FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
公文英語の検討
2009年10月29日 (木)
さて、取り寄せた公文の英語の資料。
私自身が公文とは縁のない人生だったので、まず仕組みがわかってない。

教室は確かに近所にいくつかある。
だけど英語専門じゃない。算数と国語もやってる。
となると、評判などの聞きかじりだけど、採点・チェック待ちの時間が
やたらと長くなってしまうデメリットがあるんだそうな。

時間はどれだけ居てもいいらしいけど、家でやって欲しい私としては
採点待ちなんてもったいない時間そのもの。
お友達と切磋琢磨・・・いや、そんなの必要ないし。

そこで通信教育にたどり着いた。プラス1000円なんだけども(汗)

通信教育自体もやったことないので(チャレンジとかドラゼミとかも)
どういう仕組みになってるんだか、資料を見てもよくわからないので
電話で問い合わせてみた。

低学年での通信、それも英語ということでやたらと警戒された。
「国語力がないと無理」だとか、「お母さんがちゃんと見ないと難しい」とか。
かなり積極的に勧誘されると思っていたので拍子抜け(笑)

うちの家庭学習の状況なんかを話していたら警戒レベルが下がったようで
「それなら大丈夫かもしれませんね」と、それでもなぜか上から目線(笑)
それだけ低学年の毎日続けるっていうのは難しいってことなのか?

やたらと国語力がないと・・・と言われるので、市販の国語ドリルを
やってるという話もした。(だからって国語力があるとは限らないけど)
ついでに「国語も算数も市販のドリルがあるけど、英語は順序だてて
やっていける教材がないので公文にたどりついた」と言っといた。

そうなんだよ、順序・系統立ててくれてるのが気になってて。

それから気になっていた添削。
1ヶ月に1度送るらしいんだけど、その間はどうすんの?ということと
先生からの添削返却が2週間くらいかかるっていうのに抵抗が・・・

解答書をくれるので家での採点でいいんだそうな。
間違えた箇所のやり直しはすぐの方がいい(私も同感)ので
直してもらっていいけれど、直した箇所がわかるようにして送ってくれと。
一発でできたのか、やり直してできたのか、では違うからと。

なので添削に送るというより、「ここまで済みました~」と見せるためらしい。
で、最初に多めに教材(最初のうちはプリントじゃない)を渡しておくので
送って戻ってくる間も日々続けてもらえばいい、とのこと。

そうそう、そうなんだよ。
添削待ちでブランクがあるのが嫌なので、うちは願ったり叶ったり。
ママ採点でいいわけだから、まさに教材を買うって感じになりそう。



・・・それに7300円/月っていうのはどうよ・・・という話が最大にあるけど。




近所の教室で教材だけもらってこればOK!という手もあるらしい。
それなら6300円。(それでも高いけど)
できれば英語専門の先生がよくて、近くにあるかどうか。

気持ち的にはやらせてみたいのが大。
ムスメは「ママ塾なら」という条件付き。(超コワイ塾なのにねぇ)
CDを何回聞くとか、毎日これだけやるとか、決められたことをこなすのが
嫌いじゃないムスメにはきっと合ってるんじゃないかな。

「公文は宿題が多い」とかなり聞くのだけど、
通信教育はやった分だけ送ればいいらしいので、その辺も心配しなくてよさそう。

発音テストも通信の人はほとんどが家でチェックしてるそうな。
でも希望者には電話で本部の担当の人が発音を聞いてくれるそう。

それでもね、ORTの次のステージを買ったらいいんじゃ?とか迷いはある。
だけど学校で習ってない以上、何かのカリキュラムってのに頼ってみるのが
効率的なのかなとも思うのでかなり揺れ動く・・・

もうすぐ秋の無料体験ってことなので、ひとまず体験行ってみるかな。
教材やCDの様子もわかるし。
中には1000円浮かすために(?)、教室へ親が教材だけ取りに行って
子供は先生と接触しないというパターンもあるようだし
1ヶ月に1回取りに行くんだったら、近さにこだわらなくてもいいし。

