FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢字検定(5級)合格
2014年05月19日 (月)
記録するのを忘れていたので今さらながら。

漢検5級は受験が済んだ6年生の2月に受けて
結果は3月にはきてたけど卒業入学のバタバタで記録し忘れて今(汗)

ということで結果記録。

1398912284540_20140508142014191.jpg

合格~。パチパチパチ。

結果は200点中188点。

1398912279756.jpg
1398912277672.jpg

これまでの結果は

10級・・・満点
9級・・・・1点減点
8級・・・・4点減点
7級・・・・5点減点
6級・・・・4点減点
5級・・・12点減点

さすがに5級はバタバタしながらだったからか2ケタ減点(残念)

「音と訓」「四字の熟語」「対義語・類義語」で1問ずつ、
それから「書き取り」で3問も間違えてた。
どれも1問2点だからなー、書き取りで-6点もあったのか。
そりゃこの点数になるのも納得(汗)

でもどちらも忙しい時期に受けて合格、お疲れ様でした。

--------------

小学3年生の夏休みから始めた漢字検定。

漢字の先取りは特にしないつもりで、その学年の総復習として
学年の終わりか翌年の夏休みに受けてきた。

6級(5年生相当)はさすがに一番ハードな時期だったので
受けずじまいで6年生の秋に受験の見通しがついてからの受検。

そういえば5年生の後半なんて5週に1度の組み分けテストが続いていて
それに追われるように理科と社会は範囲を終わらせないといけないし
算数は内容的にも一番キツかった5年生後期。

加えて5年生の1月には英検2級を受けよう、なんてしていたので
今思い出しても息が上がるような頃だった(ぐったり)

中学受験が終わってから6年生相当の5級を受けたので
受験用としては全く邪道なんだろうけど(笑)

でも受験向けでやってもいないし、ギリでも受かればヨシというのは
漢検ではちょっと違うかなと個人的には思っているので
(漢検の級が受験の際に加点とか審査に有利とかなら別だろうけど)
できるだけ満点を目指して・・・いや、満点に近い点数を目指して
これからも時期を見て受けていくようにしたい。

中学からは学年ごとの区別じゃないんだな(今ごろ知った)

4級が中学在学程度、3級が中学卒業程度とのこと。
合格率も5級・6級では7割はあるのに、4級からは4割台に下がってる。
ひょえ~~、そんなに難しいのか?(汗)

ムスメの学校でも一般的に言われているのと同じように
卒業までに漢検3級と勧められているようなのでいずれまた。
スポンサーサイト
漢検(5級)受検
2014年02月09日 (日)
準会場にて5級(6年生相当)を受検。

一応学年相当なので、今回も過去問を一巡やっただけで受けた。

漢検 5級 過去問題集 平成25年度版

200点満点中7割程度ということで合格ラインは140点くらい。

さすがに今までよりは過去問の出来は低かったけど
低めに見積もってもだいたい8割5分くらいは取れてるので大丈夫かな。

失点するのは熟語の組み立てと熟語の音訓の組み合わせを選ぶもの。

熟語の組み立ては「上の字が下の字を説明している」とか「反対の意味」とか
そういうものを選ぶ問題。

だいたいここは間違えることが多くて、でも直してみるとスンナリわかる。
どうも声に出して読むと「あ!」と思うらしい。
でも試験中は声出せないからね(苦笑)

熟語の音訓は6級の時もよく間違えてたなぁ。

でも過去問を通しでやってみると、同じ文字が何度か出てくるので
要注意な漢字、ムスメが苦手な漢字というのもわかってくる。
「場」や「地」とか。

でも今回は知らない熟語ってものが混ざってることも増えた。

「節穴」とか「絹地」とか「若気」とか。
それぞれの字は知ってても読めないっていう(苦笑)
だから音訓のどういう組み合わせだっけ~?なんていう以前の問題。

本を読まない子なので、せめてこういう機会でいろいろ触れて欲しいもんだ。
やっぱり次の4級もやっておこうかなぁ。

受検後の本人の感想は「まぁまぁ」とのこと。
やっぱりボキャブラリが少ないようで(爆)

結果は40日後くらい。
卒業までに届くといいな(笑)
漢検過去問(5級)
2014年02月05日 (水)
2月頭に準会場で漢検5級(6年生相当)を受ける予定。

入試が終わってからはコレしかやってない(苦笑)

漢検 5級 過去問題集 平成25年度版

過去問13回分。

第1回分は171点(200点満点)でこれまで見た中では一番低い。
学年相当だからまだ習っていないものもあるからかな?

よく出る字があるので、回を追うごとに段々と点数は良くなってきて

171点→179点→184点→181点→191点→193点→
190点→194点→182点→190点→185点→193点→191点

という感じ。

ちなみに合格点は7割程度140点くらいなので
このままの様子なら大丈夫かな。

でも漢検は受かることだけが目的というわけではなくて
できるだけ満点に近いところで合格して欲しいもの。

しかしポカも相変わらずあるんだよなぁ。

送り仮名を書いていなかったり、横棒が一本足りないとか(不注意)
選択肢をカタカナで答えるものを平仮名で書いていたり。

やっぱり直らないものなのね(涙)

さて、受験が終わってからはコレしかやっていないわけで
コレが終わってしまった後はどうするか(苦笑)

漢検4級でもやるか?
漢字は先取りがしやすいからなぁ。どうしようかなぁ、うーん。
漢検(6級)予定
2013年10月10日 (木)
11月頭に準会場で受けることにした漢検(6級)
漢検はしばらく中断していたけどここにきてまた再開しようかなと。

