FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
全国統一小学生テスト(3年・秋)
2010年11月03日 (水)
いろいろと行事の多い1日だったけど、
午前中には四谷大塚の全国統一小学生テストを受けてきた。

これも昨年の11月から数えて3回目。
親も子もすっかり慣れちゃって(笑)

だって英検と違って合否もないし(コラ)

無料で受けられるってこともあるんだろうか(コラコラ)

今日は家での勉強は英語以外は免除。
つまり国語と算数は外でやってくるっていうような感じで。

終わってから聞いてみると、国語は3問くらい時間切れ
算数は5問くらいが時間切れだったらしい。
それにいくつかわからなくて飛ばしたものもあるらしい。

前回国語は最後の文章問題ほとんどが時間切れだったので
それに比べたらちょっとはできたかもしれないな。
反対に算数は前回よりもスムーズにはいかなかったみたい。

返却は指定された日に塾まで受け取りに行く予定。3週間後くらいかな。
郵送かどうか選べるところもあるみたいだけど、うちは選べないんで。

でも塾にたまに行くと身が引き締まるから受け取りも悪くない。
って、塾に行く予定はないんだけど、いろいろ話も聞けるしね。
スポンサーサイト



ハニーバーズ体験(1回目)
2010年11月03日 (水)
5回分の体験があるので早速本日1回目を。(休みなんで)

フリーカンバセイションに近い形を取りつつ、
オリジナルのテキストを使いながら
実際にどんなところが苦手なのか、得意なのかを
チェックしてやっていく・・・ということで。

が・・・何だろうなぁ、何だろう・・ねぇ。

先生の使う言葉が難しい。というよりあんまり親切な感じがしないなぁ。

最初はフリートークであれこれ聞いてくれるんだけど会話が広がらない。
てか、元々発話は苦手なコドモなわけだけど(汗)

先生は待ちの姿勢なのかもしれないけど、ますます喋れなくなるムスメ。
昨日のイングリッシュ・ベルの先生の時とはちょっと違う。

何とか思いついて答えたものに対しても、次の質問が難しい。
いや、難しいっていうか、単語を知らないだけなんだけど
昨日の体験ではこういう場合、違う言い方で聞き直してくれたり
その単語の説明をしてくれたりした。(私の時もムスメの時も)
たいてい違う言い方や違う言葉を使って言い直してくれたらわかるし
ムスメもそういう感じでフリートークできたと思う。

ムスメがどんどんしぼんでいくのがわかる。

その後はフリーのテキストを画面に出してのレッスン。

ここでも文句言っちゃいけないんだろうけど、
何でよりによって馴染みのない単語ばかりなんだろう。

chopping spices、pouring a glass、stiring stew
(後ろから見ていてなので記憶が曖昧だけど確かこんな感じ)

外国の子供にしたら身近な言葉なのかもしれないけど
中学生英語で始めているムスメは全くわからず。
耳で聞いてもわかるかといえばそうでもない(私も同じく)

それでこういうのを覚えさせて、次に絵だけ見せて言わせるんだけど
ムスメはすっかり沈んじゃって全く出てこない。
先生は何度も戻って覚えさせようとするんだけど
ムスメはますますしぼむばかり。

もしかしたら途中でギブアップするんじゃないかと思ったほど。
もっと小さい頃だったら泣きべそかいていそうだ。

私もこういうのを以前受けたことがあるんだけど
単なる記憶力の問題みたいでちょっとストレスが溜まった記憶が。

うちでは中学生の英語ドリルや英検問題をやったり
ORTを読んだりして単語や言い回しは文章の中から覚えてきてるので
ムスメにとって今日のようにその場で覚えて言わされるっていうのは
ちょっと慣れてないのを差っ引いても、どうなんだろうなぁ。

内容や方法はどうあれ、先生次第かもしれないしなぁ。

とは思うんだけど、この1回で体験は終了することにした。
日頃の時間が余っているわけではないし
正直言って、英語には自信というか英語が好きな子が
沈んでいく姿を見るのはちょっと親としても切なかったので。

