FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
3年生の使用教材(算数編)
2010年03月06日 (土)
算数もメインは四谷大塚のジュニア予習シリーズ

加えて市販ドリルの予定だけど、算数は国語よりも迷う。
何度も書いてる話だけれど、学校の進度に合わせてると
停滞してみたり、急にスパパパッと進んで(時には飛ばされて)みたり。

2年生の算数ドリルは3冊を全てコピーして、学校の復習になるように
その都度ムスメに進度を確認しながら、どこをやるかピックアップしてきた。
これだと「今どのあたりをやっているのか?」というのを常に気にするし
先の予定を見るのに私も教科書をちょくちょくチェックするようになってよかった。

なんだけどねぇ、最後にシワ寄せがすごいんだ(現在体験中)

3年生は実質10ヶ月(4月~1月)ということもあって
今年度のようなラスト大慌てというのは避けなければ

それに迷うのが、市販の各ドリルによって並び方が違うこと。
教科書とも違うし、ドリルごとでも違う。
最初から順番にやってけ~ってわけにいかないので今年は困った。

でも3年生は一応「ジュニア予習シリーズ」で導入部を読んで予習するわけだし
それに合わせて市販ドリルで復習していこうかと思う。
やっぱり進度の指針っていうのか目安があるってのはありがたい。

それから、市販ドリルのレビューを見ていると
最初のページから順番にやっていくんじゃなくて
各単元ごと標準レベルを一通りやって、全部済んだらハイレベルを一巡、
そして最後にトップレベルな問題を一巡、というのが良いらしい。

2年生では学校でやってる単元をその時に集中的に、ということで
標準問題→ハイレベル問題→トップレベル問題と一気に進んでたんだけど
3年生からは変えてみようかとも思う。

国語のように、1学期はコレ!と分けられないんだけど
とりあえず3年生でも何冊かを平行して使っていこうと思ってる。

※書籍名の横の数字は、2ページやっての回数(私の概算)

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年

ハイクラステスト算数 (小学3年)・・・47回分
算数ハイレベ100 小学3年・・・62回分
トップクラス問題集 算数 小学3年・・・88回分

これら3冊はまたコピーすることにした(笑)
ジュニア予習シリーズの進度に合わせてこちらで都度出しすることに。
各ドリルで並び方も違うからコピーの方が把握しやすい(笑)
ムスメがプリント形式の方がやりやすいと言うのも決め手になった。

2年生は3冊ともコピーをやった後に再度書き込みでやったけど
3年生では時間的にできないと思うので、きれいなドリルは親類にお下がり予定(笑)

ジュニア予習シリーズを月曜・火曜でやって
その週の残りは同じ範囲のものを各ドリルの標準レベル問題からやっていくつもり。
でも1週間のうちに3冊分の全部はできないので、
ハイレベル・トップクラス問題は後回しにしてとりあえず基本問題から順に。

■土日・休日用■

強いて分けるとしたら・・・だけど、週末は時間が取れやすいので
平日は↑のドリル、休日は↓というように分けようかと思っている。
(こちらの休日用はコピーしないで直接書き込み)

 はなまるリトル3年生 算数
成長する思考力シリーズ(GT)算数8級・・・16回分
はなまるリトル3年生 算数・・・38回分(計算ドリル部分は除く)

1学期の週末から「成長する思考力」を使っていって
「はなまるリトル」は夏休み用にするかもしれない。

やっぱり配分は国語と違って難しいなぁ。
このへんは進度や状況を見ながらフレキシブルに回していきたい。

算数も一応エクセルで作ったカレンダー上では消化しきれる量だと確認済み。
2年生の最初の頃みたいに、繰り返しコピーして何度かやらなきゃいけない単元も
出てくるのかもしれないけど・・・

でもあれも、「ここで定着させなければ!」と私が思い過ぎてたと思う。
時計も長さもあんなに苦労したのに、今やってる最レベ問題集はスムーズ。
1度ならず何度もやったからなのかもしれないけど、
それに関係なく、時期がきたらスンナリ・・っていう気もする。

3年生も徹底とスルーの見極めをしながらやっていこうと思う。

ここまで仕切ってたら自学自習でもなんでもないな(苦笑)
さ、時間を見つけて少しずつコピーし始めようっと。
スポンサーサイト



3年生の使用教材(国語編)
2010年03月06日 (土)
今年に入ってから3年生の教材をネットや本屋さんで少しずつチェックして
3月になってちょこちょこと注文していたのが一通り届いた。

今年度(2年生)では情報を集めながら検討したり買ったりしていたので
中途半端になった物もあったり、最後は消化するのに焦ったり(現在進行形・汗)

一番大きかったのは、学校の進度に合わせていたことかな。
復習でやって結果的に良かったと思うけど、学校の進度が予想以上に遅かった。
私の目測誤りもあって今年1年間はムスメを大きく振り回してしまった。

