FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ドラえもん 読み解きクイズ
2010年07月27日 (火)
先日行った本屋さんで見かけた本。

齋藤孝のドラえもん読み解きクイズ 名作漫画で国語力アップ (小学館学習まんがシリーズ) 齋藤孝のドラえもん読み解きクイズ2 国語力を伸ばす (小学館学習まんがシリーズ) 齋藤孝のドラえもん読み解きクイズ〈3〉理解力をつける (小学館学習まんがシリーズ)

ドラえもん 学習漫画シリーズ(笑)
どうしても国語絡みの本に手が伸びてしまう・・・(汗)

パラパラと見ただけだけど、うちが持ってるドラえもんの漫画

ドラえもんの国語おもしろ攻略 読解力がつく (ドラえもんの学習シリーズ)

とはちょっと違うみたい。

うちが持ってる方は内容に合わせてストーリー作られていて、
絵もそれに合わせて描かれている(なのでスタッフが描いてて微妙な絵も…)けど
「読み解きクイズ」は元々のドラえもん(藤子 F・不二雄作)の漫画が載っていて
1話ごとに「今のお話では、どうしてのび太くんは~?」とクイズが出るらしい。

巻頭には「ストーリーのしっかりした良質な漫画を読んで理解することから始める」
というようなことが書いてあった。
まずはしっかり「話の筋をつかむ」ということらしく、
それには漫画でもいいじゃないか、ということらしい。

そもそも筋道を立てて文章を書く、という難しいことじゃなくても
テレビアニメや何かのお話のあらすじを他の人に説明するって大事だと思う。

でもムスメはそれが苦手。

他のドラえもん学習漫画の中のお話(勉強部分じゃなくて漫画部分)や
昨日見たポケモンのお話なども
「あのね~、おもしろいんだよ~」と説明してくれるんだけど
ちーっともわからない。(ムスメよ、ごめん)

最近は正直に「ごめん、わからない」と言うようにしてるんだけど
気を取り直してもう一度説明・・・してもらってもやっぱりわからない。

話が飛ぶというより、必要な言葉が足りてないって感じかな。
「誰が」が抜けてたり「何が」が抜けてたり。
文章を適切なところで切らないから、「。」が付くまで長くって
その途中途中の「誰が」「何が」が抜けてるから意味がわからなくなる。

話してる本人はと言うと、これまたちーっとも気が付いてない。

頭の中で話してるつもりになるんだろうか。
そのままテープレコーダーに録音して聞かせてみたいぞ。

そんなムスメなので、最初は「四コマ作文」に挑戦してみようかと思った。

四コマ漫画のあらすじを簡潔にまとめる、というもの。
非常に魅力的なことなんだけど、ムスメは口で説明することもできないんだもの、
書くのはまだまだ難しいだろうな・・・と見送り。

なのでこの「読み解きクイズ」を読んでみてもらいたい・・・。


でもなぁ、実は

ドラえもんの国語おもしろ攻略 読解力がつく (ドラえもんの学習シリーズ) すらすら作文が書ける (ドラえもんの学習シリーズ―ドラえもんの国語おもしろ攻略)

この辺も既に持ってるんだよね。
でも役に立ってるか?と聞かれると・・・(以下略)

単に読み物として楽しんじゃってるからなぁ。
そう思うと、「読み解きクイズ」がどれだけ役に立ってくれるのかは・・・

うちは漫画はこのドラえもん学習漫画しかOKしてないから
期待しないで、漫画だと思って買ってやるか。

そして昨日見かけたもう1冊。

読書感想文がラクラク書けちゃう本―宮川俊彦のオタスケ授業 (日本一の教え方名人ナマ授業シリーズ)

また他力本願(苦笑)

この時期に出回る「読書感想文の書き方!」みたいなハウツー本は
あまり好きじゃないのだけど、これならいいかも・・・(軟弱親)

これもパラパラと見ただけなんだけど、
国語に関してのムスメは、のび太くんと同程度だからなぁ・・・(汗)

でもこれもまた同じく、上に書いたように
「すらすら作文が書ける」も持っているけど、こんな状態なのでなぁ(汗)

ただ、最近私が横からちょっとアドバイスするだけでも
時と場合によっては素直に聞かないことがあるので
そういうお年頃の子にはお勧めしてもいいのかな~なんて。

「ほら、ドラえもんが言ってたじゃん」って言うと意外と聞いたりするので。
(親よりもドラえもんの言うことを聞くっていうのも何だけどね・・苦笑)

まぁすぐにできるようになるわけじゃないけど、
読書感想文の宿題もあるし、今年の夏はちょっと読んでみるかなぁ。
スポンサーサイト