FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
国語のその後
2010年11月15日 (月)
その後を語るにはまだ早いとは思いつつ、

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

が終わってからの「はなまるリトル」は
相変わらず前よりも明らかにスムーズにできている様子。
答えが合ってる云々だけじゃなく、本人の答えに迷いがない。

時間がかからなくなったというのも嬉しい効果だし
本人の国語に対するモチベーションも復活してくれたと思う。

いや~、よかったよかった、ひとまずよかった。


・・・が、「はなまるリトル」の3回に1回出てくる漢字・言葉のページ。



できませんけど(汗)



あれ~~???おっかしいな~(汗)

ムスメは漢字は苦手ではなく、1年生の時から覚えも良かったし
1度覚えたものは忘れることもないし、最初から心配したことがなかった。

3年生になって画数の多い漢字になってきても
系統分けで考えることが好きなタイプなので
「あの左側とこの右側がくっつく」とか、アレの部首違いだ~とか
広がりを持ちながら覚えているので、ほとんど心配してなかった。

いや、漢字自体はちゃんと覚えてるし、書き間違いや覚え間違いもない。
1度覚えたら忘れないというのも相変わらずだし、学校のテストはできてる。

が・・・はなまるリトルのような問題集ではできない。
先日の四谷大塚の小学生テストの問題でもあったんだけど
同じ読み方のものがカタカタで書いてあると、字が思い浮かばないらしい。

うーーーーん。

文字そのものは覚えてて書けるけど、熟語にされたらわからないってか。
本を読まないのも大きな要因だろうな。

学校のテストでは見慣れている文章での出題だったり(漢字ドリルの例文とか)
出される範囲が異様に少ない(4つの漢字とか)から
熟語で出されててもできるみたいで、ほとんど満点で持って帰ってくる。

だけど範囲がなかったり、同音異義語で出されるとわかりましぇ~んって
いうのは本当にわかってることにならないのでねぇ(困)

読解力や英語、算数に目を向けすぎて、またもや見落としていた漢字。

確か昨年も2月頃から総まとめとして



これの2年生版をやったんだったっけ。
そうだなぁ、1月に英検もあるし2月くらいからにしようかなぁ(コラ)

でもこのドリルもページごとにこの漢字、と範囲が決まってるので
そこそこできちゃうんだよなぁ。もっと無作為に出してくれていいのに。

そう思うと漢字検定用のドリルか過去問が一番いいってことだろか。

こういうのは学校の宿題やテストだけでは気づけない部分。
それに家でやってきたハイクラステスト読解力、成長する思考力では
こういうのは出てこないので気づいてなかった。

 

気づかせてくれてありがとう、はなまるリトル。
(もちろん上の2つは文章問題に特化していて良いドリルなんだけどね)

はなまるリトルが終わったら論理エンジン→トップクラスと進む予定で
トップクラスはまた最初の方に漢字・熟語系が出るので確認しよう。

あとは1月中旬の英検が済んだら
漢字検定8級(3年生相当)をやってみることにしようかな。
予想問題集へ
2010年11月14日 (日)
英語ドリルもコツコツと1日2ページずつやって
中3の分は本当にスムーズに4週間足らずで終わった。



途中、完了形と関係代名詞は立ち止まって説明をしたけど
後は中2のおさらいという感じだったし、
最後の総復習テスト(2回分)もスイスイとやったのはちょっと驚いた。

そして数日前から3級の問題へ。



今回も3部をコピー。途中でHPの過去問や市販の過去問集も入れるから
これ(7回分)は三巡できるように頑張ろう。

点数などはまた一巡ごとにまとめて書くつもりだけど
とりあえず、わからない単語や表現は仕方ないからねー、
ということでまず自力でやってる。

答え合わせの時に全ての英文を読んで見ていくので
1回分を「並べ替えまでの前半」と「後半の長文」の2日に分けてやることに。
答えじゃない選択肢まで全部見ていくと、特に最初のうちは時間がかかる。

実は私も知らない単語がチラホラ出てきてる(汗)
4級までは長文も過去問も全部ひっくるめて、知らないことなかったのになぁ。
中学3年あたりからトーンダウンしたっていうことなんだな(爆)

問題文・答えだけじゃなくて、答えじゃない選択肢も全部見ていくと
初対面の言い回しもかなり増えるし、単語も増える。

一巡目はこんな感じでやっていくしかないと思ってる。
単語の書き出しはしないし、その場でムスメに書いてもらうこともしない、
とにかく問題をやりながら覚えていきたい。

これが一巡済んだら、続けて二巡目にいく予定。
新出のものが多いのでもう一度すぐにやっておきたい。

二巡目が済んだら、公式HPから取ってある過去問4回分(一巡目)
その後は



6回分の過去問(一巡目)
    ↓
予想問題集(7回分)の三巡目
    ↓
HPの過去問(4回分)の二巡目
    ↓
6回分の過去問(二巡目)
    ↓
HPの過去問(4回分)の三巡目
    
    
・・・かな。
少し余裕は取ってあるけど、これで日にちは結構いっぱいな感じ。

リスニングは過去問の本を買うと全部で12回分(!)
冬休みにまた家族でやっていこう。
(オットはまだついてこれるだろうか・・・苦笑)
ウェブレッスン体験終了
2010年11月13日 (土)
いつの間にか呼び方がウェブレッスンに変わってる(笑)