じゃあ、次は近くの教室探しだな。

結構決断の早い私だけど、今回ばかりは意外と飛びつかない。
それは「公文」という看板がそうさせているのか・・・(算数については反対派だから)
スポンサーサイト



英語のこの先
2009年10月29日 (木)
えーと、「英語、話したい」の続き。


英語が話せるようになるのってどういう順番なんだろう・・・(素朴な疑問)


母国語の日本語で考えてみたら、「聞く→話す→読む→書く」

1.まわりが話してるのがわかる。言われたことがわかる(1歳児あたり)
2.自分の言いたいことを発し始める(2歳以降少しずつ上達)
3.看板などの文字に興味を示し、読めるようになる(幼稚園あたり)
4.字が書けるようになる(小学生~)

それから自分の言いたいことを文章にして書けるようになるのかな。

小さい頃は耳から~と思ってやってきたけど
これくらいの年齢になると本人の希望もあるし、ちょっと考えちゃう。

文章をいくつか教えていけばいいんだろうけど、指針がない。
何から教えていいのか、素人の私にはわからない。


そこで公文の英語の資料を取り寄せてみた。


なぜに公文??と思うかもしれないけど、教材としての評判は良い様子。
ただ「話せるようにはならない」というのは自他共にお墨付き。(公文自身も)
文法が中心らしいので賛否両論。

英語の話せない私が言ってもちっとも説得力ないんだけど
文法わかってないことには・・・とも思う。
確かに感覚で話せたらそれが一番いいなぁとは思う。
耳からたくさん入れて、それが自然と身について・・なんて理想だけども
日本で日本人の家庭(しかも英語話せない両親)で暮らすんだったら
耳から入れてのインプットだけでは無理だろうなぁとも。

だってネイティブやバイリンガルの先生の英会話に何年通っても
話せるようにならない~って話はよく聞くんだもん(うちもそうだけど)

そりゃそうだ、やっぱり週に1度聞くだけで習得しようなんて無理な話で
多少家でフォローしたって、やっぱり無理なのには変わりない。
どこかで勉強しなきゃいけないんだろうなぁと、漠然と思い始めた。

そこで公文の英語に行き着いたというわけ(←今ココ)

評判などを見てみると、英会話教室と公文の併用がベターらしい。
それを聞くと、やはり公文では会話は望めないというのがよくわかる。
だけど英会話教室だけで話せるようにはならないこともよくわかる。
もちろん小学生の間に話せなくても(話せるようになるわきゃないが)、
少しずつ英語に触れていって単語や言い回しをいくつか持った状態で
中学に入ってからきっちり勉強しな、って話もある。

そう、どこでどうなっていたいのか、が明確でないと
この先どうしようか大いに迷うことになりそう。

あー、小さい時はラクだったな。
英語に触れて、興味を持ってくれればOK♪という目安があったから。
高学年なら高学年なりに目標も出てくるかもしれないけど
この時期は「この先、どうする?」と漠然と出てきてしまうのかも。

整理してみると、ムスメの行きたい中学校は英語教育にも力を入れていて
じゃあ良いじゃん♪というとそうでもなくて、
力を入れている = 難易度もあり進度も速い ということみたい。
もちろん英語まっさらで入学する子も面倒見てくれるらしいのだけど。

それを知ってるが故に、少しでも出来る状態で持ち上げてあげたいのが親ゴコロ。
いや、それ以前に受験して入らないといけないわけだけど(汗)
低学年のうちは時間的にも余裕があるからアレコレ考えちゃうのかなぁ。

公文の話は次へ続く・・(笑)
英語、話したい
2009年10月29日 (木)
ORTの絵本が届いてから毎晩2冊ずつ読んでいるのだけど
少し前からムスメも一緒に読むようになっている。
最初は私の後に続いて言っていたけど、今は1人で読んで聞かせてくれる。
短いし1冊の中では同じフレーズが続くから1度聞けば覚えてしまうしね。

こういう時にちょっと迷う。
ある程度合ってたらヨシとするのか、どうなのか。
もちろん厳密に!というつもりはないけど、直した方がいいトコロも・・・
あまりクドくならない程度に私が言い直して聞かせてみたりはしてるけど。

少し前からムスメはやたらと読みたがるようになった。
英語の文字を読みたい、というより、英文を発したい、といった方が近いかな。
絵本を自ら読んでみるようになったのもそうだし
あとは人形相手に「○×△ホニャララ~」と英語風(あくまで風)な口調で
話しかけているので。

