FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
学校説明会
2010年11月10日 (水)
先月、ムスメの志望校の学校説明会に家族で出かけてきた。

資料をもらい、説明を聞く。
学校の概要や学校生活・部活動などの紹介、海外研修のこと
それから大学への進学状況と前回の入試と今度の入試について。

大まかな点は昨年聞いて知っていたけれど
やはり海外研修や英語教育についてはとても魅力的。
ムスメは部活動を何にしようか考えていた様子(早いでしょ・・笑)

こういう時ってやっぱり皆さん、進学実績が知りたいんだろうか。
進学先については、昨年よりも詳しい資料にまとめられていた。
うちはカトリックの中高一貫教育に賛同しているので
一覧表にされていなくても、そこまで気にしないのだけど。

その他、昨年よりも資料が細かくなっていた印象。
入学試験の倍率や試験の平均点なども教えてくれている。

難易度が若干上がったのでは?という噂もあるようだけど
なんとなく学校側も意識しているのかなという印象は受けた。

もちろんガンガン勉強する進学校にするつもりはなさそうだけど
難問も多少混ぜてきているようなことは説明の中にあった。
6年生の親御さんも多いので、時期的に今度の入試についての話もあった。
過去問もまたもらえたし。

帰ってきてから過去問をよく見てみたんだけど
算数にいわゆる特殊算と呼ばれるものは一切ないように見えた。
植木算、旅人算、つるかめ算・・・あとよくわかんないけど。

もしかしたら特殊算的な問題なのかもしれないけど(←素人ゆえわからない)
いや、でも普通に式を立てて解けば解ける、普通の文章問題に見える。

計算問題も普通。図形もちょっと考えればわかりそう。
文章問題も上に書いたように、きちんと順序だてて考えればできそう。

ムスメは面積や体積の求め方を習っていないのでまだ無理だけど
学校でちゃんと習えばできるよね、っていう感じの問題に見えた。


ということは・・・・四谷大塚の予習シリーズの必要もない??のか?


予習シリーズ、4年生以降のものは見てないから中身はわからないけれど
当然いわゆる「受験算数」の内容なはず。
たくさんの時間を割いて日々取り組んでいる人の話もネットでよく見る。

しかし、そこまでの問題が出ない(であろう)我が家の場合
果たして予習シリーズでの勉強って必要なんだろうか。はて。

泣きが入るほど寝るのが遅くなるほど一生懸命やって
親子でバトルしながらやって・・・・って必要あるんだろうか。

根本から考え直さなきゃいけないんじゃ?

うーむむ。

だけど高学年での問題集って減ってきちゃう。
トップクラスは4年生まであるけど、
ハイレベ・最レベ・はなまるリトルは3年生で終了だもん。

特殊算のところは除外としても、志望校の入試問題は
ハイレベル問題あたりでちょうど合うんじゃないかと思ったりもする。
(実際まだ習っていない部分なので自分の推測)

または、ハイクラステストのハイクラス問題あたりでも充分いいんじゃ?
と思うほどの問題なような・・・つまり、さほど難しくなさそう。

だから基礎的な部分をしっかりと、間違えちゃいけない部分は
きっちり押さえられるような、そんな感じでいいんじゃないだろうか。

とはいえ、やっぱり未知の部分でわからない。
これを学校に聞くわけにいかないしねぇ(汗)

難解なものもやれる力があれば別にいいんだけど、
無理してまで闇雲に難解なものを勉強しておく必要はあるのか?と考えると
今後はどうしたらいいものか。

どちらにしても日々しっかりと取りこぼしのないようにやっていこう。

理科・社会の過去問も、見てもまだいまいち難易度はわからないんだけども
選択肢問題も結構あって、やや親切な印象。
だからやっぱりこちらも難解じゃないんじゃないかと思う。
それに傾斜配点で国語・算数の半分の割合だし。
なので理科・社会に本腰入れるのも5年生からでよさそうかなと。

それから英語のこと。
英検の級保持者の一覧表もあったりして、学校も意識しているのがわかる。

そう思うと、入試の難易度から考えても、5年中盤あたりまでは
受験勉強よりも英語・英検のほうに力を入れていても良さそうな気がした。
あと2年あるので、そこまでは英語の走れるところまで走ってみようかと思う。

こういう説明会はどれくらいの頻度で出たらいいんだろうか?と疑問だったので
聞けそうな先生に聞いてみた。
まだ3年生だし、ということで向こうも「あ、そうですねー」って感じで(笑)

説明会での内容は年度内であればほぼ同じなので
6年生までは年に1回でいいですよ、とのこと。
あとは文化祭にも是非遊びに来てくださいね、と。

体験的な行事も6年生が対象なので
6年生になったら何度も足を運ぶことになると思うけど
それまでは年に1回、この時期に行くことにしよう。
スポンサーサイト



英検4級 合格
2010年11月10日 (水)
準会場なので月曜が結果の受け渡し日。
届いているか確認してからもらいに行ってきた。


4級合格


またまた親ばかだけど、よく頑張りました~!
本当にすごい。

また個人成績表。

2010110819240000.jpg

筆記は自己採点通りの1問ミスの34点、リスニングは4問ミスの26点
合計でなんと60点だった。大台に乗ってたかー、すごいな。

間違えたところは、筆記は(1)の語句穴埋めのみ。
リスニングはイラストありの(1)が1番簡単だと言ってたはずがそこで3問ミス、
会話のやり取りを聞く(2)が1問ミス。
最後の一番ややこしい~と言っていた(3)が満点。
やっぱり蓋を開けてみないとわからないんだなぁ。

今回の合格点は37点、全体の平均点が43点、合格者平均は47点。

裏面には分野別の得点が棒グラフで載っていて、
こちらにもグラフ上に全受験者の平均得点と合格者の平均得点がマークされてる。

        (全体の平均/合格者の平均)

筆記(1)・・・・ 60%     / 67%くらい
  (2)(4)・・・ 73%くらい / 80%
   (3)・・・・ 両方とも60%   
リスニング・・・ 67%くらい  / 73%くらい

※(2)会話文と(4)長文は「読解」という1つの括りになってる。
※~%くらいというのは、棒グラフ上にあってハッキリしないので。


リスニングは5級よりも下がってるなぁという印象。
ムスメも100%→85%に下がってるし。
その他も少しずつ5級より下がってる気がするので、
級が上がるごとにやっぱり得点率は下がってくるってことだ。

受けた準会場の塾の先生からは
この年齢でリスニングより筆記が良いのは珍しいと言われた(笑)
だけど万遍なく点数が取れているのは良いことだとお褒めの言葉を頂いた。

時間の都合で私だけが取りに行ったので、私だけ褒められて何だか申し訳ない。
次回はなるべく2人で受け取りに行くことにしよう(気が早い)

さて、ご褒美のアイスクリームは週末に3人で食べに行くことにしよう。