昨日でムスメの体験も全て終了。7スクール・12回。
10日間くらいの中でやらなかった日もあるので1日2レッスンという日も。

最初はモゾモゾモジモジ・・・だけで過ぎていったり
途中は半べそになりかけることもあったり、わからなくて固まったり。

でもそう言えば最初から私のヘルプなしで1人で受けるって言ってたな。
パソコンだから1人でやると思っていたのか?
それに今まで見てて、日本語を発してないような気がする。
「えーと」や「あの~」さえも。ウンウン唸ってはいたけど(笑)

困ったときも「ママ~!」とならないし、振り返って私を見ることもしない。

今まで全く手伝ってないわけじゃなくて、
明らかにド忘れしてるなっていう時は隣で単語をコソッと言ったり
この単語だけわかれば聞かれてることわかるのになっていう時には
これまたコソッと意味を言ったりしたけど、そんな時でも一切こっちを見ない。
カメラから目を反らしちゃいけないと思ってるのか(爆)
(別にカメラ目線もしてないけど)

それでも数をこなしてきたからか、最後は段々と堂々としてきた。
子供の柔軟性とか順応性ってすごいもんだな。
英語が好きだからっていうのもあるのかもしれない。

ちょっと私の考えで振り回してしまった部分もあるんだけど
何とか無事にムスメに合いそうな先生を見つけることができたのでよかった。

カリキュラムに関しては、最初はものすごく考えていたんだけど
なかなか決まらなかったり、ムスメが楽しめてなかったりするのを見て
ぶっちゃけ、もう何でもよくなった。

何でもってのは言い過ぎだけど(苦笑)
ムスメが楽しく英語でやり取りできることがまず最初なのかなと
ようやく私が思えるようになって。

ムスメが持っているもの(知識)を使えるように引き出してもらえるように・・
なんてアレコレ考えてみたけど、よく考えたら、機会さえあれば
ムスメが自分から出していくようになるんじゃないかって思うようになって。

もちろんムスメがつまらなかったり、やりにくい状況は良くないので
楽しくやれそうな機会(=先生)を見つけることが大事なんだって。
体験中に私もちょっと成長できたかもしれない。

実は早く決めたいというムスメの意向もあって(私もだけど)
ここ最近の平日の夜はちょっとタイトなスケジュールになってしまった。

家の勉強へのしわ寄せは、後で調整できる範疇であるからいいんだけど
それでも今回は「特別」ということで、これからは細く長く続けていくためにも
普段の生活に無理のないようにレッスンを入れていかなくちゃな。
この辺が家で気軽にできる点だけに、気をつけなきゃいけないことかな。

ムスメは最初、「毎日でもいい~」と言ってたけど(笑)

確かに、私も毎日でもやりたいと思うもん。
10日間くらい毎日やってきて楽しかったから、気持ちわかるなぁ(同類)
ハッチリング・ジュニア体験(2回)
2010年11月13日 (土)
子供用の新しいスクールらしく、終わった後にレポートがもらえると
いうのがちょっと魅力的で、最後の方に追加した。
(前のS&Aとちょっとかぶった状態で体験)

ウェブでの(?)ゲームを使用すると他の方の体験記で見たので
「年齢的なものもあるし、歌やゲームはちょっと引くかも・・」と
前もって伝えておいたので、歌もゲームも全くなかった。

1回目の先生は結構ガッツリと話しかけてくる感じみたいで
ムスメは若干引き気味。(押しが強いのは苦手らしい)

でも顔には特に出さず、聞かれたことに答えて・・の繰り返し。
途中からカードを見せてアルファベットを読むというのが始まり
何度か繰り返した後、次はウェブページを見ながらの質疑応答。

そのページには物の絵とその名前、日本語での意味も書いてあった。
意味が書いてあるのは読む方が大事だからかな。
でも絵なんで、見ればわかると思うんだけど。

単語の読みを何度かやって、そろそろ時間だから終わるかと思ったら
これがなかなか終わらない。延々と続いて結局15分オーバー(40分間)
次の予約が入ってなかったんだろうけど、ちょっと予定外。

ご厚意でやってくれてるとは思うんだけど、夜で子供もお疲れ気味だし
見たかったテレビは始まっちゃってるし(苦笑)

ムスメがexcelの体験記に打ち込んだのは
「だいたい楽しかったけれど、カードで、
 もう自分が知っている事(とてもかんたんな事)を聞いてくるから
 半分だけ、ちょっとつまんなかった。」

先生のレッスンレポートはマイページにアップされていた。
やっぱりこういうフィードバックって魅力的だよなぁ。
特に自分じゃなくて子供が受ける場合はあるといいなと思うもん。

レポートはこんな感じ(名前のところは直した)

レベル
Upper Beginner

レッスン内容
Word Families for -ag

長所(いいところ)
Recognition - ムスメ has a good recognition skill.
She can recognize pictures very well and knows her English alphabets too.
Reading - ムスメ can ready very well.

改善点(勉強が必要なところ)
Grammar, pronunciation, vocabulary

宿題(ホームワーク)


先生からのコメント
ムスメ is a smart girl. She is shy at first but she is very cooperative
and really trying her best to answer my questions in a sentence.
ムスメ is performing well in our session. She has a good recognition skill and this will really help her in improving her English vocabulary.
ムスメ can read well. What I like with ムスメ is that she tells what she
knows and what she does not know and very open in learning what she does not know.
Thank you for today ムスメ. Nice meeting you today
and thank you for sharing information about yourself.
You are a smart girl and I really know you will learn English very well.Good job ムスメ! I will see you in our next session.