ムスメは人や物に対してネガティブなことを言わない子なので
今回の感想を聞いても最初は何も言わなかった。
だけど顔を見てたらわかる。

先生に「今日のレッスンは楽しかった?」と聞かれても
ややひきつりながら「Yes」と答えてた。

その後、こういうことを感想として書いて送ったら
お返事が来たけれど、どうもこちらの過大評価すぎたらしい。
英検3級レベルに近い知識を持っていてもこんな程度だ。
だからウェブレッスンをしたいと思っているんだけども。

もちろんサポートデスクの方もレベルを先生に上手く伝えられず
申し訳ないと謝ってくれたんだけど、それだけじゃない気もする。
よくわからないけど先生の力量もあるんじゃないかな。
(言葉を言いかえたり説明することはできるはずだから)

それから、先生も難しそうだと感じて、レベルを下げるか聞いたが
本人がこのままでいいと言ったので続行したということだった。

・・・それ、子供本人に尋ねるか?

でも確か「このままでいいか?」という聞き方だったと思う。
そうやって聞かれたら子供は「yes」って言うよなぁ、普通。

ムスメはレッスン中は日本語を話しちゃいけないと思っているのか
その場で「ママ~」とよそを向くのもいけないと思っているのか
とにかく律儀な子なので一生懸命画面だけを見て考えてたみたい。

だから余計に辛そうだった。
自分でやれるって意気込みがあるので、気持ちはわかるんだけど
本当に困った時は私を呼ぶように言っておかないといけないな。

先生との相性ってよく聞くけれど、ちょっとわかってきた。
それに体験ってやっぱり大事だ。
迷い中
2010年11月03日 (水)
ウェブカメラやヘッドセットを注文してる間にあれこれスクールを調べて
物が届いて体験を受けてみたらすぐ決まるかと思いきや、結構迷う。

ってか、まだ1つしか体験してないんだけども。

ただ、あんまり闇雲に受けまくるのも好きじゃなくて
それに「どうなん?」と思うところや(サポートとかいろいろ)
値段的に高い所ところなんかも受けて、そこを子供が気に入ったとしても
後でなんやかんや言って別のを選択させるように仕向けるのも何かイヤだ。

それにムスメもさっさと決めたがっている(単に面倒くさがりかも?)

ムスメは私が提案したものには絶対の信頼を持ってくれていて
これを「親が喜ぶから従っている」と言われればそれまでなんだけども
私が何にしてもトコトン調べて候補を絞って最終的に決めるのを知ってるし
オットが「キミが選んだものなら」と信頼してくれるのを見てるからか
「ママの選んだ・考えたものなら」と信じてくれてるんだと思ってる。

だから他の習い事も家の勉強のドリルも、最終的に残った物を選択してきた。
もちろんムスメにも候補が絞れてきた最後の方では相談するんだけど
こんなわけで「これでいいと思う」と言ってくれることがほとんど。

だけど今回は正直言って迷っていて、ムスメにも相談した。

「まずどういうのがいいのかわからないし、ママにも考え付かないし
 今日受けたものはママも受けて良いメソッドだとは思うんだけど
 これが果たしてアナタ(=ムスメ)に合うかわからない。
 他のところも受けてみないとわからないし、すごく迷って考え中」

ムスメの第一声は「正直でよろしい」と・・・何で上から目線なんだろう(笑)
私が迷う姿を見たことないからかな。(迷うことはあるけど表に出さないので)

今まで私が吟味して選んで、1つ目で決めてきたので
こうやって保留ってなるのに慣れてないところもあるかも(苦笑)

多分、DME Teensを始めたら始めたで、きっとムスメはやれる気がする。
体験の時のようなレッスンであれば大丈夫だと思えるし、
きちんと決められたことをこなしていくというのはムスメに合ってるし
本人もそういうのが好きなタイプなので(ちなみに私もそういうタイプ)

だけど、もしかしたら他にも合うものがあるんじゃないか?
別にこれじゃなくてもいいんじゃないか?・・・何か迷う。

なんだろうなぁ、決める時は直感でスパッと決められるんだけど
決められない時というのは、何かしら自分の中で理由があるはずなので
それが何なのかハッキリせずに悶々としている。

ただ、こういう時は焦らず急がずに
「迷う時(こと)はやらない」という選択をすることにしている。

そうこう話してると、別の子供専用スクールから問い合わせの返事がきた。
(前のスカイプ英会話探し その3のG社)
つまりはハニーバーズなんだけども。

先日問い合わせた件の返事では

「非常に簡単なレベルからスタートする子がメインの対象なので
 そうじゃない子だと別途レッスン方法・内容を考える必要がありそう。
 フィリピンの先生と具体的に調整するのでもう少し時間をもらえないか?」

