と取り除くのは
極力やめて、どれも同じように順番にやるようにしてきた。

だから本当はトップクラス問題も順番にやっていくつもりでいたんだけど、
さすがにこのレベルは今後の予定(特に時間)との兼ね合いで省くことにした。
だけど単元によっては半分くらい自力でできるものもあるかもなぁ。
やっぱりちょっと未練があるぞ(笑) ←貧乏性

多分、これからこうやって必要なレベル・不要なレベルを取捨選択しながら
やっていかなくちゃいけなくなるんだろうな。

来年度には下校も遅くなって時間も足りなくなってくるだろうし、
時間の兼ね合いを考えると、難しい問題にトライしてみる!というのも
必ずしも良いものとは言えなくなってくるんだろうな・・・。

それでもこの2年間やってきて(昨年も最レベル問題に手こずった)
「ちょっと難しそうな問題でもやってみる」という習慣(?)はできたし
「わからない~」と言いながらも「やってみたらできる」ことも経験できたし
とにかく、小難しい問題でもとにかく取り組んでみるという感覚(?)を
ムスメの中に定住させることができたんじゃないかな~と思ってる。

やってもみないで諦めちゃうのはもったいないしね。

今後はムスメや志望校のレベルに合わせたものを選ぶことになっていくんだろうけど
それこそ志望校レベルの中で小難しい問題に出会うことがあっても
「え~無理~」じゃなくて、「やればできるかも」と思って取り組んで欲しい。
多分ムスメはそういうタイプになってくれてると思う(今はね)

***************

というわけでハイレベル問題まで終わって、市販ドリル3兄弟は一旦休憩。
(一番最後に確認テスト系をまた3冊まとめてやる予定)

それで次は



はなまるリトルをスタート。

よく見てみたらアマゾンではなぜかずーっと品切れ中。
楽天ブックスには普通にあるので、何だか不思議。
うちはジュニア予習シリーズを買う時に一緒に四谷大塚で購入。
四谷大塚の通販は何点買おうとも送料(630円)かかるんだけどねぇ。

はなまるリトルも各単元ごとに基本・練習・発展と3レベルあるけど
こちらはページのまま順番にやっていくことに。

そして難解なものはほとんど出てこないと思うので
(だいたい1単元に基本1ページ・練習4ページ・発展1ページ)
ここからは気を締め直して「目指せノーミス」ということにした。

内容的にかけ算・わり算が中心だし、基本問題は特に計算問題なので
つまりは「計算ミス」をしないようにしよう!ということ。

が、早速やらかした(苦笑)
1問だけじゃなく、3問も。

勘違い、書き間違い、計算間違い。

これ、結構やばいんだと思う。
だから今からコツコツ直す方向でいかないと。

難しいことにトライするのも良いんだけど、そればっかりになると
こういう基本の計算がおろそかになってしまいがちだからなぁ。
今までもせっかく一生懸命考えて、考え方は合ってるのに計算で答え間違いとか。
ホント、もったいない。

だけど間違いは間違いなので、計算だけはきっちりやっていくことにしよう。