何とか辞書片手に意味がわかった(苦笑)

2回目はムスメのリクエストで別の先生に。
元気の良い感じでハキハキとしていた。
実はこの時が長く続いた体験レッスンの本当のラストで
気が付けば最初に比べると英語が出るようになっていた。

自己紹介で尋ねられることも、わからなければ聞き返したり
わからない言葉は尋ねたり、自分からもアプローチしてるんだなぁ(感心)

自己紹介が終わるかと思ったら、「My name is ~」から通しで言わされていた。
3回か4回くらいやってた気がするなぁ。

それが終わると前回のウェブページを見ながら単語練習。
あまり話は広がらないまま基本練習といった感じ。

この時は25分で終了。

ムスメの感想は
「だいたい意味は、分かるけれど、何回も同じことを聞いてくるから、
 自分の言い方がだんだん変わってきそうだった。」←自己紹介のことかな?(笑)

そして先生からのレポート。

レベル
Upper Beginner

レッスン内容
Word Families (-ag Family), Introducing yourself

長所(いいところ)
ムスメ is good in conversation and comprehension skills.
She can read and recognize the words properly.

改善点(勉強が必要なところ)
grammar, pronunciation, vocabulary

宿題(ホームワーク)


先生からのコメント
ムスメ is smart and attentive girl.
She listens carefully and knows how to follow instructions.
She participates actively in our class. She can read simple words.
She can answer my questions with complete sentences.
Her conversation and comprehension skills are very good..
She is indeed a fast learner and I'm sure that she is going to improve her English skills..
Nice to meet you ムスメ.. Welcome to Hatchlink Junior!!!


おぉ、何かいいこと書いてあるぞ(辞書使ってわかった)
今回はセンテンスで答えようとするのが増えてきてたみたいだし
慣れてきたのもあって、積極的にいけたのかもしれない。

そうか~、週に何度か続けていけば伸びるかもしれないんだな。
fast learner とか書いてあるし。
・・・って合ってるかな。ムスメの認識力より私は劣ってないだろか(汗)

**********************

こういうレポートをもらえるのは初めてなので魅力的。
子供向けだとレポートというのは多いみたいだし、ニーズがあるんだろな。
料金的には@500円弱ということで高からず安からず。画像は問題なかった。

新しい会社みたいで先生も3人。
要望も出せるから今回みたいに歌やゲームを省いてもらえるし
画像も良かったのとレポート有りということでハハ的には若干上位位置。
でもムスメ的にはイマサンくらいらしい。(イマイチ・イマニ・・古いか)
S&A Language School体験(2回)
2010年11月13日 (土)
ここは探し始めた時に見つけていたところ。
(10月30日に書いた スカイプ英会話探し その2 のA社)

私はイングリッシュ・ベルでのドキドキな初スカイプの次に体験していて
なかなか良い先生に当たったこともあって候補に挙げていたのだけど
まだ2スクール目だったし、他にどんなところがあるかわからなかったし
子供向きなところが他にあるかも・・と、ムスメには他の体験を先にしてみた。

何せ1つ目(イングリッシュ・ベル)と2つ目(ココ)がどちらも有力候補になるという、
今思えばいきなり良いところから体験したみたいで、ビギナーズラックだったかも。

なのでムスメには、もし最終的に良いところが見つからなかったらココがあるし~、
みたいな安全パイ残しで、ここは最後の方に残しておいた。

というわけでムスメは
イングリッシュ・ベルハニーバーズQQイングリッシュスラリーehanaso
と続いて6つ目の体験となった。

*********************

先生は私が2回体験でやってもらった同じ先生を予約。
とても親切だし、教え方も良いと(私には)思えていたのでムスメも楽しみにしていた。

早速・・・と思ったら、スカイプのIDを変えてなくて先生をお待たせしてしまった(汗)

ここはスカイプIDが会員IDになるらしく、既に私が会員なので
ムスメの分のスカイプIDを新規で作って登録したことを忘れてて
いつものように私のIDのままずっと待ってた私達。先生、お待たせしてすみません(汗)
(他の所はスカイプIDは同一でもOKだから私のIDでずっとやっていたので)

始まってみると、まず久しぶりに映像が良い。
そういえば最初のイングリッシュ・ベルとここが映像が良いんだった。

私が横から「覚えてますか~」と画面に入り込むと先生も覚えていてくれて
しばしご挨拶の後にムスメにバトンタッチ。

そこからはいつものように映らないように隣で聞き耳を立てていたんだけど
とても和やかで、先生も優しく接してくれてムスメもやりやすそうだった。

最初はいつものように先生の質問に答える形で自己紹介。
途中からはトライアル用(と思われる)写真の載ったファイルを見ながら
また先生の質問に答えていく形。

写真の横に文字も書いてあるので読めるから読んでいくんだけど
そこからまた少し広げて質問してくれたりしてたみたい。
チャットボックスもところどころ使っていて
これも時々ムスメの答えた文章を正しい文にして入れて見せてくれた。

正しい文章を入れても、言わせるのは確認の意味っぽい1回くらいで
何度もやらされるのに嫌気を覚えるムスメには適度でありがたい(苦笑)
私の時もサラリと1回言えればOKでよかった。
だって元々は本人が言った言葉を少し修正しただけなんだしね。

あっという間に25分が過ぎて終了。
また2日後に予約を入れてあることを私から伝えてお別れ。

実は体験があまりに多くなりそうなので、excelで記録をつけていて
先生の名前・画像の具合・ひと言コメント・○×△なんてのを付けてたら
気付いたムスメが自分で入力したいと言うので、この回から自分で入力。
(ローマ字入力を学校で覚えたばかりらしい)