そう、単語はいくつか習ってきていて、単語の意味はわかってるし
そのスペルを読めて書くこともできる。
でも何だか違うんだよなぁ。(もちろんボキャブラリは基本だけど)

ムスメは英語(英文?)を発したいらしい。
それは多分、耳コピーでもいいからセンテンスで発したい、んじゃないかと。

当然、自らの言いたいことを英語で発するというのはまだまだ別世界の話で
そういうんじゃなくて、「英語を口から発してみたい」んじゃないかと。

じゃあどうしたらいいか。


うーーーん


(保留)


昨夜は「あの猫の話が読みたい」と言って、

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ
イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

の中のお話を選んだ。(各ステージの1話ずつが載っている)
買ったばかりの時にCD聞きながら見てみたので覚えてたみたい。
で、選んだお話はステージ3のもの。
いつもに比べるとちょっと長めだけど、それでも読んだ。

同じくこの本に載ってるステージ6のお話はおもしろいので私が読んで
ムスメは絵を見ながらではあるけど、すごく楽しんで聞いて(見て)いた。
途中から日本語訳を入れながら読んだ。
これが良いのか悪いのかわからないけど、これがこの意味かと
わかる方がいいんじゃないかなと思って。
英語の読み聞かせ的にはやっぱ邪道なんだろか、うーん。

一昨日「Look at me!」のフレーズを覚えて嬉しそうに連呼している。
もちろん「コレ」も「アレ」も「me!」で言うので軽く教えてはいるけど
そういうところを見てても、やっぱり英語を発してみたいんだなぁとは思う。


じゃあどうしたらいいか。


うーーーん



迷いのまま終わる(苦笑)
続きは改めて。
朝学習
2009年10月18日 (日)
この頃の朝学習は30分ちょっとくらい。
1学期は1時間くらいやっていたのだけど、時間が短くなって
量が減ったとかあまりそういう気がしない。
効率的にできているというか、集中できてるって感じ。

●漢字

今も成長するドリルシリーズ いきることば1を継続中。
こないだ「おぉ~、もう半分くらい終わってる~」と自ら感動していた(笑)

●国語

昨日でハイクラステスト国語読解力(小学1年)が終了。
最初の方は問題の意味はわかってないわ、抜き出して書く所も言葉を変えちゃうわ
間違いだらけだったけど、段々要領がわかってきたのか間違いも減ってきて
最後の方は「あー、そういう解釈もあるね、だけどね」という直しが主だった。
あとは相変わらずの「うっかり」ミス(汗)

今日から国語王(1)に。
イラストも多いし、本人は「わーい♪」ってな具合。
自主的に4コマ漫画を描くような子なので、場面を想像したり
言葉を考えたりっていうのは楽しいみたい。
そう、「自由に考える」ってのは好きだけど「決められた範囲内で」というのは
ちょっと苦手というより逸脱(苦笑)してしまうタイプなんだよなぁ。
これも慣れだとは思うんだけどね。

●算数

成長する思考力シリーズ(GT)算数9級が終わって、
今はハイクラス ハイレベ100 最レベのコピーから1枚。
ちょうど掛け算が始まったところなので「○こ分でしょう?」みたいな
問題が出ているところを選んで出している。
あとは「3ケタの足し算」とか「長さ」とか今までの復習の部分。

問題を毎回1枚ずつ選んで出すっていうのは、
子供が学校で今何をやってるかとか、どう習ってるか、理解してるか
っていうのを確認することになるからいいと思う。
自分達の習ったやり方ではないことも多いし、自分自身がどうやって
習ったか忘れてることもあるしね(苦笑)

●英語

英語教室で出る宿題や今までに習った単語の私作成のミニテスト。

-----------------

これで30分なので前よりも負担は減ったみたい。
それから朝ごはん(しっかり食べる派)→自由時間→支度して登校。
自由時間は10分くらいだけど、ドラえもんの学習まんがを読んでることが多い。
昨年は朝テレビを付けてたけど、なきゃないで静かでいいもんだ。
ORT絵本
2009年10月16日 (金)
ORTの絵本+CDパックが届いてから数日たった。

