FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ウェブレッスン体験記・番外編その3(ハハ)
2010年11月12日 (金)
その2・・で終わるつもりが、やっぱり長くなった(苦笑)

◆e4e(イーフォーイー)

単価的には@500円を切るので候補に入れてみた。

1回目の先生は映像があまり良くなかったのだけど、とてもアクティブで
趣味の話で大いに盛り上がって25分間終了。

もちろん最後の方には「どうして英語を学びたいのですか?」という問いもあって
「子供に教えたいから」と答えると、熱心にあれこれ教えてくれた。
子供がいるそうで、自分も子供には英語で話していると言っていたので
「ぜひ子供が英語を話す機会を家でも作って」とのこと。

私はそんなに喋れないくせに果敢にあれこれ喋ろうとするからか
初回はどこもトライアルっぽくなくて世間話で終わる(苦笑)

2回目はpdfファイルを見ながら。
会話のシチュエーションなので、お互いに役になって読み合った。
わからない単語もない簡単なやり取りだったのでちょうどよかった。

名前の話だったので、それからお互いの名前の話になったり
また教材から話がよそ道へそれて終了。

2回目の先生はとても聞き上手で、こちらの意図を組んで直してくれたり
確認もよくしてくれた。子供に教えるのも好きらしく、確かに子供にもよさそう。

実は2回目の前に、PCに英語のタイトルのメールが届いた。
しかも差出人は外国人で添付メール付き。
今はこういうご時勢なので、添付メールにも気を使うし英語のスパムメールは
やたらと多い毎日だから一瞬考えてしまった。
(スパム対策はしてあるけどすり抜けてくることも結構あるので)

名前も見覚えないし・・と思いつつ、開いてみるとこの会社から。
次で使うファイルだそう。
先生ではなくマネージャー(?)らしいので知らない名前だった。
というより、名前かタイトルの横にスクール名を付けてくれたらいいのに。

スカイプでサポートにその旨を一応お伝えしたら
(URLはスカイプ経由でがいいこと、突然の英語メール、なおかつ知らない
相手からの添付ファイルはちょっと困る・・という旨)

回答は(要点箇条書き)

「PC初心者もいるので、メールで添付が分かりやすい方法だと思っている。
 英語のメールも本日、レッスンを受けられることはわかっているわけだから
 怪しいメールではないと皆さんわかってもらっている。
 お客様がどのようなレベルの方かはわからないので、それこそ、
 URLでダウンロードの方法の方が、怪しいと思われがちだ。
 当方では、英語のメールも英語を習う、ワクワク感を感じてもらうことも考えて
 Welcomeメールなども送っているのでご理解ください。」

とのこと。
初心者こそこういうメールにビックリしたりしないんだろうか。
てか、目の前の先生からスカイプでURL出されるのが一番安心だしラクなんだけど。

英語を習うワクワク感とセキュリティ意識は別物なんだけどなぁ。
要望にも何だかこちらが悪いかのような書き方をされてちょっと残念。
再度コメント入れたけど、それに対してはスルーされてそのまんま。

先生達は感じが良かっただけにちょっと残念。

◆English Power

ここは予約画面が若干見づらいのと、予約が結構埋まっているので取りにくそう。
初回はベテランぽい先生にしてみた。(ベテランなのになぜかポツポツ空いてた)

最初に自己紹介をと言われ、ここまではいつもと同じ感じだけど
その後に先生の自己紹介が始まり、結構長いこと語っててこちらは聞くのみ。
でもすごく聞きやすくて、きっときれいな発音なんだろうなと思った。

途中からは自スクールのHPを開いて、コースや教材などの説明。
後半はほとんどこの話だったんじゃないだろうか(苦笑)
使うオンライン教材とか、そういうものの紹介。

こういう話の中からちゃんとトライアルをされていたようで
後ほど事務局から「トライアルについて講師からのコメント」という
メールが届いた。(日本語で)

<良い点>
講師の言うことを注意深く聞いて、英語に対する熱心な姿勢は非常によかった。
自信をもって英語を話す事ができていました。

<今後もっと勉強するとよい点>
基本文章の構成を学んで、ボキャボラリーを増やすと良いと思います。
新しく学んだボキャボラリーを使って文章を作り、その文章を暗記して
それを会話の中で正確に使う練習すると良いと思います。