ということで、今度はその追加返事がきた。

「まず初回はフリーカンバセイションに近い形を取りつつ
 オリジナルのテキストを使いながら実際にどんなところが苦手なのか、
 得意なのかをチェックしてもらうようにする。
 そのうえで、講師側と調整しながら合わせたレッスンを行なってみたい。
 レッスン終了後にはアンケートなどの入力ができるようになっているので
 意見をもらえれば、その都度できるだけご要望を取り入れた形に調整する」

といった内容。
まずは5回の体験レッスンをやってみて下さいということなので
早速5回分の予約を入れてみた。

ムスメの要望で連日(苦笑)
どうも楽しくなってきたようで、連日でもいいらしい。
祝日が挟まってるからラクに感じるだけなんだけどねぇ。

まぁ、体験週間(月間?)ということでやってみよう。
初めての無料体験(ムスメ)
2010年11月03日 (水)
ムスメが帰宅後、ヘッドセットを見せたり私の体験話をすると
自分もやってみたい!ということで、早速夕方と夜の2回を予約。
パソコンを触りたがってたり(家では触らせてない)
ヘッドセットなんてワクワクする代物だもんなぁ。

イングリッシュ・ベルは先生が結構たくさんいるので
時間帯で先生を絞って、後はムスメが写真と音声を聞いて選んだ。
イッチョマエに「この先生は聞きやすい」とか言って(笑)
でも私もそうやって選んだんで、音声が聞けるのはありがたい。

予約の時に先生にコメントが入れられるんだけど英語のみOKなので
イングリッシュ・ベルには子供のことで心配だと問い合わせた時に
「言ってもらえれば事前に先生によく伝えておくことができる」と
返事をもらっていたので、早速サポートデスクへも連絡。

その後に一応自分でもコメントを英語で入力。
初めてで緊張していること、彼女は英語を話したがっているがシャイなこと、
DME Teensに興味があること、など。(英文が合ってるかは不明)

レッスンまでの時間、私だけがまた脇におかしな汗をかくほど緊張しちゃって
自分の2回目の体験レッスンが尾を引いていたのか、またまたドキドキ。
ムスメはいつも通り宿題を片付けてた。

時間になるとソワソワして(私が・笑)
ムスメもパソコンの前に座りたがるので(単にいじりたいだけ)
10分くらい前に座って、椅子の高さを合わせたり音量調節を教えたりした。

時間になって先生からコール。

子供のでもドキドキするんだから、自分だけで先にやっててよかった。
本当は自分が初回に受けた先生がとっても優しくて楽しかったので
ムスメにも・・と思ったけど、残念ながら昼間の先生らしくて夕方はいなかった。

自分も同じように体験を受けておくっていうのはいいなぁ。
先に受けてどんな先生か試してみて、ムスメに伝えることもできるし。
あ、私も入会を検討しているので体験するのは悪いことじゃないよね(苦笑)

ムスメの初回の先生もすごーく優しい先生だった。
ムスメのチョコンと座っている姿を見て、映った時の第一声が「かわいー♪」で
その後も「cute!cute!」の大連発。子供の生徒は珍しいのだろうか?
いやいや先生の方がよっぽどかわいいですよ(ホント)

私は最初に後ろから手を振って、近くにはいますよ~とアピールだけして
後はキッチンへ移動して画面を見つつ聞き耳を立ててた。
ムスメは1人でやりたいということだったので(笑)

ヘッドセットから音が漏れるし、画面も見れるのでだいたい内容もわかった。
ムスメはわからないと「I don’t know」と言い、後は「maybe」で通した。

maybeは先生も大ウケだった。
誰だよ、文章も話せないのにこんな言葉教えたのは~って感じなんだろか(笑)

何とかキャッチボールをしようと先生も頑張ってくれて
ムスメも何とか言葉にしようとはしつつ(そんなに出ないけど)
それを先生がちゃんと文章にして言わせてくれてた。

やたらとコンプリートセンテンスと言う。
DMEの説明にも載ってたと思うし、、きちんとした文章で話そうという考えの
スクールなんだろうなと思った。そういうメソッドもやってるわけだし。

