FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
算数ドリル
2010年12月13日 (月)
我が家の算数ドリル3本柱。

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年

どれも良い点があるので、2年生に引き続き3年生でも使用。

使いやすいのはやっぱりハイレベかなぁ。
ムスメもこれが1番やりやすそうかも。

難易度は並び順通り、右へいくほど手応えがある。

今はトップクラス問題集のハイクラス問題(B)と、
ハイレベ問題集のハイレベ問題をやっている(←少し残ってるのがある)

ハイレベ問題集のハイレベ問題は(ややこしいな・苦笑)
1ページ半で、残り半ページは最レベ問題。
「最レベ問題にチャレンジ!」という程度なので3~5問。

トップクラス問題集のハイクラス問題(B)でも手こずることが増えてきたのに
なぜかハイレベ問題集の「最レベ問題にチャレンジ!」は
すらすら~っとできることが多いから不思議。

わかりやすいんだろうか。
ハイレベ問題からの流れでそのまま続けてやるからやりやすいのかな。

そう思うと、難易度は
標準問題は単純にハイクラステスト<ハイレベ<トップクラスだけど
ハイレベルな問題以降は

ハイクラス<ハイレベ<ハイクラスA<最レベ<ハイクラスB<トップクラス

ってとこかな。
この最レベは「チャレンジ!」ってことだから、
本当の「最レベ問題集」の最レベ問題よりは簡単なのかもしれないけど。

ハイクラス(B)をやり始めてみて、難易度が・・・・と思ったけど
図を描いたり、落ち着いて順に考えれば全然大丈夫だってことが判明。

つまりはムスメは図は描かないわ、落ち着いて考えないわ、
順番すっ飛ばして最後に聞かれている点だけ見て慌ててるってこと(汗)

どうして順番に整理整頓していきたいと思わないかな~。

でも慌てる人って(勉強に限らず)、長い話の一番最後のところだけ見て
「それは大変!どうしよう!」ってなってることが多いような。
こういうのをあわてんぼうと言うんだろうけど(笑)

私はあまり慌てるタイプじゃないので
よーく最初から順番に聞いてみててごらん、って思うんだけどねぇ(苦笑)

算数の問題でもそうで、そりゃ文章の最後の最後を見たら
「えー!何聞かれてるかわかんなーい!」って思うだけなのに。

でも最近ちょっと図を描く機会に慣れてきたのか
言われなくても描いて考えるようになった。
そうするとわかりやすいってことも体得してきてるかな。

後は単位換算。

私も苦手なので気持ちはわかるし、別に丸覚えできていなくても
わかっているところから引っ張ってこれればいいと思ってるんだけど
ムスメは「わからない~」と立ちすくすのみ。

1m = 何 mm かはすぐにわからなくても
1m = 100 cm がわかって、1cm = 10mm がわかってれば
そこから直していけばいいんだし。
丸暗記より、そのうち自分でわかりやすい方法が見つかればいいかと。
(まぁ丸暗記が苦手なムスメなんで丸暗記も無理なんだけども)

私は未だに苦手なので、まず紙に ↑ なことを書いて考える時もあるので(汗)
わからなければ書いて考えればいいとムスメにも言ってあるんだけど
何も書かずに「う~ん」と唸ってる(アホ)

できないならできない人なりの考え方があるんだし(私みたいな・笑)
できないならできないなりに工夫したり手を動かさないと。

いや、できない人こそ工夫したり手を動かしたりしないと。

まだまだ単位のあたりは、言われて→書いて→考えて→わかった! だから
言われる前に書いて欲しいもんだ。
やればできるのにねぇ・・・まったく。
スポンサーサイト