・・・はい、おっしゃる通りです。
もうね、何というか、自分のボキャブラリのなさに唖然としてしまう(汗)
それでも必死に手持ちのカード(言葉)を駆使しようと頭の中で探すので
忘れてる単語も思い出したり、非常に脳の活性化になったと思う(笑)

先生が「こういうこと?」と言い直してくれて
それを見て「おー、そういうこと!こういう風に言いたかった~」と
いうのが続出なので、とにかく単語力・語彙力だなと痛感。

それでも何もやってない1年前より、ムスメと一緒に英語をやり始めた今の方が
きっとまだマシだと思う。これからもムスメと共に言葉を増やしていこう。

そして2回目。
子供向けな先生を選んでみたら、19歳という非常に若い学生さんだった。
私の半分以下じゃん・・としばし年齢や子供の数の話。
フィリピンは子供の数は多いらしい。

でもお若いのにしっかりとした先生で、教材を見ながら会話文を読みあって
その意味や、内容について話をしたり、これまた楽しい時間だった。

**********************

これにて私の体験も終了。
ほぼ毎日、日によっては1日2レッスン。
こんなに英語を喋ったのはおそらく人生で初めてだと思う。

何とかなるっていうことと、自分がビミョーに惜しいっていうことと(苦笑)
もうちょっと勉強したらもうちょっとマシになるかも?っていうことと
英語を毎日喋ると、こんな自分でも言葉が出やすくなるんだっていうこと

そんなようなことがわかった。
だからムスメにもできるだけ機会を作ってあげたいと改めて思った。

私は残念ながら定期的にレッスンが受けられるかどうかは不明。
もちろん、今回ですごーーーくやりたい気持ちになったんだけど
いかせん無職・無収入の身。
現在、他の習い事をさせてもらっているので(安いとこ見つけてだけど)
これ以上、自分にお金を使うのは申し訳ない。

なので一旦はムスメのみでスタート。
ムスメの3級の勉強が済んだら、もうちょっとはボキャブラリや言い回しも
新しく覚えて増えると思うから、それからまた機会があれば習いたいなぁ。

ムスメのレッスン探しにかこつけて、ものすごく良い経験させてもらった。
新しい世界だ。
スポンサーサイト



ウェブレッスン体験記・番外編その2(ハハ)
2010年11月12日 (金)
ハハの体験記その2

◆SKY TALK(7回)

無料体験は7日間連続というので、素直に7回受けてみた。
ここは15時~なのでムスメが宿題をやってる横で受けることが多かったけど
私のやってる姿が見せれたのはよかったのかもしれないな。

だって「えーと、違うんだっけ」とか「何て言うんだっけ~」なんて日本語使うし
中には先生とゲラゲラ笑って大ウケして話してたり、
「何か喋ったら何とかなるもんだ」とわかってもらえたかなと(笑)

もちろん私も、ムスメの苦手な repeat after me はやらされてたし
何度言っても直されたりして「えー、チョー難しー」と日本語で苦悶してたり
そういうところも見せれたのはよかったか・・・な(苦笑)

ここは最初に希望してレベルチェックを受けたけど、これまた難しかったー。
しかも超早口でイマドキな感じの先生で、言ってることを理解するのに必死。

テストは

・チャットに書かれた単語(5つ)を読む
・チャットに書かれた単語(5つ)を使って文章を作る
・チャットに書かれた単語(5つ)を説明する
・先生が物語を読んで、その後に覚えていることを言う
・絵を見て、文章を5つチャットに打ち込む

というもの。

最初の単語を読むのと、文章を作るのは何とかなったけど
3つめの「その単語を説明する」ってのは・・と思っていたら
いきなり出たのが


air



は?
空気とは?

そんなの日本語でも難しいってば!

