FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
急がば回れ
2010年03月04日 (木)
国語の読解、なかなかパッとしない。
読解って言っていいのかな。ソレとかコレっていうのも含むし、とにかく全体。

今はトップクラス問題集を1ステップ(2ページ)ずつやっているんだけど
惜しいというのか、「ちゃんど問題読んでる~?」と言いたいとこだらけ。

トンチンカンな答えを書かれたり、
「さっぱりわからない」と言われるよりまだマシなのかもしれないけど
ちゃんと読めばできるはずなのにねぇ・・・のオンパレード。しかも連日。
ムスメ自身も悔しいと思っている様子。

一応、題材の文を音読するように言ってある。
だけど毎回言わないとサボるし、こちらが言わなくなったらコレ幸いとサボる。
結局サボるわけなんだが。

でもあまりの注意力の惜しさ(本当に惜しいんだ)に
「論理トレーニング」の時に「3回音読しましょう」とあったのを思い出させた。
そう、この時も最初はちゃんと3回音読してたよな。
それでも音読しなくても答えがわかるようになって自主的に音読中止してたな。

1回は普通にまず読め、2回目は頭の中で映像にして読め。
それから設問を読んでみて(鉛筆は持たず目を通すだけ)、本文3回目を読め。

設問を読んでみて・・というのは正しいのか正しくないのかわからないけど
単に「3回読め」と言うとノルマこなしみたいにやるので合いの手を入れる感じ。

これは昨日の話なんだけど、昨日の答え合わせは平和だった。
間違えるにしても「あー、こりゃちょっと難しかったよな」とか
「こういう時はこうするんだよ」と次に繋がる間違いだった。
前日のボロボロに比べれば差は明らか。

それでムスメに聞いてみた。

「前の日(ボロボロだった日)と今日(音読3回)とどっちが時間かかった?」

多分かかってる時間は同じくらいだったと思って聞いたんだけど
ムスメの答えは「今日(音読3回)の方が早く済んだ」だった。
(これまた質問どおりに答えてないんだけども・苦笑)

ムスメ曰く、

早く済ませたいからささっと本文を適当に(おいおい・・)読んだ昨日は
問題文を読んでから答えを探したり考えたりするので、そこから時間がかかった。
でも音読3回してからの今日は問題を見てすぐに答えがどこにあるかわかったし
こっちの方が早く済んだ気がする。


なんだそうな。

早く終わらせたいからってパパーッと読んで問題をやった日よりも
時間がかかりそうに思える音読3回の日の方が早くできて、
しかも内容的にもそっちの方がよくできてる

「これってどういうことだ?」と聞くと「急がば回れだ~」って気づいたムスメ。

そう、急がば回れってのはこういうこと。
本人に実感として伝わったらいいんだけどなぁ。
なんせコドモゆえ、またちょっとしたらサボりそうだから(苦笑)

でもね、算数でも同じことが多くて
ちょっと考えるような文章問題も絵を描いて考えればいいものを
そういうのを端折ってさっさと済ませようとしがちなんだけど
これも立ち止まって絵を描いたり考えたりする方が早く答えに辿り着けるんだし
身をもって実感してもらえたらなーと願うハハなのであった。
ジュニア予習シリーズ(上)
2010年03月04日 (木)
注文していたジュニア予習シリーズが届いた。
今回は夏休み前までの上巻のみ。
国語・算数に加えて、副教材の漢字の学習・計算と一行問題集も購入。

Webページで見本やカレンダーなんかもずっと見てきたけど
実際に届いてみると何だかドキドキする(笑)
いよいよ始まるんだな~って。

まだジュニアシリーズなんだけどね(苦笑)
これが4年生になったらもっとドキドキしそうだ・・・(いいのか、私?)