うちが買ったのは

Oxford Reading Tree Oxford Reading Tree

CD付きのJapan Special Pack で
 stage 1+ の
・ First Sentences
・ More First Sentences A
・ More First Sentences B

の3パック。1パックにつき6冊だから全部で18冊。
お話はどれもおもしろく、オチもあるし、見てても楽しい。
簡単だけど、毎ページ繰り返し同じ言い回しなので耳に残りそう。

ムスメの反応は、絵本をひと通り全部見ていた。
18冊って言っても1冊が8ページ、その1ページにも1文ずつなので
文字を見たかどうかは定かではないけれど、絵本としては全部見た。

CDは早速かけてみた。
聞きつけたムスメは、どの絵本なのか私に確かめてから
それを持ってスピーカーの前に座り、音に合わせてめくっていた。
最後の方はこっそり復唱してみたりしていた。(私が見ると恥ずかしいらしい)
4冊くらいで疲れたらしく終わり。

確かに、テンポが速くて疲れる気もわかる。
かけ流しにしようかとも思っていたけど、今までにインプットは
多少されてきているわけだし、ちょっと気忙しいのでCDはお休み。
復唱してたのを見るとちょっと残念な気もするんだけどね。

その代わり夜寝る前に2冊読み聞かせをすることにした。(一応私が)
最初に全部見てみて本人なりに好みがあるようで
「これおもしろいんだよー」と言って持ってくる。
絵だけでも充分内容はわかっているしね。

2冊読んでもあっという間に終わる。
あれやこれや感想を言いながら見たり、
「Who ~ ?」のところを「どうして聞くように言わないの?」と
質問してきたりもする。
(つまり、どうして語尾上がりの疑問系にならないのかと)

単語自体は知ってる物が多いけど、at や in なんかもよく出てきてて
そういうのは英語教室では多分耳にすることがないので
ORTから何となく入っていくことになるんだろうな。
繰り返しの文章なので、言い回しはそのうち暗唱するかもしれない。

ORTだけを寝る前の読み聞かせっていうのも何なので
普通の絵本の読み聞かせも復活した。いつ以来だろう。

寝るのが遅くなると時間がないから読めない、と言ってあるので
最近20時過ぎには絵本抱えて呼びに来る(笑)
いそいそと絵本を選んでいる姿はとてもかわいい。
英語学習
2009年10月08日 (木)
ムスメの習い事の1つは英語。

2歳になる年(実際には1歳半くらい)に英語教室に通い始めたので
今年で6年半習っていることになる。

最初は大手の教室で、歌って踊るリトミック主流なもの。
幼稚園の間に個人のこじんまりとした教室に変わった。
今のところは年齢も上がってきたからか割と読み書きもさせる教室。
リトミック主流だったところも今の年齢なら同じかもしれないので比べられないけど。

成果はわかるような、わからないような。
耳はよさそう。発音もやたらと舌を巻くけど(苦笑)、でも悪い方じゃないと思う。

という私は英語がペラペラなわけじゃないんだけど(おい)

ただ発音は悪くないようで、教室の先生にも誉められたことがある(お世辞?)
耳はどうかなぁ、でも文章を見た方がわかりやすいので中学校英語そのものかな。
でも言ってることは何となくわかるという感覚。

ムスメの状態はよくわかっていない。
なんせ昔は親子同伴レッスンだったけど、さすがに今は子供だけだからね。
話しかけてみても習ってない単語や言い回しはわからない様子。
一応センテンスはやっていて(当たり前か)、アウトプットもやってる模様。

実はあんまり熱心に英語はやっていなくて、というより全然やっていなくて
教室にお任せということで宿題だけをフォローしていたのだけど
せっかくなら、と家でもできることをやってみようかと。

そこで辿り着いたのが「Oxford Reading tree」というもの。(略してORT)

イギリスの小学校で使われている教材だそうで、CD付き英語絵本。
レベルごとにステージがあって、語彙数だとか文章の長さだとかが
ステージごとに揃えてあるので少しずつレベルアップしていけるらしい。

CD付き英語絵本とは思いつかなかったけど、
素人の聞きかじりだと、英語は「聞く→読む→話す→書く」の順がよいらしく
それならまずは「聞いて読む」でしょう、ということで勝手に納得。