チェックだからあんまり考える時間ももらえないので
唸った挙句に「みんなに必要なもの」と答えた(爆)
OKとか言ってたけど、いいのか?これで。

4つめの先生の読む物語も「ナチュラルスピードで読むけど頑張って」と言われて
本当にめっちゃ速かった~~(汗)
でも何とか言ってることは途中まではわかってた気がするので
覚えてることを必死こいて文章らしくして言っても「more」と言われ
骨の髄まで吸い取られた感じ(違うか)

最後の絵を見て・・の絵はこれまた非常にシンプルすぎる~~。
なんでよりによってこんな絵なんだ~。
後姿だし、自然の中にいるだけだから5つも説明しようがないよー。

小出しにしようかと思ってたら「1つの文に5単語以上使ってね」と言われ
ちぇっ・・・最初にネタを使ってしまったので後半困ってしまって
最後は「彼らはリラックスしている(多分)」と書いた。←アホ

the が抜けてるところは直されたけど、これは直されなかったんでOKなのかな(笑)

このテストでUpper Intermediate(高・中級者)というレベルと言われた。
喋れてないくせに言うのも何だけど、
こういう場所なら中学英語だけで何とか押し切れるもんなのかも。
ぶっちゃけ、高校では勉強をした記憶がないし(コラコラ)私は高校受験止まりなので。
そう思ったら、結構侮れないぞ、中学英語。

スカイトークは7日間体験なので、先生も連日変えてみた。
2日目の先生が一番良かったなぁ・・・優しかったし。

先生はわざと毎回変えてみたんだけど、やっぱりアタリハズレはあった。
だけど毎日なので、ちょっとくらいハズレでも「チェッ」と思うくらいで済んだ。

2回目以降はフリートークかレッスンか選ばせてくれて
私は基本、レッスンを選ぶつもりで臨んでいるんだけど、選ぶかどうかの話に
なる前に自己紹介話で盛り上がってそのまま終わっちゃった先生もいた(笑)

レッスンを頼むとその場でWebページのURLを送ってくれて
それを読んで、内容について話をする・・・というものみたいなんだけど
先生によって選ぶ題材が様々。

2回目の先生は予定していた題材に合わせて、自己紹介の流れから上手いこと
話を繋ぎながらいってくれて、文章を直してくれたり親切だし上手だった。

後の先生は題材が難しかったり、ある時は全部音読はしてみたものの
意味がさーっぱりわからず、先生が投げかけた質問の中の単語の意味を聞いて
それを説明する中の単語がまたわからなくて聞いて、それからまたその説明の・・
って、元は何を説明してたんだっけ??というコントみたいになったことも。

別画面でオンライン辞書で調べながらやればいいのかもしれないけど
せっかくなら英語で説明してもらってわかりたいなと思って。
この辺も上手な例えを出してくれる先生と、ますます難しくなる先生といろいろ。
あまりにわからなくなった時はさすがにオンライン辞書をコッソリ使った(苦笑)

スカイトークは@250円だし先生もたくさんいるし
毎日に近い頻度でやるんならこういう感じでたくさん当たってみろって
いうのでもいいのかもしれないな。

ただ先生達は各自の自宅でやってるみたいで画質も音もほとんど良くない。
(うちも無線LANなので人のこと言えないんだけども)

音が途切れるのは私だったらまだいいけど、ムスメにはお勧めできないかな・・と
思うのと、7日間連続で体験ができる日を考えて後回しにしていたら
気に入ったところが見つかったので私だけの体験で終了。

でも回数をこなしたいとか、こちらのニーズとマッチしそうだったら
また戻ってきてもいいなと思うところ。

ハハ向けにはS&Aと並ぶ有力候補。(値段も大差ないし・苦笑)
固定の先生でやるのと、日々いろんな先生でやるということの違いかな。
そう思うと、7日間連続無料体験で毎日英語を話す楽しさを知れたので
スカイトークの営業(?)の上手さにハマったかも。
毎日やってたら予約を取るのにも慣れたし(笑)
ウェブレッスン体験記・番外編その1(ハハ)
2010年11月12日 (金)
私もムスメと一緒に各スクールの体験を受けた。
いや、一緒にというより、ムスメより先に受けて良さげな先生を物色チェック。
私の場合は昼間も家にいるので、昼に私が受けて夜にムスメってパターンも。