「話しやすくて、自分の中でも答えがいつもより出てきやすかったし、楽しかった。」

○×△の欄は「◎」

そうかそうか。
表に出てる文章や言葉自体は今までとそんなに大差ない感じなんだけども
本人が何か返答したがってるというか、返答する努力を一生懸命してるな~と
いうのは私もそばで見ていてわかった。
だからこのコメントは私も納得。

ちなみに◎はイングリッシュ・ベルとQQイングリッシュに続いて3人目。

だけど、たいてい初回は楽しく終わるもんなんだ。
2回目になってちょっとレッスンぽい内容になると、シュルシュル~となって
良い先生でも「ちょっと・・・」なんてこともある(他の◎の先生でもそう)
なので2回目に注目したいところ。

そして問題の?注目の?2回目。

最初は「今日は学校行った?」とかそんな話から。
前回よりもまたより一層、何か話そうとしているように見えた。

まだまだ単語はなかなか出ないんだけども
それでもムスメが使ってるのを初めて聞くような単語もあった。

それらは文字で書いてあれば読めるし意味もわかるものなんだけど
口から出してみて、少しずつでも実際に使ってみていけば
それがだんだんムスメの中で何か繋がっていくのかな・・という気がした。
そう、ORTを読み始めて音と文字が繋がったみたいに。

レッスンは前回使った写真の続き。

見ながら横の文章を読んで、それについて聞かれたり答えたり。
そこからまた話を広げてくれたりもしてたみたい。
最初だし、ゆっくりゆっくりやってくれてるという印象。

私もいろいろと望むことについて、いろいろと反省したし
ここは先生にお任せでゆっくりやってもらって良いと思うようになった。
でも多分、お任せできる先生だと思うからそう思えるんだろうな。
私も2回レッスンしてもらってわかっているし。

レッスンは和やかなまま終了。

終わってから聞いてみるとムスメもこの先生でやりたいと言うので
S&Aでお世話になることに決めた。
すぐチャットにこのことを書いて先生に送った。

ムスメがexcelの体験記録に打ち込んだ感想は
「今日も、とても楽しかったし、一回目の時より、だんだん意味が分かってきて、
 英語が楽しくなったり、おもしろくなってきた!」

同じ先生でしばらく続けて、もっともっと楽しくなってくれるといいな。
ウェブレッスン体験記・番外編その3(ハハ)
2010年11月12日 (金)
その2・・で終わるつもりが、やっぱり長くなった(苦笑)

◆e4e(イーフォーイー)

単価的には@500円を切るので候補に入れてみた。

1回目の先生は映像があまり良くなかったのだけど、とてもアクティブで
趣味の話で大いに盛り上がって25分間終了。

もちろん最後の方には「どうして英語を学びたいのですか?」という問いもあって
「子供に教えたいから」と答えると、熱心にあれこれ教えてくれた。
子供がいるそうで、自分も子供には英語で話していると言っていたので
「ぜひ子供が英語を話す機会を家でも作って」とのこと。

私はそんなに喋れないくせに果敢にあれこれ喋ろうとするからか
初回はどこもトライアルっぽくなくて世間話で終わる(苦笑)

2回目はpdfファイルを見ながら。
会話のシチュエーションなので、お互いに役になって読み合った。
わからない単語もない簡単なやり取りだったのでちょうどよかった。

名前の話だったので、それからお互いの名前の話になったり
また教材から話がよそ道へそれて終了。

2回目の先生はとても聞き上手で、こちらの意図を組んで直してくれたり
確認もよくしてくれた。子供に教えるのも好きらしく、確かに子供にもよさそう。

実は2回目の前に、PCに英語のタイトルのメールが届いた。
しかも差出人は外国人で添付メール付き。
今はこういうご時勢なので、添付メールにも気を使うし英語のスパムメールは
やたらと多い毎日だから一瞬考えてしまった。
(スパム対策はしてあるけどすり抜けてくることも結構あるので)

名前も見覚えないし・・と思いつつ、開いてみるとこの会社から。
次で使うファイルだそう。
先生ではなくマネージャー(?)らしいので知らない名前だった。
というより、名前かタイトルの横にスクール名を付けてくれたらいいのに。

スカイプでサポートにその旨を一応お伝えしたら
(URLはスカイプ経由でがいいこと、突然の英語メール、なおかつ知らない
相手からの添付ファイルはちょっと困る・・という旨)

回答は(要点箇条書き)

「PC初心者もいるので、メールで添付が分かりやすい方法だと思っている。
 英語のメールも本日、レッスンを受けられることはわかっているわけだから
 怪しいメールではないと皆さんわかってもらっている。
 お客様がどのようなレベルの方かはわからないので、それこそ、
 URLでダウンロードの方法の方が、怪しいと思われがちだ。
 当方では、英語のメールも英語を習う、ワクワク感を感じてもらうことも考えて
 Welcomeメールなども送っているのでご理解ください。」

とのこと。
初心者こそこういうメールにビックリしたりしないんだろうか。
てか、目の前の先生からスカイプでURL出されるのが一番安心だしラクなんだけど。

英語を習うワクワク感とセキュリティ意識は別物なんだけどなぁ。
要望にも何だかこちらが悪いかのような書き方をされてちょっと残念。
再度コメント入れたけど、それに対してはスルーされてそのまんま。

先生達は感じが良かっただけにちょっと残念。

◆English Power

ここは予約画面が若干見づらいのと、予約が結構埋まっているので取りにくそう。
初回はベテランぽい先生にしてみた。(ベテランなのになぜかポツポツ空いてた)