3月からのスケジュール調整も合わせて只今考え中。
毎日やるドリルとは違うし、量も少なめなので先に進むこともできるけど
まずは週ごとのスケジュールに合わせてやっていこうと思う。

何が一番違うかっていうと、「説明書きのある参考書」かな。

今使っているのはドリル・問題集。
最初から問題があって、それを解くのみ。そして答え合わせ。

だけどジュニア予習シリーズはそうではなくて
国語も算数も最初に「どんなところに注目するのか」とか説明が書いてある。
算数は定義の説明があって、簡単な練習問題が少し載っていて
まだ何となくやりやすい気はするんだけど、問題は国語。

一問一答でもなく、題材の文章が書いてあって
そこから「こういうことがわかりますね」と完全な参考書。(当たり前か)

テスト形式で慣れてるムスメにとっては最初はやりづらいかもなぁ。
まぁいずれは参考書で自学自習をしていかなきゃいけないわけだから
ここで少しずつ入っていくしかないんだけども。

という私自身もテスト形式が大好きなタイプ(笑)
参考書を読みながら自学して・・という記憶はあまりない。
ムスメが戸惑うというより自分が戸惑ってるんだったりして(苦笑)

国語も算数も、延べ2日間に分けないといけないなというのはわかった。

国語は

・導入(参考書的な)部分
・練習問題
・言語要素の学習(説明&問題)
  →漢字・送り仮名・仮名づかい・主語述語など言葉に関する部分

に分かれている。どれも見開き2ページ分ずつ。
これで1回(1週間)分の範囲になっている。

導入部分も文章が長めだし、次の練習問題の題材も長いこと長いこと。
論理エンジンの文章も長いなーと思ったけど、こっちもかなり長いぞ。
設問の数は少なめだから、やはり文章をしっかり読ませるのが目的なのかも。

なので導入&練習問題まで/言語要素の2日に分けようと思ってる。
かかる時間は1日目と2日目で全然違うだろうけど、
習い事のある日、下校時間の遅い日などに上手いこと入れようかと。

それに気になっているのは、導入部分をどうするか。

自分で読んで自分で演習してやっていくものなんだろうけど
まだ「自分で読んで」だと難しいだろうなぁ。甘いのかなぁ、私(汗)
でも多分ナナメ読みで流して演習問題にさっさと進んでしまいそうだからなぁ。
(私もそういう傾向にあるので)
塾でやると思えば、講義形式もありなのかな。

ということで最初の部分は横について一緒に読みながらやろうかな。
3年生のジュニア自体が次への導入でもあるんだし
少しずつやっていけるように様子見ながら3年生はやってみよう。

算数も同じく、

・導入部分(確認のちょっとした計算問題もアリ)
・練習問題
・応用問題

こちらもそれぞれ見開き2ページずつ。

巻頭の「この本の効果的な使い方」で本文(導入部分)について

算数の学習は問題を解くことではなく、正しい考え方を理解することから始まります。
ここをしっかり読むことから始めましょう。


と書いてある。はい、確かに。

私ってば説明書を読まずに組み立てたり使い始めちゃうタイプなんで
ムスメに言って聞かせる前に自分の肝に銘じとけよってことですね、はい(苦笑)

算数も導入部分&練習問題は1日で、応用問題だけ別の日に・・と思うので
こちらも延べ2日分かな。
いつものドリルの時間から推測すると、練習問題は10分くらいでできそう。
応用問題は15分少々かな。
(最レベのハイレベ問題の1回分と同じくらいな印象)

多分月曜は習い事もなく、下校時間も今と変わらないと思うので
国語その1、算数その1を入れられると思う。

火~金は習い事・下校時間から見ると、どの日も30分間くらいしか取れないので

火曜・・・算数その2(応用問題)
水曜・・・国語その2(言葉・漢字など)

みたいに1日ずつ分けるかな。
あと市販の問題集も使うのでそれも合わせて予定を組みたい。

それから副教材の「漢字の練習」と「計算と一行問題集」

何だかちょうどいい量で助かる。
「1日分10分程度で終わるように」と書いてあるので
これは朝学習に入れてみようかと。

朝はどうしようかなーと思っていたんだけど、正味20分間ならできそうだし
毎日少しずつっていうならやっぱり朝かなと思って。
ネットで経験談を見ると、この2つは朝やってる人も多そうなんで。

段々と3年生の準備が始まったなぁ・・・
料理ブーム
2010年03月03日 (水)
今までもキュウリ・レタス・トマトを切ってサラダにしたり
ホットケーキを焼いたり程度ならしてきたムスメ。

夕方は非常に忙しく、ただでさえ日々のドリルもやっとこさ済ませたり
答え合わせもあるから私も先に食事の下ごしらえをしてやり繰りしている時間なので
正直ムスメに手伝ってもらえる余裕がない。