数えてみたら6スクール・17回(爆)
自分のレッスンも探しているとはいえ、大義名分のもとにどんだけ受けてるんだか。

受けた順に
◆イングリッシュ・ベル
◆S&A Language School
◆QQイングリッシュ
◆SKY TALK
◆e4e
◆English Power

せっかくなので記録は残しておきたいんだけど
さすがに私のスクールごとの体験記は要らないんで全部まとめて。

書いてみたら長くなったので前編・後編に(笑)


◆イングリッシュ・ベル(2回)

今思えば、画像も音も一番良かったかもしれない。
スカイプ自体も初体験でドキドキの初回だったけど(その時の日記
ものすごく良い先生だった。ここで嫌な思いしてたら後はどうなってたか。

2回目はDEM Teensのカリキュラムを体験して撃沈。
先生もちょっとドライな先生で余計に凹んだ。

ここはHPも予約画面も見やすいし、先生の音声も聞ける。
先生達はきちんと研修されているな~という印象。
オフィスでやってるからか映像もクリアでハイクオリティなスクールという印象。

ただね、やっぱりお高い(汗)
うーん・・・週に3回やれば消費できるチケットだと@490円ってとこだから
目玉が飛び出るほどお高いわけではないんだけども。

◆S&A Language School

お安いということで2つめに体験。
だけど思ってた以上に(と言うほど体験してないから知らないけど)良くて
先生も最初のフリートークでウマが合う感じがして楽しく話せたし
話せてない部分が大半なんだけど、上手にフォローしてもらえて
それで正しい文章も入力して教えてもらえて楽しかった。

ムスメの先生選びの旅でもあるので
2回目は違う先生を選ぶようにしているんだけど、ここは引き続き同じ先生(笑)
自分の先生も探していたのでもう一度受けてみたかったから(オイ)

2回目は教材を使ってレッスン。
いくつか文章が書いてあって、その意味を言ってみて・・と。

並んでる単語自体は難しくないんだけど、言ってる意味が???ばかり。
わからないので説明してもらうと「えー、そういうこと?」ってものばかり。

あまりに聞いたことない言い回しばかりなので(私にとっては)
「よく使うんですか?」とか「なんでここで up が付くんですか?」とか
反対に先生にも聞いたりして(笑)

聞いてみると、そっちが普段よく使う言い回しで
自分が知ってる言い回しはよそいきの言葉なんだなぁ・・と実感。
6つくらいのうち意味が当たったのは2つしかなかった(汗)
表現を学ぶっていうのはこういう話の中でやっていけて楽しいなぁと知った。

そういうやり取りの中でも、私の言葉の並べ方が変だったりすると
正しくきれいに直して教えてくれて、レッスンっぽいレッスン初体験で楽しかった。

◆QQイングリッシュ(2回)

ここは日本人スタッフがレッスン前と後にスカイプで連絡をくれるという手厚さ。

1回目の先生は選べないのだけど、ものすごーく良い先生に当たった。
すごくチャーミングで、でも丁寧と言うか育ちの良さがわかるような(笑)

今まで他のところでは、初回はトライアルと言ってもフリートークの中で
質問されて話しながらという感じだったけど(先生はチェックしてるんだろうけど)
ここでは初めて送られてきたウェブページを見ながらチェックというのを受けた。

と言っても写真を見ながら何をしているかとか、ここはどこだ(有名地)とか。
だけど有名な建物でも英語で何て言うか知らなくて、教えてもらいながら答えた。

でも教えてもらった単語も、チャットボックスで文章になっているのにも関わらず
読みがどーしても出てこなくて何度も何度もトライ(汗)
つい自分の年齢を出して言い訳をしてしまう(オイ)
日本人は若く見えるのか、先生のお世辞なのか「見えない~」なんてしばし盛り上がる。

鯉のぼりと雪をかぶった富士山の写真を見て季節を答える時に「5月」と答えたら
先生が不思議そうだったので(冬と答えると思ったから?)
鯉のぼりのことを説明してみたら何とかスントカ通じて先生にお礼を言われた。

この時に初めて、ややこしいことでも頑張って何か言ってみたら
わかってもらえるんだ~と嬉しく思った。
(鯉のぼりの説明は、やり始めてからちょっと後悔したので・・苦笑)