でも教室ではどちらかというと、話す・書くが主になってるような気がする。
(見学していないのであくまでムスメの話からの推測だけど)
教室を変わろうかと考えたこともあるけど、通いやすさや先生への信頼もあるので
ここは「聞く・読む」を家でフォローしようかと思って。

本当はフォニックスをやろうかと思ったのだけど、
よくよく思い出してみたら前のリトミック英語で先生がフォニックスで
子供にアルファベットを連呼してたなぁと思って、ムスメに聞いてみたら
これが意外と残ってた。今の教室でも先生がところどころ言うみたいだし。
改めてフォニックスをやってるという感じではないけど、今のところはスルーして
ORTの方へ行ってみようかと。

ORTでもフォニックス編(というのかな)があるようなので
よければそちらも取り入れてもいいし。

しかしオフィシャルHPや説明のHPを見てもよくわからない・・・
ということで、まずこちらを買って読んだ。

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ
イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

ORTの中から各ステージごとに1つずつのお話が載っていて、
その部分の朗読CDが付いているので、お試しのつもりで。
早速聞きながら読んでみた。

絵がかわいい。絵本としても好き(私の好みはどうでもいいかもしれないが)
ステージごとのレベルもだいたいだけど比べることができて参考になった。
ORTを始めるのに迷ってる人はサンプルとしてお勧め、と聞いてたけど
まさに私も同じこと言って人に勧めると思う(笑)

朗読CDは1つのお話を2回繰り返してある。
1回目はページが変わる時の合図で木琴みたいな音がチロリン♪と入る。
なので読めてなくてもわかってなくてもページをめくって付いてくことができる。
2回目は合図は入らないけど、変わりに場面に合った効果音が若干入る。

ムスメは私がこの本を読んでるのを知っていたので、見せると興味津々。
CDをかけて本を持たせると、チロリン♪のところでページをめくり
わかってるかわかってないか不明だけど楽しそうに見ていた。

日本語の絵本でも、どちらかというと字を読むより絵を楽しむ子なので
もしかしたらコレも絵を楽しむ方に傾くかもしれないなぁ。
でもCDをかけながら見るようにしたらいいのかな。

ムスメが見ている横で、私はCDに合わせて読んでみた。
ステージ5でお話が長く感じたようで、「ここで終わる~」と終了。

それから「ママは外国に行ったことある?」に始まり
「英語は話せる?」とか、「どうして英語がわかるの?」など質問攻め(笑)

そんなに話せないけど言ってることは何となくわかるよ~と正直に答えたけど
ムスメからしたらCDに合わせて言えるだけでもママすごいと思ったらしく
英語をしゃべれるようになりたいなぁ・・なんて言ってた。

夜も突然英語風なことを言ってきたりする。
教室で習ってる言い回しではなく、どっかで見聞きしたやつだと思うんで
発音も意味もよくわからないんだけど、英語を話すのに憧れてるというか
「やってみたい」という気持ちはよーく伝わってくる(笑)

これで私がペラペラなら英語で語りかけなんてできるんだろうけどねぇ。
なので一緒に勉強するつもりでORTをやってみようと思う。
ORTの前にちらっと見たCTP(同じくCD付き絵本)のHPでは
「下手だといってもお母さんの読み聞かせが子供は大好きです」なんて
書いてあったので、寝る前に読んで聞かせてもいいかなと。

ネットでORTについて調べてみても、2歳3歳で取り組んでいる人の話が多くて
たまに小学生のお話もあるけどお母さんが英語を話せる人で
既に幼児期から語りかけや他の絵本やCDで取り組んできたとか
はたまた全く英語をやってきていない高学年の子が中学準備で始めるとか
なかなか自分ちの状況にマッチするお話が見つけきれなかった。

うちは全くやってこなかったわけじゃないけど、レベルは不明。
年数と実力は比例しないからね(苦笑)

でもまっさらよりは入りやすいかなと思うのでとりあえずやってみよう。
夕方の30分くらいの時間が、今は朝の分のやり直しタイムになってるんだけど
国語の間違いが少なくなってきて時間が少し余るようになってきたので
そこに短い絵本をいくつか読んだりしようかと思っているところ。
どんぐり経過
2009年10月08日 (木)
習い事のない日(そして遊びに行かない日)は1時間くらい取れるので
どんぐり問題をやることにした。
「絵で解く算数」は離れて、年長児~6年生まで各100問ずつある問題を
順番にやっていってる。もちろん現在は年長児問題。

