FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
手続き
2014年02月20日 (木)
合格発表から約1か月。

召集日も済み、制服や備品の購入も済んだ。
中学校から宿題も頂いた(笑)

そういえば、合格通知をもらった=入学、と思っていたんだけど
入学金を振り込んでから改めて入学許可なんだな。
振込後にそういう書類が届いて気がついた(笑)

喜び過ぎて(?)入学金を締切までに支払い忘れてしまうこともあると
聞いたことがあるけど、バタバタしていたらあり得るのかも(怖)

しかし入学金を振り込むのも時代を感じた。

日頃そんな大きなお金を動かすことはないし(笑)
10万円以上の現金での振込みはATMではできないらしいし
そもそも同封の振込用紙を使わないといけないから窓口必須だし。

窓口は窓口でこれまた厳しい。
10万円以上の振込みだと本人確認だとか、何に使うお金ですか?とか。
・・・見ればわかると思うんですけど(苦笑)

その銀行に口座を持っていて、その日はキャッシュカードも持っていたから
(普段キャッシュカードは持ち歩かないけど念のため持って行ってた)
まだ本人確認としては軽めで済んだみたいだけど
でも今度はその口座についての確認。

使用目的は何ですか?

って聞かれても(苦笑)
えーと、ヘソクリ口座です(ウソ)
まぁこの辺はそこまで厳密じゃなくて良いということだったのだけど
確認のさらに確認の、加えて確認の・・・の上積み状態だった。

世の中に悪いこと考える人がたくさんいるってことなんだなぁ。

そんなこんなで期日内に入学金を支払った。
この入学金、ムスメの受験を本当に決めた時に積立始めたもの。
金額を月数で割ってムスメ名義の口座にコツコツと自主的積立。

何となく願掛けっていうか、
ちゃんと用意しますから神様よろしくお願いします、みたいな(笑)
そういえば願掛けってコレだけだったかも。

そしてその後に入学を許可する書類が届いた。
そういえば公立の中学に行かないという意思表示(辞退?)する時に
こういう書類が必要になるらしい。

義務教育だからかな、公立に行かないと言うだけじゃなくて
ちゃんと「ドコに行きます」って提示しないといけないってことか。
こういう手続きも2月中にはやらないといけない。

他にも記入する書類がいろいろ。

今までだと4月の新学年スタート時にアレコレ書いてたような物を
既に書いて出さないといけないって感じかな。
ひと足先に新学期な気分。
スポンサーサイト



サクラサク
2014年01月21日 (火)
この日のタイトルはこれにしようとずっと前から決めていた。

ムスメの桜が咲いた。
そして我が家の受験が無事に終了した。

通知の封筒はほんの少し厚い。
厚いってほどじゃないけど、紙切れ一枚ってわけではなさそうで
多分大丈夫だろうなと思いつつも相当緊張してムスメと一緒に封を開けた。

合格。

文字を見た時、ムスメに抱き着いて号泣した。
ムスメはニコニコしながら抱き着き返してきた。

よかった、本当によかった。

嬉しくて涙が出るなんて、それもこんなに号泣するなんて。
泣いちゃうかな、なんて思ってはいたけど自分でも驚いた。

よく頑張ったね、本当によく頑張った。
今まで我慢させたこともいっぱいあったし、きっとキツかっただろうし
嫌だと思ったこともあるだろうけど、本当によく頑張って私についてきてくれた。

頑張りぬいたキミを誇りに思うよ。

合格者上位数名の成績優秀者に選ばれるというご褒美もついた。
きっと、これまで頑張ってきたムスメへの神様からのご褒美だね。

本当に終わったんだな。
受験を意識しはじめて4年半、今思えばあっという間だったような。

受験勉強として塾のカリキュラムに乗って3年間
赤ペン片手に毎日毎日ムスメと一緒に勉強した。
時には叱り、泣かせて泣いて。

だけどママ塾で頑張って良かった。
何より親子で同じ目標に向かって頑張ることができて
子供の成長を深く濃く、間近で見ることができたから。

オットにも本当に感謝してる。

勉強のことはノータッチだけど、いつも私の話を聞いてくれた。
ムスメのことはほとんど報告していたから一緒に考えてくれた。

ムスメから見れば怖いもんなしのママに見えても
揺れて迷って悩んでクヨクヨしてのくり返しだった。
オットはそんな私を支えてくれた。

リビングのダイニングテーブルで勉強しているから
オットは仕事から帰ってきてもテレビも見れずに
静かに夕飯を食べなきゃいけないこともよくあった。

それでも文句を言わずに口も挟まずに私達を見守ってくれた。

だから家族3人で乗り切った受験だと思ってる。
これからのいろんな選択もムスメを2人で見守っていきたい。

本当に本当に合格おめでとう。
入試当日
2014年01月19日 (日)
前日もいつも通りに過ごして、当日もいつも通り。
特に変わったことはしないつもりで。
少し朝が早いけれど合不合に出かける時くらいの時間。