写真の下の数行の文章を音読して、直さずに聞いてくれていたけど
ちゃんとアヤシイ単語はチャットボックスにタイプしておいてくれて
後で1つずつ確認。読めてると思ってたものもあったので勉強になった。

2回目はムスメの初回の先生が楽しそうだったので、私も受けてみたんだけど
とっても残念なことに映像も音声もかなり悪かった。
ここは確かオフィスに来てやっているはずなんだけどなぁ。
最初の日本人スタッフ曰く、無線LANだと厳しい時もあるとは言われてるんだけど
同じ条件でも他のスクールでは問題なかったりするからなぁ。

この先生もユニークで楽しくて、チャットボックスも適度につかってくれて
前の先生同様、コンプリートセンテンスに気を付けてるような気がした。
ここも研修はきちんとされているなという印象。
ホント、映像さえよかったら結構な有力候補になってただろうなぁ。

hanaso体験(1回)
2010年11月12日 (金)
ここもスカイプで日本人の人とのカウンセリングがあって
相談してから無料体験をしてみた。

ここのカウンセリングのおっちゃん男の人は中学受験塾の先生だったらしく
英語だけじゃなくて受験や学校の勉強やらいろんな話になった(笑)
こうやっていろんなジャンルの人と話をするというのは自分にとっても楽しい。

小学生を長いこと見てきたという先生だからか
感覚と論理的な思考が混ざり始めた年齢のこともわかってくれて
今のところに肉付けしていけるといいですね、ということだった。
ちなみに中学受験塾の先生の経験から、英語だけでなく国語も上げる方がよく、
比べること、違いに気づくことは言語に限らず伸びるポイントですよ、とのこと。
いろいろ有意義な話が聞けてよかった。

で、早速予約して1回目。

内容としては初回なので自己紹介とレベルテストみたいなこと。
だけど送られてきたpdfファイルを開くと・・・日本語満載の説明書き(苦笑)

「どこに住んでいますか?」なんていう質問の解答例も用意されていて
それに当てはめて答えればいいようになっている。
初心者の大人には安心だろうけど、子供はそのままやって欲しかった。

その先生はところどころ日本語を使ったり、最初の会話でわからない単語を
「What’s △△?」と聞いたときにチャットに日本語の辞書からコピペした(驚)
大人の初心者(うちの両親みたいな)には良いのかもしれないけどね。

初回なのでまぁいいか、次回は取らない先生だ。
というより、本当は違う先生で予約していたのが突然の停電?で代講だったんだ。
先生でもいろいろな場所からやってるってことなんだろうか、はて。

2回目はside by side で、という話をカウンセリングでしていたんだけど
テキスト(実物)を使わずに画面上でやりたいという希望を伝えて後はお任せ予定。

*********************

ということで2回目の日。

またも直前になってPCトラブルとかで代講の案内がきた。
ムスメはさほどこだわりもないし、まだ初対面もしてない先生なので
代わっても構わないんだけど、今回は代替が男性講師という。

うーん、どうかな・・とムスメに聞いてみたらやっぱりNG。
英語教室では男の先生に受けたこともあるし、学校の先生だって男性だから
女の人じゃなきゃダメってこともないはずなんだけど
このスカイプ英会話に関しては女の先生がいいらしい。

なのでお断りを入れた。
それから2回目の体験も遠慮させてもらうとも連絡した。

もちろん代替なんてどこでも可能性はあると思うし、仕方ないことだから
それが絶対イヤ!っていうわけじゃないんだけど、最初の2回でこうなら
ちょっと先が思いやられるというか。

ここで候補に残るかどうかは、特筆すべき点があるかどうかなんだろうけど
残念ながらそこまでなかったので、2回目は受けずに終了。

ここの条件的には週2コースか毎日コースなので、
もし利用するなら週2で他と併用だなと考えてた。

あと、ちょっと残念なのは18時以降っていうことくらい。
可もなく不可もなく、お値段もまぁ相応なので候補3番目くらい。
合う先生が見つかれば花まる急上昇するってところだった。

後ほど、カウンセリングを受けたおっちゃん男の人からメールを頂き
きっと向こうも大変なんだろうなぁと思って、その人のせいじゃないので
かえって申し訳なかった。