その反省を踏まえて、3年生では1年分を計画的に考えて揃えることにした。
各ドリルが何回分になるのか数えて、来年1月いっぱいで終わるように。
(4年生からは2月スタートになるので3年生は実質4月~1月の10ヶ月)

メイン教材は四谷大塚のジュニア予習シリーズ

1週間ごとに区切られていて計画が立てやすい。
国語は特に範囲がない分、学校との兼ね合いを気にせずにやれそう。
算数はわからないけど、3年生では学校の進度はあまり気にせずに
市販ドリルは予習シリーズに合わせて使おうと思っている。

国語編(ジュニア予習シリーズ以外の市販ドリル)

■2年生の春休み中■

出口汪の新日本語トレーニング〈1〉基礎国語力編(上)
出口汪の新日本語トレーニング〈1〉基礎国語力編(上)

すごく気になっていて、本屋で実物が見れたので決めた。
中身としては書き込み式というより、読んで考えて、読み進めて・・のようなので
ムスメ1人では無理だと思う。(もちろん時々書き込み式で考える問題もあるけど)
なので春休みに一緒に読みながら、対話しながら取り組む予定。

巻頭に

「毎日少しずつ」というより、短い間にまとめて一気に練習した方がとても効果的です。
小学生でもできれば1日1ステップを目標に毎日練習して下さい。


と書いてある。

これ、1冊(111ページ)が5ステップにしか分かれてないんだけど・・・
これを5日間でやれと??私の勘違いだろうか(汗)←親からして読解力なさすぎ?

一応1ステップがさらに5~7回ごとに分けてあり(ステップによって異なる)
その回ごとに日付を書く欄があるので、これを日々やれってことかとは思うんだけど。
それでも1回ずつは結構あると思う。読むところが多いからかな。

そうやって分けると全部で31回分。
連続2回分できそうな所もあるので、早速少しずつやって
春休み中には終わらせておきたい。

新学期からは以下の順にやっていく予定。
(月・火でジュニア予習シリーズをやって、それ以外の日)

書籍名の横の「※」は延べ何日で終わるかの回数。

■1学期■

どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生
どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生 ※16回分

       ↓


成長する思考力シリーズGT国語9級 ※30回分

       ↓


成長する思考力シリーズGT国語8級 ※30回分

成長する思考力シリーズ(国語)は15回構成なのだけど
1回分4ページを1日では無理なので1日2ページずつに分けた。

■夏休み■

出口汪の新日本語トレーニング―基礎国語力編(下) 
出口汪の新日本語トレーニング―基礎国語力編(下)

春休み中の基礎国語力編(上)のすぐ後に・・と思って一緒に買ったんだけど
中を見てみるとちょっと上巻よりも難易度が高くなりそうなので夏休みに。
上巻は「正しく読むための練習」なのでまだ取り掛かりやすそうだけど
こちらの下巻は「正しく書くための練習」なのでハードル上がりそうなので。
なるべく時間にゆとりの時に集中して取り入れたいので夏休みにした。

平行して

はなまるリトル3年生 国語
はなまるリトル3年生 国語 ※24回分
 
コストパフォーマンス的にも微妙かな・・・と2年生で思ったんだけど
でもムスメも楽しかったみたいで、まぁ3年生までしかないので採用。
これも夏休み中にいつもとちょっと違う視点で取り組む予定。
(休みなので1日あたりは4ページやる予定)

■2学期■

ハイクラステスト国語読解力 小3
ハイクラステスト国語読解力 小3 ※47回分

       ↓

トップクラス問題集 国語 小学3年
トップクラス問題集 国語 小学3年 ※71回分

************************

一応これで1月末まで。
2年生では例えば「ハイクラステスト 国語読解力」を
4ページ(標準問題&ハイクラス問題)ずつやっていたけど
3年生ではどの問題集も基本「見開きの2ページずつ」だけにした。

だから延べ日数にしたらものすごいことになってるんだけど(汗)
でも1日の量を少なくしてある分、予定が入って翌日に持ち越したりしても
後で大きなシワが寄らないんじゃないかなと思ってる。

そりゃ体調崩したり、病院行ったりすることもあるだろうし(滅多にないけど・笑)
そういう時は土日で帳尻が合わせられるくらいにしておきたいと思って
1日あたりの量は2年生に比べたら薄くしておいた。

今は特にギチギチのスケジュールなので1日狂うと取り戻せないから~(汗汗)
この体験を踏まえて、細く長く平たくスケジュールを組んでみることにした。

もちろん運動会や発表会、その他すでにわかっている用事の日は空欄。
夏休みも結構大幅に余裕を持たせて抜いてある。
エクセルで作ったカレンダーに数を入れて、コマ数自体は消化できると確認。
あとは中身が伴いますように。