泣きながらやってた昨年が嘘のように鼻歌まじりでやっている。
年長問題からで割と簡単にできるというのもよかったらしい。

でもね、間違い多々なんだ(汗)

絵が描けないっていうんじゃなくて、質問の意味を勝手に勘違いしたり
最終的な質問(○個でしょうか、とか○日目でしょうか)をしっかり読まず
それまでに描いた絵で推測してしまったり。

絵で考えてないってことではないんだけどね、一応。
単に早合点というのか。
これもコツコツやっていけばちゃんと最後まで読むようになるのかな。

ちなみに赤ペンでのママ添削はなし。
描いた絵に何か描かれるのが嫌みたい。絵好き子のこだわりだろうか。
なので余白や見開きページの次ページにちょこっとだけ添削。

1人で全部できたものは今のところなし。
だから丸ごと「わからん帳」になっちゃってる状態(汗)
そのうち1人で最初から最後までできるようになるのかな。

とりあえず抵抗なく再開してくれたことと、継続できていることは嬉しい。
長い付き合いになるわけだからペース作って地道に続けていきたい。
わからん帳
2009年10月04日 (日)
どんぐり倶楽部のやり方の中に「わからん帳」というのがある。

どんぐり問題をやって、わからなかったもの・間違ったものを入れておくもの。
教えてもらったり1回でできなかったものも入れておくんだったけかな。
うちも始めるにあたって、ノートを用意してみた。(形から入るタイプ)

どんぐり問題用のノート1冊が済んだら、間違えたやつを抜き出して
この「わからん帳」へ貼っていこうかなと。
簡単な問題からやってくけど、そのうち考えても考えてもわかんない問題が
出てきた時は、様子を見てこの「わからん帳」へ移してもいい。
とりあえずわかんないやつはある程度考えたらパスして次問にいけばいいかな。

どんぐり問題だけじゃなく、他の教科でも作れるってのを知った。

そう、今まで算数の市販問題集をやってきていて
間違いが多いとか、この単元はまだやっといた方がいいなっていうのは
再度コピーしてまた日をおいてやらせてたんだけど
あまりに×ばっかりならいざ知らず、1枚のうちのある部分だけやりたい時は
他の簡単すぎる問題までやるのも何だかもったいない気がしてて。
無駄なことはないからいいか、と思ってやっていたんだけどね。

そう思うと、プリントで間違えた問題だけを切り抜いて「わからん帳」に
貼っておけば、後でまとめて「間違えた問題だけ」をやることができる。
私に聞いて答えが出たもの、正解だけどちょっと怪しいぞ?という問題も
入れておけばまた後でやってみて確認することができる。

なんだ~、なんか良いぞ、わからん帳。

学校のテストも切り貼りしておけばいいそうな。
漢字テストなんかはマメに持って帰ってくるので、それはその都度貼れるし
学期ごとに持ち帰ってくるテスト綴りからも抜き出せばいいし。

あと英語教室でのミニテストも貼れるな。
普段ミニテストで間違えたところは書き直し提出が宿題になるんだけど
その時はわかったつもりでも、後になったら忘れてまた間違えたりする。
どこを間違えたか、後になったら本人も忘れてたりするので
取っておいて後でまた確認できるというのはやっぱりいい。

ということで、どんぐり問題用のA4ノートと、国語・算数・英語のノートを買ってきた。
どんどん貯めてって、実際に使うのは高学年になってからということだけど
親の私がまずどの辺が間違えてるのかを把握するノートというのでやってみよう。

今までプリントやっても間違いや、私の解説で理解したものとか
そのまま終わりにしてきて何か気持ち悪かったのでこれでスッキリできそう。
とりあえず、やってみることにする。

今年度は教材など取捨選択・試行錯誤の年と思ってやっているけど
タイムスケジュールも含めてまさに只今試行錯誤中。
あれこれ手を出して中途半端もいけないだろうけど、
いろいろやってみて合う合わないを見てみたり、考え直してみたりできるから
とりあえず無理ない程度に取り入れてみよう。