最後に呼ばれて、もし心配事や質問があればサポートデスクや我々先生に
言ってくださいというようなことを素敵な笑顔で言ってくれて終了。

その後、その先生は次のレッスンが空き時間だったようで
チャットでまた声をかけてくれたので、またしばしチャットで会話。
(もちろん通じてるだろうけど合ってる英文なのかは不明)

「私は午後に2回目の体験レッスンでDME Teensを受けたけれど
 私には速すぎて非常に疲れた。なので娘にできるのか心配だ」と書くと
「生徒のレベルに合わせるので、ビギナーにはその人ができるように
 なるまではゆっくりと話します」と返ってきた。

「私も次の機会には先生のレッスン受けたいです」と媚を売っておいた(コラ)
いや~、でもかわいいしキュートな先生だった。

2回目の体験レッスンはDME Teensの体験。

こちらの先生もまぁ優しそう。
最初はしばしフリートークをしてお近づきになろうとしてくれていた。

ムスメは「何が好き?」とでも聞かれたようで
「I like George」と答え、先生が「?」という顔をしたらしく
「Do you know George?」と聞き直していた(笑)
そんなにジョージが好きなのか~、次は「Curious George」と言ってみよう。

そしてDME Teensのレッスン開始。

スクールのHPにレッスン風景の動画が載っていて
それをあらかじめムスメにも見せておいたので、まぁ大丈夫だった。
私が受けたことも大体話をしておいたし。

後ろから見ていると、やってることはレッスン風景、私のレッスンとも同じ。
つまりはほとんど同じプロセスでどの先生もやるってことだな。
だけど先生によって言い直しが厳しかったり、発音に厳しかったり
逆に軽くスルーさせたり、いろいろ個性が出るらしい。

この辺はスイミングスクールなんかでも、進級テストでは
見るコーチによって厳しかったり、通っちゃったりするからな。

私のレッスンは先生の喋りも結構速くて(ナチュラルスピードではないだろうけど)
聞き取るのにも神経すり減らしたし、本当に泣きが入るほど(若干大げさ)
少しつっかかったり、スムーズに言えなかっただけで何度も言わされたのに
ムスメの時は先生がまずゆっくり。(子供だから当たり前か)
それにつっかかりながら言っちゃって、このままOKするのか?と思って聞いてたら
めちゃめちゃ気を使って「もう1回だけ言えるかな?」なんて超やさしくてさ~。
Very good!なんて100万回は言ったぞ。
レッスン風景の動画もそうやって何度も褒められながらやってたなぁ。


私の時と全然違うじゃん!


・・・当たり前か。
だけどな~、私は結構凹んだんだぞー(涙)
good くらいは言われたけど、あんなにグー!とやってもらえなかったし(涙)


私もあーゆーのがいい~~


・・・子供か(汗)

まぁね、私は大人なんで仕方ないか。
子供もあんな素っ気なかったらどうしようかと思ってたけど
全くそんなことなく、褒めちぎってモチベーションを保とうとしてくれていた様子。
子供相手ってやっぱりその辺は気を付けるのかな。

そして私は呼ばれず終了。
切るところがわからないので出てって消すボタンを教えたんだけど
あらあら、1分遅れてかけてきて2分早めに終了ですか(セコ)

ムスメにDME Teensの感想と、これをやるってなったらできそうか聞いたら
「楽しかったからできる」との返事。


そりゃそうでしょうよ、あんだけ褒められたらさ



・・・大人げない(汗)

まぁ、あの感じのレッスンなら充実した感じで楽しくできそう。
私が「ママは何度も言い直しさせられてさ~、凹んだよ」と言うと
「それは自分が言えてないからだよ」と厳しいお言葉。
(ちょっと自分ができて調子に乗ってる)

「でも先生も厳しくてさぁ~」と言うと
「そういうのが自分のためになるんだよ」と返ってきた。
いつも私が似たようなこと言ってるからなぁ(爆笑)

というわけで、気になってたスクールでそれぞれ2回ずつの体験が終了。
はぁ~、スカイプってすごいなぁ。
初めての無料体験(ハハ)
2010年11月03日 (水)
昨日の朝、注文していたウェブカメラ&ヘッドセットが届いたので
映るのか映らないかもわからないまま
勢いで私が無料体験レッスンを予約して受けた(早っ)