最初に自己紹介をと言われ、ここまではいつもと同じ感じだけど
その後に先生の自己紹介が始まり、結構長いこと語っててこちらは聞くのみ。
でもすごく聞きやすくて、きっときれいな発音なんだろうなと思った。

途中からは自スクールのHPを開いて、コースや教材などの説明。
後半はほとんどこの話だったんじゃないだろうか(苦笑)
使うオンライン教材とか、そういうものの紹介。

こういう話の中からちゃんとトライアルをされていたようで
後ほど事務局から「トライアルについて講師からのコメント」という
メールが届いた。(日本語で)

<良い点>
講師の言うことを注意深く聞いて、英語に対する熱心な姿勢は非常によかった。
自信をもって英語を話す事ができていました。

<今後もっと勉強するとよい点>
基本文章の構成を学んで、ボキャボラリーを増やすと良いと思います。
新しく学んだボキャボラリーを使って文章を作り、その文章を暗記して
それを会話の中で正確に使う練習すると良いと思います。

・・・はい、おっしゃる通りです。
もうね、何というか、自分のボキャブラリのなさに唖然としてしまう(汗)
それでも必死に手持ちのカード(言葉)を駆使しようと頭の中で探すので
忘れてる単語も思い出したり、非常に脳の活性化になったと思う(笑)

先生が「こういうこと?」と言い直してくれて
それを見て「おー、そういうこと!こういう風に言いたかった~」と
いうのが続出なので、とにかく単語力・語彙力だなと痛感。

それでも何もやってない1年前より、ムスメと一緒に英語をやり始めた今の方が
きっとまだマシだと思う。これからもムスメと共に言葉を増やしていこう。

そして2回目。
子供向けな先生を選んでみたら、19歳という非常に若い学生さんだった。
私の半分以下じゃん・・としばし年齢や子供の数の話。
フィリピンは子供の数は多いらしい。

でもお若いのにしっかりとした先生で、教材を見ながら会話文を読みあって
その意味や、内容について話をしたり、これまた楽しい時間だった。

**********************

これにて私の体験も終了。
ほぼ毎日、日によっては1日2レッスン。
こんなに英語を喋ったのはおそらく人生で初めてだと思う。

何とかなるっていうことと、自分がビミョーに惜しいっていうことと(苦笑)
もうちょっと勉強したらもうちょっとマシになるかも?っていうことと
英語を毎日喋ると、こんな自分でも言葉が出やすくなるんだっていうこと

そんなようなことがわかった。
だからムスメにもできるだけ機会を作ってあげたいと改めて思った。

私は残念ながら定期的にレッスンが受けられるかどうかは不明。
もちろん、今回ですごーーーくやりたい気持ちになったんだけど
いかせん無職・無収入の身。
現在、他の習い事をさせてもらっているので(安いとこ見つけてだけど)
これ以上、自分にお金を使うのは申し訳ない。

なので一旦はムスメのみでスタート。
ムスメの3級の勉強が済んだら、もうちょっとはボキャブラリや言い回しも
新しく覚えて増えると思うから、それからまた機会があれば習いたいなぁ。

ムスメのレッスン探しにかこつけて、ものすごく良い経験させてもらった。
新しい世界だ。
ウェブレッスン体験記・番外編その2(ハハ)
2010年11月12日 (金)
ハハの体験記その2

◆SKY TALK(7回)

無料体験は7日間連続というので、素直に7回受けてみた。
ここは15時~なのでムスメが宿題をやってる横で受けることが多かったけど
私のやってる姿が見せれたのはよかったのかもしれないな。

だって「えーと、違うんだっけ」とか「何て言うんだっけ~」なんて日本語使うし
中には先生とゲラゲラ笑って大ウケして話してたり、
「何か喋ったら何とかなるもんだ」とわかってもらえたかなと(笑)

もちろん私も、ムスメの苦手な repeat after me はやらされてたし
何度言っても直されたりして「えー、チョー難しー」と日本語で苦悶してたり
そういうところも見せれたのはよかったか・・・な(苦笑)

ここは最初に希望してレベルチェックを受けたけど、これまた難しかったー。
しかも超早口でイマドキな感じの先生で、言ってることを理解するのに必死。

テストは

・チャットに書かれた単語(5つ)を読む
・チャットに書かれた単語(5つ)を使って文章を作る
・チャットに書かれた単語(5つ)を説明する
・先生が物語を読んで、その後に覚えていることを言う
・絵を見て、文章を5つチャットに打ち込む

というもの。

最初の単語を読むのと、文章を作るのは何とかなったけど
3つめの「その単語を説明する」ってのは・・と思っていたら
いきなり出たのが


air



は?
空気とは?

そんなの日本語でも難しいってば!

チェックだからあんまり考える時間ももらえないので
唸った挙句に「みんなに必要なもの」と答えた(爆)
OKとか言ってたけど、いいのか?これで。

4つめの先生の読む物語も「ナチュラルスピードで読むけど頑張って」と言われて
本当にめっちゃ速かった~~(汗)
でも何とか言ってることは途中まではわかってた気がするので
覚えてることを必死こいて文章らしくして言っても「more」と言われ
骨の髄まで吸い取られた感じ(違うか)

最後の絵を見て・・の絵はこれまた非常にシンプルすぎる~~。
なんでよりによってこんな絵なんだ~。
後姿だし、自然の中にいるだけだから5つも説明しようがないよー。

小出しにしようかと思ってたら「1つの文に5単語以上使ってね」と言われ
ちぇっ・・・最初にネタを使ってしまったので後半困ってしまって
最後は「彼らはリラックスしている(多分)」と書いた。←アホ

the が抜けてるところは直されたけど、これは直されなかったんでOKなのかな(笑)