どんぐり問題
2009年10月04日 (日)
時間を見直して夕方の勉強タイムを確保したのと同時に
やることもちょっと見直しをした。

◆朝(45分程度)◆←今までと変わってないケド
・漢字(成長するドリルシリーズ いきることば1
・国語(ハイクラステスト国語読解力(小学1年)
・算数(成長する思考力シリーズ(GT)算数9級

◆夕方(45分30分程度)◆
・朝の分の答え合わせ
・時間があればORTを読めたらいいな (※10/7追加
・算数プリント※←↓10/7削除

算数プリントはハイレベ100ハイクラステスト最レベ問題集から1枚(コピーしてるんで)
これまでの復習だったり、学校の授業が進めばその部分を復習用に。
これの答え合わせはすぐにやって、間違っていたらすぐにやり直し。


◆習い事のない日(1時間)◆
・どんぐり倶楽部の問題

糸山メソッド絵で解く算数を持っているので、どんぐり倶楽部のことは知ってたんだけど
なかなかこの本もできなくてここまで来ていた。

というのも昨年やった時に、大泣きしてしまったから。
絵を描くのが大好きなムスメなのだけど、文章の意味がわからなくて描けず
楽しくなくて大泣き、そこへ私の接し方も最悪パターンで悪循環・・・

そこで再度どんぐり倶楽部のHPを読んで、反省しつつ再開しようと決めた。

「好きに描いていいんだって。ママがやり方を間違ってたみたい」と最初に謝り
「どんなに描いたっていいんだってよ~♪答えが出なくてもいいんだって」とアピール。
元々お絵かき大好きムスメなので、「え?ホント?」と食いつき上々。

ノートを1冊買って、問題はコピーして文章部分だけにして(本にはイラストあるので)
ムスメにちょきちょきしてもらって貼り付けて、後は好きに描いてもらった。

本当はそばにいて見てた方がいいのだろうけど、見てるとプレッシャーになりそうだし
好きに描きたいだろうと1人でやってもらった。
「できた~♪」と意気揚々と持ってきたものは、とてもかわいかった(笑)

実は前に1度やった問題だったんだけど、その時とは全然違う。
のびのびと描いてて、いつものムスメらしい絵。
私ってば前はどんだけプレッシャーかけてたんだろうなぁ・・・反省。

答えも出してあって意気揚々と見せてくれたのはいいけど・・・違います(汗)

これまた文章読解力のなさなのか、思いっきり読み違い・勘違いしてるし。
そこを直して正解~。本人も達成感があるのか、間違えても凹んでなかった。
(ヘタレだし点数主義なところがあるので間違えると凹むこと多し)

実は年長児問題なのでとてもシンプルで簡単なもの。
それでも読み違えるってどうよ・・というのは置いといて
自分1人でやるという練習にもなるのかな、と思っているところ。

どんぐり倶楽部のHPから「問題のやり方」というところをワードで作り直し
印刷して最初に見せたのもよかったみたい。
「消しゴム厳禁!」とか「ヒントを聞かない」とか、
「わからな~い!と言わずにとにかく絵を描く」とか。
ルール遵守精神の厚いムスメには私が言うより効果的だった様子。
ま、親の言うことより他人の言うことの方がきく年頃になってきたんだよね(汗)

まとめてやっちゃいけないんだけど、あまりにすぐできすぎて2つめをやった。
問題を自分で切ってノートに貼るところからスタートってのも楽しいみたい。

2つめもすぐに「できた~♪」と持ってきて、見てみたらこれまた勘違い。
登場人物(答えにも必要)の名前を間違ってた。
あれれ・・・どうして名前間違えるんだ?と不思議に思ったら
どうやら文章を何度か読んでから絵を描いた様子。

本当は1つの文を読んだら絵にして・・・の繰り返しでいって、
問題は読み返しちゃいけないんだよね。
なのだけど、絵好きのムスメ的には「きちんと描きたい」という気持ちが強くて
先に読んでからまとめて1つの完成した絵を描きたかったみたい。