注:決して寝る間も惜しませて尻を叩いてやらせてるというわけではなく
本人のテレビタイムやお遊びタイムを確保しようと思うと結構キツキツなので(汗)


とは言え、やりたい気持ちは大事。

ちょうど先日私があまり体調が良くなくて、勉強も早めに済んだので
ムスメに夕食を作ってもらうことにした。

お魚ソーセージとエリンギと人参を炒めるだけなんだけど
それでもサラダ油をフライパンに入れるところからやるのは初めて。
コンロも今までは消させることはあっても、点けるのは初めて。

今までは私がやる横で「切る担当」くらいのポジションだったので
1人で任されて相当嬉しいらしく張り切っていた。

ご飯も体調悪くて炊けなかったので、冷凍ご飯をチンしてもらう。
よし、これで今後は大丈夫だな(笑)

用心深いムスメゆえ、火の扱いも慎重。
慣れた時が一番危ないんだぞ~と横から口を挟みつつ見守る。

炒めるのがソレっぽくて楽しいらしく、今度はトマトを炒めると言う。
まぁ確かにスライストマトを炒めたり焼きトマトってのもあるくらいだから
やってみたらいいんじゃない?と任せる。

ゆで卵も作り、粗めに刻んで炒め物の上にトッピングして
かんせ~い♪と喜んで食べた。

トマトはそのままの方が好きだとわかったらしい(苦笑)
私は酸味が抜けるから焼きトマトも嫌いじゃないんだけどな~。

お皿洗いは私が後でやったけど、使ったまな板と包丁は洗っておいてもらった。
片付けも大事だからね。

本当は夕食前の20~30分間(私がご飯の仕上げ中)は
ジュニアエラをやる時間にしているんだけど
このまま料理タイムにしてもいいかなと思ってる。
そのうち頼んでもキッチンすら入ってくれなくなるかもしれないし(汗)

ジュニアエラは土曜にお引越しすることになりそう。
平日だと、書き写し・漢字確認・意味調べまで1日では済ませられないので
延べ何日かでやれればいいか~と考えてたけど
土曜にしてその日で完結させるっていうのもいいかな・・・

秋あたりから休止していたどんぐり問題も、今年に入って土曜日に復活。
1つやるか2つやるかは本人に任せてある。
相変わらず年長問題なんだけど、1人で最後まで絵を描いて答えられるようになってきた。
これはこのまま週1(土曜)でやっていきたいかな。

習い事の宿題(必ずあるとは限らないけど)も土曜に入れているので
何となく密集してきた・・・(汗)

もうすぐ春休みなので流動的に様子を見つつ考えてみよう。
最レベの最中
2010年03月03日 (水)
シャレでも何でもないんだけど(笑)

2月末で予定通り「はなまるリトル」の算数が終了して
今は最レベ問題集をやっているところ。

今年度の算数ドリルはこれで最後・・かな。

日数を考えると片っ端からジャンジャンやろうぜ!と言いたいところだけど
丁寧に書く、丁寧に考える、つまり丁寧に取り組むことにしたいので
多からず少なからずの量にしようとは思ってる。

この手の問題集、やり方としては標準問題を最初から最後までやって、
その後にハイレベル問題を一巡、それから最レベ問題を一巡
っていうのがいいらしい。レベルごとにやってくってことか。

なんだけど、コピーで全てひと通りやった物でもあるので
今回は同じ単元の「標準&ハイレベ」を先に済ませることにした。
22単元あるので、これで22日間。
標準&ハイレベ問題が終わる頃には春休みに入るので
春休みにはじっくり最レベ問題を2つずつやろうかなと。
(日程上1つずつにしてやれないんだけど・苦笑)

リビューテスト、最後の方のまとめテストもあるので
今のところの予定では3年生の始業式までには終わる・・・予定。

やってて思うのは、やっぱりポカミス!!

それでも前やった時に比べたら何と成長したことか。
前は習いたて(?)の頃の1学期だったもんなぁ。
知識が増えたというのもあるんだろうけど、考えることにも慣れてきたというか
問題に取り組む姿勢もあの頃とは変わってきてるんだろうな。