このテストでUpper Intermediate(高・中級者)というレベルと言われた。
喋れてないくせに言うのも何だけど、
こういう場所なら中学英語だけで何とか押し切れるもんなのかも。
ぶっちゃけ、高校では勉強をした記憶がないし(コラコラ)私は高校受験止まりなので。
そう思ったら、結構侮れないぞ、中学英語。

スカイトークは7日間体験なので、先生も連日変えてみた。
2日目の先生が一番良かったなぁ・・・優しかったし。

先生はわざと毎回変えてみたんだけど、やっぱりアタリハズレはあった。
だけど毎日なので、ちょっとくらいハズレでも「チェッ」と思うくらいで済んだ。

2回目以降はフリートークかレッスンか選ばせてくれて
私は基本、レッスンを選ぶつもりで臨んでいるんだけど、選ぶかどうかの話に
なる前に自己紹介話で盛り上がってそのまま終わっちゃった先生もいた(笑)

レッスンを頼むとその場でWebページのURLを送ってくれて
それを読んで、内容について話をする・・・というものみたいなんだけど
先生によって選ぶ題材が様々。

2回目の先生は予定していた題材に合わせて、自己紹介の流れから上手いこと
話を繋ぎながらいってくれて、文章を直してくれたり親切だし上手だった。

後の先生は題材が難しかったり、ある時は全部音読はしてみたものの
意味がさーっぱりわからず、先生が投げかけた質問の中の単語の意味を聞いて
それを説明する中の単語がまたわからなくて聞いて、それからまたその説明の・・
って、元は何を説明してたんだっけ??というコントみたいになったことも。

別画面でオンライン辞書で調べながらやればいいのかもしれないけど
せっかくなら英語で説明してもらってわかりたいなと思って。
この辺も上手な例えを出してくれる先生と、ますます難しくなる先生といろいろ。
あまりにわからなくなった時はさすがにオンライン辞書をコッソリ使った(苦笑)

スカイトークは@250円だし先生もたくさんいるし
毎日に近い頻度でやるんならこういう感じでたくさん当たってみろって
いうのでもいいのかもしれないな。

ただ先生達は各自の自宅でやってるみたいで画質も音もほとんど良くない。
(うちも無線LANなので人のこと言えないんだけども)

音が途切れるのは私だったらまだいいけど、ムスメにはお勧めできないかな・・と
思うのと、7日間連続で体験ができる日を考えて後回しにしていたら
気に入ったところが見つかったので私だけの体験で終了。

でも回数をこなしたいとか、こちらのニーズとマッチしそうだったら
また戻ってきてもいいなと思うところ。

ハハ向けにはS&Aと並ぶ有力候補。(値段も大差ないし・苦笑)
固定の先生でやるのと、日々いろんな先生でやるということの違いかな。
そう思うと、7日間連続無料体験で毎日英語を話す楽しさを知れたので
スカイトークの営業(?)の上手さにハマったかも。
毎日やってたら予約を取るのにも慣れたし(笑)
ウェブレッスン体験記・番外編その1(ハハ)
2010年11月12日 (金)
私もムスメと一緒に各スクールの体験を受けた。
いや、一緒にというより、ムスメより先に受けて良さげな先生を物色チェック。
私の場合は昼間も家にいるので、昼に私が受けて夜にムスメってパターンも。

数えてみたら6スクール・17回(爆)
自分のレッスンも探しているとはいえ、大義名分のもとにどんだけ受けてるんだか。

受けた順に
◆イングリッシュ・ベル
◆S&A Language School
◆QQイングリッシュ
◆SKY TALK
◆e4e
◆English Power

せっかくなので記録は残しておきたいんだけど
さすがに私のスクールごとの体験記は要らないんで全部まとめて。

書いてみたら長くなったので前編・後編に(笑)


◆イングリッシュ・ベル(2回)

今思えば、画像も音も一番良かったかもしれない。
スカイプ自体も初体験でドキドキの初回だったけど(その時の日記
ものすごく良い先生だった。ここで嫌な思いしてたら後はどうなってたか。

2回目はDEM Teensのカリキュラムを体験して撃沈。
先生もちょっとドライな先生で余計に凹んだ。

ここはHPも予約画面も見やすいし、先生の音声も聞ける。
先生達はきちんと研修されているな~という印象。
オフィスでやってるからか映像もクリアでハイクオリティなスクールという印象。

ただね、やっぱりお高い(汗)
うーん・・・週に3回やれば消費できるチケットだと@490円ってとこだから
目玉が飛び出るほどお高いわけではないんだけども。

◆S&A Language School

お安いということで2つめに体験。
だけど思ってた以上に(と言うほど体験してないから知らないけど)良くて
先生も最初のフリートークでウマが合う感じがして楽しく話せたし
話せてない部分が大半なんだけど、上手にフォローしてもらえて
それで正しい文章も入力して教えてもらえて楽しかった。

ムスメの先生選びの旅でもあるので
2回目は違う先生を選ぶようにしているんだけど、ここは引き続き同じ先生(笑)
自分の先生も探していたのでもう一度受けてみたかったから(オイ)

2回目は教材を使ってレッスン。
いくつか文章が書いてあって、その意味を言ってみて・・と。

並んでる単語自体は難しくないんだけど、言ってる意味が???ばかり。
わからないので説明してもらうと「えー、そういうこと?」ってものばかり。

あまりに聞いたことない言い回しばかりなので(私にとっては)
「よく使うんですか?」とか「なんでここで up が付くんですか?」とか
反対に先生にも聞いたりして(笑)