でもね、それはNGなんだよ、と教えて、3つめは私が1文ずつ読むことにした。
案の定、全体図が見えてないまま描くので納得いく絵じゃなくて半べそ。
「上手じゃなくていいんだよ~」と言っても、絵の上手い子にしてみたら
自分の中で許せないみたいで、ヤケ気味になってテキトーに描き出した。

最後まで読んだところで、絵を完成させずに式を書いて答えを出した。

うーん・・・やはり式を立てる頭になっちゃってるんだな・・・
私が算数プリントでそうさせてきたっていうのもある。

ここで「式は最後に書こう、もしくは書かなくてもいい」ということにした。
「だって年長さんや1年生の子で式がわかっていない子もいるんだし
でもそういう子達だって絵さえ描けば何匹か答えはわかっちゃうんだよ」って。
なので、まずは絵を描いて、答えを書いて、それから式を書くことにした。

どんぐり問題を解くノートの表紙にムスメがどんぐりを持ったリスの絵を描いた。
これからもやってみたいらしい。
以前に泣かせてしまったハハとしては、それが一番嬉しい。

どんぐり倶楽部のHPで問題のやり方を読んでみて
私も焦らず、焦らせず、怒らずに付き合うことができてよかった。

他の問題集をやっているので、どんぐり倶楽部の主旨とは違ってるのだけど
絵を描いて考えるというのは自分がそういうタイプなので本当に大賛同。
ムスメにも「これは別物だと思ってやってみよう」ということで始めた。
計算プリントの宿題や家庭での市販ドリルとの併用になるけれど
自分なりに取り入れてやっていきたいと思う。
紆余曲折
2009年10月04日 (日)
タイムスケジュールは改めて確認して表にした。

これで習い事のある日で45分30分くらい、
習い事のない日はプラス1時間だから1時間45分1時間半くらい取れた。
(※またちょっと見直して10/7修正)

きっちり決めちゃうのもどうよ?と思わなくもないけど、自分も目安になるし
エクセルでイラスト入りでかわいく作ってリビングに貼った。

宿題・時間割/ピアノの練習/家庭学習/食事/お風呂
(合間にテレビタイムもあるけどね・笑)

ある程度決めることで、それまでダラダラとやってた宿題もピアノの練習も
時間を気にしてやるようになった。
次の予定を考えて(気にして)動く、というのは
見通しを立てて行動することにもなるし、今のムスメには必要になってきたこと。
なので一覧表にして貼るというのもよかったかもしれない。

一応本人にこういうのはどう思うか(プレッシャーになる・不愉快)聞いてみたら、
「こうやって決めてもらった方がわかりやすくていい」とのこと。

受け身な状態をますます増長させているんじゃないか?と思わなくもないけど
いや、見通しを立てるクセをつけるということでよしとしよう。
ムスメは視覚で入れる方がわかりやすいみたいだし。
(つまりは理屈というか、考えなしなタイプだからっていうのもあるんだけど)

それから、考えていた答えあわせ。

ムスメが学校に行ってる間に私が1人で答え合わせをしておくことにして
夕方の勉強タイムにやり直しをして持ってきてもらうことにした。
なので帰宅後の1つめは間違い直し。

国語の文章問題は書き足りていない・本文を抜き出さず語句を変えて解答している
というのが大半なので、○は半分以下だけどほとんどが△
やり直してみると、ほとんどが正解になる。

なんだ~、自分一人でできるじゃ~ん。
1回目ではできなくても、自力で答えは出せるんだな、うん。
私がどうも手を出し過ぎていたんだろうなぁ、と反省。

算数も同じような感じで、足し算と引き算を間違えてるとか、計算間違いとか
問題の読み間違いの勘違いとか、そういうのだからやり直せばほぼ○
○にならないのは根本がわかってない、定着していないというものなので
そういうのは一緒に確認したり、解説したり。

そういうことで朝の分の答え合わせは手短に済みそうだし、無事解決しそう。
自分で考え直すということにもなるし、何より私に質問しないで
1人であーだこーだと考えるようになって欲しいし。

ムスメはすぐ私に聞いてくるんだよねぇ。
他のことでも頼られてるというか、これも私が手をかけすぎたせいなのは
重々自覚して反省しているハハなので、少しずつ改善されるといいな。

タイムスケジュール表と合わせて、自力でやるペースが作れますように。