FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
国語のその後
2010年11月15日 (月)
その後を語るにはまだ早いとは思いつつ、

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

が終わってからの「はなまるリトル」は
相変わらず前よりも明らかにスムーズにできている様子。
答えが合ってる云々だけじゃなく、本人の答えに迷いがない。

時間がかからなくなったというのも嬉しい効果だし
本人の国語に対するモチベーションも復活してくれたと思う。

いや~、よかったよかった、ひとまずよかった。


・・・が、「はなまるリトル」の3回に1回出てくる漢字・言葉のページ。



できませんけど(汗)



あれ~~???おっかしいな~(汗)

ムスメは漢字は苦手ではなく、1年生の時から覚えも良かったし
1度覚えたものは忘れることもないし、最初から心配したことがなかった。

3年生になって画数の多い漢字になってきても
系統分けで考えることが好きなタイプなので
「あの左側とこの右側がくっつく」とか、アレの部首違いだ~とか
広がりを持ちながら覚えているので、ほとんど心配してなかった。

いや、漢字自体はちゃんと覚えてるし、書き間違いや覚え間違いもない。
1度覚えたら忘れないというのも相変わらずだし、学校のテストはできてる。

が・・・はなまるリトルのような問題集ではできない。
先日の四谷大塚の小学生テストの問題でもあったんだけど
同じ読み方のものがカタカタで書いてあると、字が思い浮かばないらしい。

うーーーーん。

文字そのものは覚えてて書けるけど、熟語にされたらわからないってか。
本を読まないのも大きな要因だろうな。

学校のテストでは見慣れている文章での出題だったり(漢字ドリルの例文とか)
出される範囲が異様に少ない(4つの漢字とか)から
熟語で出されててもできるみたいで、ほとんど満点で持って帰ってくる。

だけど範囲がなかったり、同音異義語で出されるとわかりましぇ~んって
いうのは本当にわかってることにならないのでねぇ(困)

読解力や英語、算数に目を向けすぎて、またもや見落としていた漢字。

確か昨年も2月頃から総まとめとして



これの2年生版をやったんだったっけ。
そうだなぁ、1月に英検もあるし2月くらいからにしようかなぁ(コラ)

でもこのドリルもページごとにこの漢字、と範囲が決まってるので
そこそこできちゃうんだよなぁ。もっと無作為に出してくれていいのに。

そう思うと漢字検定用のドリルか過去問が一番いいってことだろか。

こういうのは学校の宿題やテストだけでは気づけない部分。
それに家でやってきたハイクラステスト読解力、成長する思考力では
こういうのは出てこないので気づいてなかった。

 

気づかせてくれてありがとう、はなまるリトル。
(もちろん上の2つは文章問題に特化していて良いドリルなんだけどね)

はなまるリトルが終わったら論理エンジン→トップクラスと進む予定で
トップクラスはまた最初の方に漢字・熟語系が出るので確認しよう。

あとは1月中旬の英検が済んだら
漢字検定8級(3年生相当)をやってみることにしようかな。
スポンサーサイト