聞いてみると、そっちが普段よく使う言い回しで
自分が知ってる言い回しはよそいきの言葉なんだなぁ・・と実感。
6つくらいのうち意味が当たったのは2つしかなかった(汗)
表現を学ぶっていうのはこういう話の中でやっていけて楽しいなぁと知った。

そういうやり取りの中でも、私の言葉の並べ方が変だったりすると
正しくきれいに直して教えてくれて、レッスンっぽいレッスン初体験で楽しかった。

◆QQイングリッシュ(2回)

ここは日本人スタッフがレッスン前と後にスカイプで連絡をくれるという手厚さ。

1回目の先生は選べないのだけど、ものすごーく良い先生に当たった。
すごくチャーミングで、でも丁寧と言うか育ちの良さがわかるような(笑)

今まで他のところでは、初回はトライアルと言ってもフリートークの中で
質問されて話しながらという感じだったけど(先生はチェックしてるんだろうけど)
ここでは初めて送られてきたウェブページを見ながらチェックというのを受けた。

と言っても写真を見ながら何をしているかとか、ここはどこだ(有名地)とか。
だけど有名な建物でも英語で何て言うか知らなくて、教えてもらいながら答えた。

でも教えてもらった単語も、チャットボックスで文章になっているのにも関わらず
読みがどーしても出てこなくて何度も何度もトライ(汗)
つい自分の年齢を出して言い訳をしてしまう(オイ)
日本人は若く見えるのか、先生のお世辞なのか「見えない~」なんてしばし盛り上がる。

鯉のぼりと雪をかぶった富士山の写真を見て季節を答える時に「5月」と答えたら
先生が不思議そうだったので(冬と答えると思ったから?)
鯉のぼりのことを説明してみたら何とかスントカ通じて先生にお礼を言われた。

この時に初めて、ややこしいことでも頑張って何か言ってみたら
わかってもらえるんだ~と嬉しく思った。
(鯉のぼりの説明は、やり始めてからちょっと後悔したので・・苦笑)

写真の下の数行の文章を音読して、直さずに聞いてくれていたけど
ちゃんとアヤシイ単語はチャットボックスにタイプしておいてくれて
後で1つずつ確認。読めてると思ってたものもあったので勉強になった。

2回目はムスメの初回の先生が楽しそうだったので、私も受けてみたんだけど
とっても残念なことに映像も音声もかなり悪かった。
ここは確かオフィスに来てやっているはずなんだけどなぁ。
最初の日本人スタッフ曰く、無線LANだと厳しい時もあるとは言われてるんだけど
同じ条件でも他のスクールでは問題なかったりするからなぁ。

この先生もユニークで楽しくて、チャットボックスも適度につかってくれて
前の先生同様、コンプリートセンテンスに気を付けてるような気がした。
ここも研修はきちんとされているなという印象。
ホント、映像さえよかったら結構な有力候補になってただろうなぁ。

hanaso体験(1回)
2010年11月12日 (金)
ここもスカイプで日本人の人とのカウンセリングがあって
相談してから無料体験をしてみた。

ここのカウンセリングのおっちゃん男の人は中学受験塾の先生だったらしく
英語だけじゃなくて受験や学校の勉強やらいろんな話になった(笑)
こうやっていろんなジャンルの人と話をするというのは自分にとっても楽しい。

小学生を長いこと見てきたという先生だからか
感覚と論理的な思考が混ざり始めた年齢のこともわかってくれて
今のところに肉付けしていけるといいですね、ということだった。
ちなみに中学受験塾の先生の経験から、英語だけでなく国語も上げる方がよく、
比べること、違いに気づくことは言語に限らず伸びるポイントですよ、とのこと。
いろいろ有意義な話が聞けてよかった。

で、早速予約して1回目。

内容としては初回なので自己紹介とレベルテストみたいなこと。
だけど送られてきたpdfファイルを開くと・・・日本語満載の説明書き(苦笑)

「どこに住んでいますか?」なんていう質問の解答例も用意されていて
それに当てはめて答えればいいようになっている。
初心者の大人には安心だろうけど、子供はそのままやって欲しかった。

その先生はところどころ日本語を使ったり、最初の会話でわからない単語を
「What’s △△?」と聞いたときにチャットに日本語の辞書からコピペした(驚)
大人の初心者(うちの両親みたいな)には良いのかもしれないけどね。

初回なのでまぁいいか、次回は取らない先生だ。
というより、本当は違う先生で予約していたのが突然の停電?で代講だったんだ。
先生でもいろいろな場所からやってるってことなんだろうか、はて。

2回目はside by side で、という話をカウンセリングでしていたんだけど
テキスト(実物)を使わずに画面上でやりたいという希望を伝えて後はお任せ予定。

*********************

ということで2回目の日。

またも直前になってPCトラブルとかで代講の案内がきた。
ムスメはさほどこだわりもないし、まだ初対面もしてない先生なので
代わっても構わないんだけど、今回は代替が男性講師という。

うーん、どうかな・・とムスメに聞いてみたらやっぱりNG。
英語教室では男の先生に受けたこともあるし、学校の先生だって男性だから
女の人じゃなきゃダメってこともないはずなんだけど
このスカイプ英会話に関しては女の先生がいいらしい。

なのでお断りを入れた。
それから2回目の体験も遠慮させてもらうとも連絡した。

もちろん代替なんてどこでも可能性はあると思うし、仕方ないことだから
それが絶対イヤ!っていうわけじゃないんだけど、最初の2回でこうなら
ちょっと先が思いやられるというか。