以前、朝起こしてみたら熱があって
インフルエンザだった!ということがあったので
本当に朝起きて元気な姿を見るまでやっぱり心配だった。

でも大丈夫みたいでひと安心、よかった。
起きて3分後には普通にご飯を食べられる子なので
いつもと同じメニューの朝ごはん。

予定通りに出て、予定通り早めに着いた。
早めだけど一番乗りじゃないんだな。皆さんも早い。

塾の花道もあった。おぉ、これが噂の(笑)

花道ってほどでもないけど両側にジャンバー姿の人達が立ってて
あの中を通っていくの~?(苦笑)というムスメ。

早めに来たから受験生がまだ少なくて通りやすいのか
人が少ないとかえって目立つから通りにくいのか(苦笑)

きっとスルーされるんだろうな~と思いつつ通ってみたら
あちこちから「頑張れ!」「頑張って!」という声が聞こえてくる。
前を歩いている人はいないので、ムスメに言ってくれてるんだ。

なんだか嬉しい(笑)

テレビで見るような大掛かりな応援団というスケールでもないし
こじんまりとみんなでみんなを見送ってくれている感じ。

ムスメは恥ずかしいやら何やらで引き気味だったけど
母としては嬉しかったな。
子供が応援されたら親としては嬉しいってもんだ。

ムスメを送り出す時に何を言おうかと思ってたけど
普段の模試と同じように「いってらっしゃい」とだけ言った。
まわりもいるしね、今さらアレコレ注意事項を言っても何だし。

でも何日か前に「注意することって何だっけ?」と聞いたら

問題をよく読む・問題に印をつける・ちゃんと図を描く・式を書く
筆算をする・計算は急がない・・・

私がずっとずっと言ってきたことがズラズラ出てきた。
何だ、覚えてるのか。
「わかる」と「できる」は違うってことだ(汗)
でもずっと言い続けることは無駄じゃなかったんだな。

無事に終わって戻って来た時も何だか模試後みたいだった。
志望校でも模試を受けてるし、ムスメも緊張しなかったらしい。
私は緊張というよりも、現実味を感じていないというか不思議な感覚だった。

結果はまだだけど、これで我が家の受験は終了。
明日からは受験勉強がないのか・・・やっぱり何だか不思議。

本当に終わりなんだな。
健康で無事に今日の日を迎えられたことに感謝してる。

今朝、顔を洗いながら泣きそうになった。
この3年間のこと、ムスメはどうだったかな。
私は一緒に頑張れて楽しかったし、嬉しかった。

後は結果を待つだけ。
試験前や試験中よりもこっちの方が実は緊張する。

どうかどうか願いが叶いますように。
当日の付き添い
2014年01月17日 (金)
志望校には何度も行っているし、建物の中も教室も文化祭や体験授業などで
お邪魔しているのでだいたいの雰囲気もわかってる。
在校生に知り合いがいるので親の控え室や当日の流れについても聞けた。

試験の間、私は控え室で待っていることにした。
これも先輩母さんの話で、子供が体調不良の場合は呼び出しがあるそう。
そこのお子さんは大丈夫だったけど実際に呼び出されているのを見たそうだし。

外に出てても携帯で連絡があるんだろうけど、気持ち的には近くにいたいし
それよりも田舎の学校ゆえ外に出てもそんなに良い店もないし(爆)
何より外に出るのも寒いし。

控え室は寒いからひざ掛けやカイロ必須なんて話も見聞きするけど
うちが受ける学校は控え室の場所を聞いた限りでは大丈夫そう。
親が校内に残ること前提みたいで、座席も確保されているみたい。

後は私の時間潰しか。

タブレット(ネット可)も持っていて、それでネットサーフィンでもしてるか、
電子書籍でも入れておいて読むか・・・思ったけど
いやいやスマホやタブレットをいじってるのって
何だかあんまり印象がよろしくないかなぁ、なんて思ったり(苦笑)

電子書籍です、ってわからないしね。ゲームやってると思われても困るし(爆)

だけど学校の人がそこには居ないと思うし、チェックされてるわけでもないので
そもそも誰の印象?って話なんだけども(笑)

