FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ひょっこり
2019年01月08日 (火)
前に報告を書いてから1年半。
ムスメは高校2年生になり、今春にはついに高校3年生。速い・・・速すぎる。

イマドキの子のようにTwitterやインスタをやってはいるものの
やはり運動部、忙しくて遊びに行く暇もなく、私服よりジャージ系が多い状態。

でもインスタには盛り盛りのプリクラばかり載せてたり(既に誰かわからないほど・笑)
Twitterで「誰か今から遊べる人~?」なんて
昭和世代からしたら不自然な(ぶっちゃけ暇な)呼びかけをするよりは
ジャージのまま寝落ちするくらい忙しい学生生活の方がいいな、なんて思う今日この頃。
(着のみ着のまま寝てしまうのは女子的にはどうよって話だけども)

高校2年生でもインターハイに出て、その他にもいくつか全国大会に出たので
このまま競技を続ける進路を選択することになった。

受験で途切れさせたくないという本人の希望もあってスポーツ推薦の一択。

世の中のオープンキャンパスは夏休みに集中するのだけど
夏はインターハイもあってなかなかハードスケジュール。。。
でもスポーツ推薦では高3の夏休みに見に行っていては遅いので
何とか隙間を縫って、練習場や練習環境なども見学してだいたいの志望校も決まってきた。

試験日は他の推薦入試と同じで秋以降だけど、春先には双方で話が決まっていることが多い。
高校野球の金足農の子も甲子園で注目された時には行く大学が決まっていたそうだし。
(その後大学に話をしてプロ志望に変更したとか)

なので同級生よりも少し早めに動かないといけないスポーツ組。

でも考えないといけないのが、競技面だけで学校は選べないということ。
競技だけで学校を選ぶと、「ソレを抜いたら何が残るの?」になってしまうし
大学を出た後に仕事に就くことを考えると、競技「だけ」で選ぶわけにもいかず。

ムスメは特に就きたい職業もまだなく(相変わらず受け身・笑)
これをやりたい!という強い希望も特になく。

じゃあ何でもいいというわけではないし
競技と学業を両立するということで、興味のあるものを学んで欲しいし
両方がバッチリ揃うことってなかなかなさそうなので、大学選びは難しいと実感してる。

スポーツ推薦はラクだってイメージを持たれがちだけど
よっぽどの有名人ならいざしらず、それ以外のフツーの子達はいろいろ難しい。
どこを目指すかというのも人それぞれ、大学それぞれだし
何よりスポーツ枠の募集人数が少なかったりもする。
※募集人数が多い場合は、その分競技人口も多かったりする(苦笑)

いくら良い成績を収めていたとしても、自分より戦績が上の人がいたら負ける。
一般受験と同じ。
スポーツ推薦だからってオールスルーで通れるわけじゃない(当たり前か)
なるべく良い選択ができるように、また親子で相談しながらやっていこう。

ま、あれこれ言ってても来年の今頃にはもうとっくに決まってるわけで(笑)

さぁ、これから1年、充実した年になりますように。
スポンサーサイト



そして高校生
2017年07月07日 (金)
誰も見ていないかもだけど(笑)


ムスメはこの春から高校生。
中学生活の3年間はまわりも言っているようにあっという間だった。
中高一貫だからまだ(もう?)半分だけど
それでもあっという間に過ぎてしまった。

中高一貫のおかげで部活も中断することなく続けられて
中学受験を志望した理由のひとつでもある
「途切れることのない6年間の学校生活」を
文字通り送ることができていてありがたい。

中学では予想外の運動部に入り
土日も夏休みも部活漬けという予想外の生活に(苦笑)
でも何か夢中になれることに出会えることはシアワセ。
若いうちは忙しいくらいでいいと思うもん。

高校でも引き続き忙しくしていて
インターハイにも出場することが決まったところ。
まさかの部活選択がこんな方向へ行くとは・・・(驚)

だけどムスメのおかげ新しい世界を日々体験させてもらってる。
こんな毎日を4年前(小6)には想像もできなかった。
それだけ子供の可能性ってすごいんだろうし
この時期の出会いって大きいんだなと思った。

勉強の方は・・・相変わらず塾も何も利用せず。
でも立ち位置はやや下降かな(汗)
まわりは部活頑張ってる割にはと言ってくれるけど
貯金を食い潰したなという状況。

国語が悪いのは小学校時代と変わらず(ちーん)
社会の暗記物もやっぱり苦手。
数学と英語はやっていない割には上位のまま
理科もやはり分野で大差あり。

ムスメは文系選択になるんだけど、国語が(恐)

でも大学は推薦入試のつもりなので何とか・・いや、小論文がー(叫)

大学についても考えていかないといけない高校生。
ホント早いなぁ(遠い目)

本人の希望で今の競技が続けられる大学を選ぶことになりそうで
これから高校生での競技成績によってはスポーツ推薦も選択肢になりそうで
これも中学受験する頃のイメージとは全く違ってきてる。

こうやって書いてみると
親は子供に寄り添って、子供の伸びる方向へ
フレキシブルに考えていった方がいいんだなと思った。

こんなはずじゃない、こんな予定じゃない、なんて
そもそも予定なんて親が描いてた予定だしね。

さぁ、ここから3年間もムスメと一緒に走り抜けよう。