2学期になってから志望校を意識して受験勉強をするようになって
ありがたいことに現状維持でやっていけばいいということがわかってきたので
時間的にも気持ち的にも少し余裕が持てるようになったからかな。

ちなみに漢検は4年生の2月に7級を受けて以来。

希望としてはちょうど今頃に5級(6年生相当)を受けておきたかったけど
昨年度は漢検をスルーしてしまったので仕方ない。
そんなところまで考える余裕がなかったという話も(汗)

ホント、5年生の時は余裕なかったもんな。
英検もあったしね。

ということでまずは6級。

こういうのは飛び飛びでもいいのかもしれないけど
2年生で10級・9級(ダブル受験)、3年生で8級、4年生で7級と
順番に1つずつ受けてきているのでね。

多少時間的にゆとりが出てきたとはいえ、この時期はなかなか
予定なしの週末も少ない中でちょうど合う日があって良かった。

漢検は英検と違って準会場は日程が多いのだけど
準会場によってやる時とやらない時とあるのでこれまた予定が合わなかったり。
特に中学生向けの塾だと中学校の定期テスト前の日程はパスしたりするようで。

なので無理かなと思ってたら今までと違う会場が見つかったのでそちらで受検。

ということで日々の漢字はこれをスタート。

漢検 6級 過去問題集 平成25年度版

過去問が13回分入っているので1日1回分ずつ。

今月は週末に合不合や模試などいろいろ入っているし
修学旅行もあるので試験までに何とか一巡できるかな・・・というところ。

しかし何回分かやってみたのを見ると漢検はできちゃうんだよなぁ(はて?)

200点満点で190点前後。(合格基準は7割程度=140点ほど?)

1問1点か2点なので5~6問間違いくらいでほぼ書ける。
ちょっと書き順がマズイかな?というところはあるけど
書き取りに関してはほぼ書けてる。

うーん、四谷の模試の漢字もこれくらい欲しいなぁ(爆)
漢検(6級)の予定
2012年08月05日 (日)
毎年の夏休みの定番、漢検の過去問。

漢検6級過去問題集〈平成24年度版〉

いつも夏休み下旬の試験だったので、夏休み序盤にダーッとやるのにピッタリで。
3年生の夏休みには10級と9級、4年生の夏休みには8級をやってきた。

4年生の2月に7級を受けて学年相当に追いついているので
次に受けるのは5年生範囲の6級。

漢字自体は全て網羅している(つもり)だけど
使えるかはまた別モノなので漢検の過去問は必須。

でも今年は8月の試験日が都合で受けられないので試験は先送り予定。
なのでついつい過去問も先送り状態。

というかね、学校の漢字の宿題が多いんだよーー(汗)
それもわかってる文字ばっかり書かせるとか、何度も同じ熟語を書かせるとか。
どちらかと言うと熟語が使えない子なので、いろんな言葉に接したいんだけどな。

学校の宿題は漢字も計算もとにかく一律指定だからもどかしい。
簡単なものはできるんザマス!というんじゃなくて
得意なところ、不得意なところは子供によって違うと思うのでね
できれば不得意なところや力を入れたいところを自主的にやらせて欲しいなぁ。

なので夏休みの漢字枠と計算枠は予定では漢検過去問と一行問題集だったのが
学校の宿題をやれる日にちでペース割して、それが終わるまでは学校宿題枠に。
漢検もまだ受けるのが先だからというのもあって、つい先延ばし(苦笑)

学校の宿題は全日程を使わなくてもこなしきれるので
終わり次第、漢検と一行問題集に移る予定。

学校の宿題と家の漢字・計算と両方やればいいじゃん、って話もあるけど
実はそれ以外にも他の宿題やら、プールに行くとか旅行に行くとか
予習シリーズの算数・理科・社会に時間がかかるなどなど、いろいろあって。

漢検過去問の前にもまだトレーニングノートが途中までなので

漢字検定6級トレーニングノート―合格への短期集中講座

先にこちらを済ませよう。
分野ごとに集中してやれるものなので熟語、同音異義語などやりやすいしね。
巻末には模擬テストが5回分載っているのでまずこちらからだな。

漢検6級(5年相当)は11月あたりに受けたいところ。

本当は2学期から6年生範囲の漢字も軽めのドリルでやり始めて
途中10月頃から6級の過去問を再度やって(この夏休みに一巡目予定だった)
11月に6級を受けたら、また6年生範囲のドリルに戻って
冬休みには5級の過去問をやって2月に受検・・・なことも考えてたけど無理(笑)

5級(6年相当)はできれば6年生の上半期で受けたいんだけど
来年度も6月・8月の日程は多分どちらともに日程が合わないだろうし
秋以降となると受けていられないだろう・・・というか
その頃には6年範囲はきちんとできるようになっていたいし。

あれもこれもは良くないけど、でも漢字もおざなりにはできないし。
特に漢字は学校のテストではできても四谷のテストではできてませんから~(汗)

まぁ漢検を持っていなくても漢字がきちんとできればいいわけでね、
ムスメみたいに漢検では少しの失点で合格していてもテストで書けなきゃ
お話にならないって話だよね(汗)

しかし、こういう日程なんかを考えると残りが1年半くらいだと実感する。
来年の秋以降はこういう予定(英検・漢検)を省くとすると実質1年間しかない。
その間にやりたいことまだまだあるんだけどなぁ。

検定モノに限らず予習シリーズの予定なんかもそうだけど
後になって「時間が足りない~~」とならないように
あまりキチキチに詰めはせず、でも先を見越して予定を考えなくちゃな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。