ここは無難に文庫本かなぁ。果たして読んでも頭に入るのやら。
または編み物でもやっちゃうか。かぎ針の小物だったら場所取らないし。
あー、でも編み目が飛びまくりそう(汗)

いっそ棒編みでマフラー編むか。
めちゃめちゃ長いマフラーができそうだな(オイ)

もう後は無事に当日を迎えるだけ。
終わった日の夜は何を食べに行こうか相談してる。

結果が出るのはまだでも、入試が終わったお疲れさま会はやりたいよね。
リハーサル
2014年01月12日 (日)
当日の服装で過去問を通しでやってみた。
問題自体は今までに何度かやったことのある昨年度のものなので
内容というよりも当日を想定して心の準備的なリハーサル。

服装は何でも良いとは言っても一応は入学試験なのだし
卒業式とまではいかなくてもある程度はきちんと格好にしたいと思って。
礼を尽くすじゃないけど。

このあたりはオットも同じ考えだったので嬉しかった。
こういう感覚っていろいろあるからね。
大事を取って、とか念のため、というところも似ているので良かった(笑)

卒業式用に白のブラウスにリボンも買ってあるし
スカートも普段から履き慣れているので大丈夫。
でも上はジャケットではなくて動きやすいように紺のカーディガンにした。
腕をまくっちゃう人なのでニットの方がいいと思って(笑)

ブラウスの下にはヒートテック肌着を着るし
想像するに教室もおそらく暖かくしてくれるような気がしているので
カーディガンを脱いで調整するようには言ってある。

でもなー、友達の子が模試の間中コートを脱がずに受けたらしく
理由は・・・面倒くさかったらしい。
コートの置き場を考えるのも嫌だったとか(爆)

うちも本物の面倒くさがりだから目に浮かぶようだ(汗)
だからもし暑かったら腕まくりで調節してくれ(違)

時間も計っての過去問通し。

ムスメは「いつもみたいに準備体操(計算)をやってないからなー」と言ってた。
確かに普段は勉強のスタートは計算プリント1~2枚をやってからだもんね。

でも当日は試験会場ではできないし、出発前に朝からやってく??

模試の時も朝早く起きてご飯食べて出発~だったから計算はやってなかった。
当日は合不合と同じくらいの出発時間になるかな。
だから模試と同じ感じだね。会場に着く頃には目も覚めるってもんだ。

・・・本当は当日の朝も計算くらいやらせておいた方がいいのかな。

うーん・・・でも英検の日も当日は何もやらなかったし(一緒にしていいのか?)
集中力のある子なので始まればガシッとテストモードになると思う。

集中しすぎて視野が狭くて問題も見落とすけどね(涙)

というわけで準備運動(計算プリント)なしでやった通しの過去問の
出来具合はまずまず。

とにかく算数のポカミスにロックオンしてチェック。

・・・やっぱり1問やってた(涙)
図形の面積を出すのに図に書いてある14cm4cmと書き写してた。
もうね・・・どうしようね。

その他はできていたかな。
既に何回かやっているので丸々喜ぶわけにはいかないけど。

そういえば何かで読んだけど
「普段からミスする子は本番でもミスをすると思っていた方がよい」
らしい。

・・・了解しました。

だけど成長が見られたのは見直しをしたこと(驚)

最後の大問はややこしくて、少し考えてみたけど無理そうだったので
すぐ1つ前の問題を見直してみたら計算間違いを見つけて直したとのこと。

おぉ~、すごいじゃん、見直しも初めてじゃない?
しかも間違いを見つけて直したなんて。

・・・って、その前に計算間違いをしてたのかーーーー(脱力)
それも相変わらずの2ケタ同士のたし算ですが(汗)

だけど間違いを発見できて、それを直したおかげで
不正解にならなかったという実体験ができたのは良かったかも。
今まで散々言われてたことが納得できたかな。

どうして今回見直しをしたのか聞いてみたら
「できない問題よりもできる問題を確実にやること!というママの声が
 急に頭の中に流れてきた」んだそう(笑)

しつこいくらい言ってきたのも無駄じゃなかったってことか。
「寝てる横でも時々ささやいておいたからかな」とウソを言ってみたら
「そうなのーーー!?」と半分信じてた。素朴な子だ(ごめん)

しかし服装が本番と同じということで
わざわざこのために着替えたのもあってか向き合い方が違う。
字も心なしかよそいきの字で書いてあるし全体的に丁寧。

単純っちゃ単純だ(笑)

でも当日を想定してやるのって緊張感が違うのは私もわかる。
だからリハーサルって大事だなと思う。