受けたのはDMEというカリキュラムが気になっているイングリッシュ・ベル。
無料体験は2回で、初回はレベルテスト、2回目は好きなコースの体験。

15分前まで予約OKということだったので
感じのよさそうな先生を選んで(たくさんいるんで)1時間後に予約。
開始までの1時間、気もそぞろで手につかず(小心者)

1回目はレベルテスト(という名のチェックと雑談)

最初にスカイプが初だということと、緊張してるということをアピール。
それからビデオ通話ができてるか心配で「見えてますか?」と聞くと
「見えてませーん」と元気よく笑顔で返された(先生の画像は見れる)

「どこを押せばいいんだー」とガチャガチャやって
先生も何か言ってくれるんだけど、バージョンが違うのか画面も違うし
結局どっかを押して、先生がかけ直してくれてようやく先生とご対面。

ここまで数分・・・ようやく改めましてハロー。

そこからは先生の質問に答える形のフリートーク。
「何をやってますか?」と聞かれ「先生と話してる」と答えたら
「お仕事は何ですか?」という質問に変えてくれた。そういう意味か(爆)
お笑いで返したと思われたかもしれない。

主婦って何て言うんだったかな・・・えーとハウス・・ハウス・・・

ハウスキーパー

家政婦じゃん(爆)

先生に言い直されて気が付いた、ハウスワイフだ(汗)

もっと話してくださいということだったので
子供のレッスンを探していること、DME Teensは難しいんだろうか、
私も一緒にやってみたいんだけど・・・など何とか話してみた。

DME Teensは大人でも子供でもお勧めだし
文章をきちんと言えるようになるので是非やってみて、らしい(多分)

あっという間なのか長かったのかわからないけど、25分間が終了。
ビデオ通話の一件があったから実際は20分くらいなんだろうけど
終わってみたら脇に変な汗いっぱいかいてた(汗)

午後に2回目を予約。
今度は違う先生にして、DME Teens の体験を受けた。

感想は

・・・疲れた

何ていうか、HP上でレッスン風景を見ていたので何とかなったけど
とってもとっても疲れた。
こんなに簡単な文章が、しかも先生のアシストありなのに出てこないとは。
口がまわらないっていうのか、頭で考えながらだからだろうか。

そういえばDMEは頭で考えて英語にするのではなく
反射的に英語になるような訓練っていうのも書いてあった気がする。
こういうことなんだろうか、とちょっとわかった気が。

それにしても先生もちょっと外れだったのか
はたまたこういう厳しいカリキュラムだからなのか
終わった後はかなりの疲労感と無力感(涙)


できましぇーん。凹んだ~~


しかし良いメソッドだとは思った。
テキストも手元にないし、初回ってこともあるんだろうけど。
果たしてムスメにはどうなんだろう。これだけが気がかり。

ムスメも学校から帰ってきて早速2回の体験を受けた。
それはまた別日記にて。

*****************

やってみて思ったんだけど
やっぱり何を目的とするかってあると思うんだよなぁ。

今回の1回目では気分よく話させてもらえて(先生お上手だし)
おぉ、私も意外と喋れて通じるじゃん!なんて思ったし
中学生ドリルや英検の勉強で覚えたフレーズも使えたり
先生の言ってる中にもそれが出てきてわかったりした。

だから、喋って楽しいとか、通じて嬉しいっていう目的だったら
これでいいのかもしれない。旅行英会話とかそういう感じなのかな。

もちろん言葉なんて通じてナンボなんでそれでいいとも思うんだけど
この機会に(私もムスメも)基礎をちゃんと勉強しようと思ってたら
こういうフリートークで「通じればよし」はもったいない気がする。

だから外国人の知り合いといっぱい喋って慣れろというのも
もちろんアリだけど、知り合いは間違いを訂正してくれないし。
私も外国の人と日本語で会話してたとして
相手が言い方を思いつかずに困ってたら教えてあげるけど
後は文章めちゃめちゃでも意味がわかれば訂正はしないもんなぁ。

目的や何をヨシとするかって人それぞれなので
自分達には何が合うのか、何をしたいのか考えておかないと
なかなか定まらずウェブレッスン難民になりそうだ(汗)