ここで候補に残るかどうかは、特筆すべき点があるかどうかなんだろうけど
残念ながらそこまでなかったので、2回目は受けずに終了。

ここの条件的には週2コースか毎日コースなので、
もし利用するなら週2で他と併用だなと考えてた。

あと、ちょっと残念なのは18時以降っていうことくらい。
可もなく不可もなく、お値段もまぁ相応なので候補3番目くらい。
合う先生が見つかれば花まる急上昇するってところだった。

後ほど、カウンセリングを受けたおっちゃん男の人からメールを頂き
きっと向こうも大変なんだろうなぁと思って、その人のせいじゃないので
かえって申し訳なかった。
学校説明会
2010年11月10日 (水)
先月、ムスメの志望校の学校説明会に家族で出かけてきた。

資料をもらい、説明を聞く。
学校の概要や学校生活・部活動などの紹介、海外研修のこと
それから大学への進学状況と前回の入試と今度の入試について。

大まかな点は昨年聞いて知っていたけれど
やはり海外研修や英語教育についてはとても魅力的。
ムスメは部活動を何にしようか考えていた様子(早いでしょ・・笑)

こういう時ってやっぱり皆さん、進学実績が知りたいんだろうか。
進学先については、昨年よりも詳しい資料にまとめられていた。
うちはカトリックの中高一貫教育に賛同しているので
一覧表にされていなくても、そこまで気にしないのだけど。

その他、昨年よりも資料が細かくなっていた印象。
入学試験の倍率や試験の平均点なども教えてくれている。

難易度が若干上がったのでは?という噂もあるようだけど
なんとなく学校側も意識しているのかなという印象は受けた。

もちろんガンガン勉強する進学校にするつもりはなさそうだけど
難問も多少混ぜてきているようなことは説明の中にあった。
6年生の親御さんも多いので、時期的に今度の入試についての話もあった。
過去問もまたもらえたし。

帰ってきてから過去問をよく見てみたんだけど
算数にいわゆる特殊算と呼ばれるものは一切ないように見えた。
植木算、旅人算、つるかめ算・・・あとよくわかんないけど。

もしかしたら特殊算的な問題なのかもしれないけど(←素人ゆえわからない)
いや、でも普通に式を立てて解けば解ける、普通の文章問題に見える。

計算問題も普通。図形もちょっと考えればわかりそう。
文章問題も上に書いたように、きちんと順序だてて考えればできそう。

ムスメは面積や体積の求め方を習っていないのでまだ無理だけど
学校でちゃんと習えばできるよね、っていう感じの問題に見えた。


ということは・・・・四谷大塚の予習シリーズの必要もない??のか?


予習シリーズ、4年生以降のものは見てないから中身はわからないけれど
当然いわゆる「受験算数」の内容なはず。
たくさんの時間を割いて日々取り組んでいる人の話もネットでよく見る。

しかし、そこまでの問題が出ない(であろう)我が家の場合
果たして予習シリーズでの勉強って必要なんだろうか。はて。

泣きが入るほど寝るのが遅くなるほど一生懸命やって
親子でバトルしながらやって・・・・って必要あるんだろうか。

根本から考え直さなきゃいけないんじゃ?

うーむむ。

だけど高学年での問題集って減ってきちゃう。
トップクラスは4年生まであるけど、
ハイレベ・最レベ・はなまるリトルは3年生で終了だもん。

特殊算のところは除外としても、志望校の入試問題は
ハイレベル問題あたりでちょうど合うんじゃないかと思ったりもする。
(実際まだ習っていない部分なので自分の推測)

または、ハイクラステストのハイクラス問題あたりでも充分いいんじゃ?
と思うほどの問題なような・・・つまり、さほど難しくなさそう。

だから基礎的な部分をしっかりと、間違えちゃいけない部分は
きっちり押さえられるような、そんな感じでいいんじゃないだろうか。

とはいえ、やっぱり未知の部分でわからない。
これを学校に聞くわけにいかないしねぇ(汗)

難解なものもやれる力があれば別にいいんだけど、
無理してまで闇雲に難解なものを勉強しておく必要はあるのか?と考えると
今後はどうしたらいいものか。

どちらにしても日々しっかりと取りこぼしのないようにやっていこう。

理科・社会の過去問も、見てもまだいまいち難易度はわからないんだけども
選択肢問題も結構あって、やや親切な印象。
だからやっぱりこちらも難解じゃないんじゃないかと思う。
それに傾斜配点で国語・算数の半分の割合だし。
なので理科・社会に本腰入れるのも5年生からでよさそうかなと。

それから英語のこと。
英検の級保持者の一覧表もあったりして、学校も意識しているのがわかる。

そう思うと、入試の難易度から考えても、5年中盤あたりまでは
受験勉強よりも英語・英検のほうに力を入れていても良さそうな気がした。
あと2年あるので、そこまでは英語の走れるところまで走ってみようかと思う。

こういう説明会はどれくらいの頻度で出たらいいんだろうか?と疑問だったので
聞けそうな先生に聞いてみた。
まだ3年生だし、ということで向こうも「あ、そうですねー」って感じで(笑)

説明会での内容は年度内であればほぼ同じなので
6年生までは年に1回でいいですよ、とのこと。
あとは文化祭にも是非遊びに来てくださいね、と。

体験的な行事も6年生が対象なので
6年生になったら何度も足を運ぶことになると思うけど
それまでは年に1回、この時期に行くことにしよう。