FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
TOEIC Bridge(結果)
2014年04月16日 (水)
3月に受けた初めての TOEIC Bridge の結果が届いた。

パソコンでスコアが見れるかと楽しみにしていたのに
TOEIC Bridge は対応していないそうで郵送のみ。

DSC_4074.jpg

スコアは146

内訳はリスニング=80、リーディング=66

リスニングで稼いだな(笑)
家で模擬問題をやったのと同じような結果だったかも。
ということは、やっぱりこのあたりが実力ってことで。

スコア150以上がTOEICへ移行の目安みたいで
初めてだし、年齢のことを考えれば十分すぎる出来だったんじゃないかな。

それから分野ごとに出るらしいサブスコアというもの。

DSC_4075-1.jpg

今回受験した受験者と比較して、
どの程度できたかを1~3の3段階で評価するもので
数値が高いほど、ほかの受験者に比べて評価が高いことを意味する


というものらしい。へぇ。3が1番良いってことか。

・Function(言葉のはたらき)・・・ 3
・Listening Strategies(聞く技術)・・・ 2
・Reading Strategies(読む技術)・・・ 2
・Vocabulary(語彙)・・・ 2
・Grammar(文法)・・・ 3

「言葉のはたらき」というのは
どのような目的と意図(例:何かの申し出・要求・時間を伝える・指示・
情報収集など)で英語が使用されているのかを理解できる

というものらしい。なんか漠然としてるような(笑)

ムスメはこの「言葉のはたらき」と「文法」がよかったみたい。
全体を何となくわかるっていうのは多読とか
英検の長文問題を読んできたからかな、と思ったり。

文法の方はこちらも中学教材を1学年ごとに一緒に見てきて
一応のきまりは押さえてきたからかな。

とはいえ、聞いて(読んで)必要な情報をつかむ、
話の要旨を見極める、内容を推測する・・・という技術は低めに出てるので
まぁ目安ということで。

語彙が足りていないのは十分自覚しておりますです、はい。

トータル146というスコアはTOEICに換算すると440くらいとか。
英検2級だと150~155というのも何かで見たので
2級はギリギリ、もしくは若干足りてません~かも(苦笑)

だけどリーディングパートのところも実践問題はやったけど
間違えたところをきちんと解説しなかったし(忙しくてできなかった)
今までのような準備はしないで受けたので本当によくできてたと思う。

この先は・・・英語の検定関連はひとまずこれくらいでいいかな。

中学校の生活が忙しくなりそうだというのもあるし
英検も次(準1級)は壁が高すぎるし
TOEICは特に必要もないし、Bridgeの方も今回受けてみて
これくらいかとわかったのでひとまずいいかなと思って。

Bridgeの教材は良かったので、自宅勉強ではこれも使ってみながら
また力試しをしたい時がきたらTOEIC Bridgeを受けようかなと思う。

・・・私が受けたらどれくらいなんだろう(爆)
スポンサーサイト



TOEIC Bridge 受検
2014年03月13日 (木)
日曜にTOEIC Bridge を受けてきた。

これまで英検もずっと近所の準会場でやってきたので
こういうテストでは初めての公開会場。
大きな会場・・・とかよりも場所が遠いのが問題(汗)

おのぼりさん状態で都会へ。
TOEIC Bridgeはトータルで100分のテストなので
説明やその他でも2時間ちょっとで済むので待つ身としては助かる。
会場の中に待つスペースもあったので待つのみ(笑)

ムスメは初めてのテストで気になりつつ
でも疑問を持たずにフツーに一緒に出掛けてきた。
いいのか、騙されやすいタイプじゃないのか?(違)

大人ばっかり?と聞くので、TOEIC Bridge は学生さん向けだから
高校生あたりが多いかもね、なんて答えてみた。
何といっても私も受けたことがないのでね(苦笑)

行ってみると同じくらいの小学生もチラホラ。
低学年くらいの小さい子も意外といた。すごいなー。
お兄さんお姉さんだけでなく、おじさんもいたりして。

ムスメの隣はおばあちゃんだったそう(笑)
携帯の電源の切り方がわからず事務局預けになったとか。
テスト中もちょっとブツブツ独り言を言いながらやっていたそうで。
ムスメはこういうのは気にならないらしいので良かった。

これまでの英検ではどんな問題が出たかも覚えて教えてくれていたけど
さすがにスピードに追われてダダダーッとやったテストだからか
腑抜け状態で出てきて、記憶もあまりなく(爆)
相当集中していたみたい。

個人申込みならネットで結果が見れるのかなーと楽しみにしていたら
TOEIC Bridge はネット公開サービスはやっていなんだそう。残念。

前日の土曜は残りの第3回分を通しでやろう・・・と思っていたけど

CD付 受けてみよう! TOEIC Bridgeテスト 完全模試3回分

リーディングパートをたくさんやりたかったので
まず手つかずの第3回。

         正解   問題数
パート4・・・ 16問 / 30問
パート5・・・ 15問 / 20問   <トータル 31問/50問>

あとは2巡目のものを。

CD付 受けてみよう! TOEIC Bridgeテスト 完全模試3回分TOEIC スピードマスターTOEIC Bridge公式ワークブック

●「完全模試3回分」の第1回。

         正解   問題数
パート4・・・ 22問 / 30問
パート5・・・ 16問 / 20問   <トータル 38問/50問>

●「TOEIC Bridgeスピードマスター」の模擬テスト

         正解   問題数
パート4・・・ 20問 / 30問
パート5・・・ 16問 / 20問   <トータル 36問/50問>

●「公式ワークブック」の実践問題

         正解   問題数
パート4・・・ 20問 / 30問
パート5・・・ 12問 / 20問   <トータル 32問/50問>

++++++++++++++++++++++++++++

2巡目は少しできるところが増えていたかな。
形容詞・副詞・動詞・名詞の4択から選ぶもののように
まず「何を聞かれてるか」がわかるようになったかも。

時間をかけて、必要なら理屈も教えてくり返せば
知識(?)としては増えるだろうなと思った。
いかんせん感覚でやってきているところも多いので(苦笑)

まだ英語が読めない時に読みを教えたら、英語の音と文字が繋がって
後はスルスルと読めるようになったのを見ているので
これから先も文法を教えていけば、また今までの感覚でやっていたものと
繋がっていくんじゃないかな・・・なんて。

中学で英語の勉強は始まるけれど、でも中学校の間は
多分学校頼みは期待できないので家で計画した方がいいかな。

次の英検とかTOEICとかで考えてるわけではないけれど
でも今回のTOEIC Bridgeでは教材を通して私も勉強になったし
ムスメに必要なことも何となくわかってきたので
こういうテスト向けの教材を利用していくのもいいかも。

TOIEC Bridge は受け続けるかどうかわからないけど
この3冊の本の模擬テスト類はとても良かった。
1つ1つをきちんと見直せていないし、説明もアッサリやっちゃったので
もう少しこの教材をくり返していってもいいかな。

検定やテストを受けると、こうやって現状とか先のことを
考える機会になるので個人的にはいいもんだと思ってる。
自分が受けるわけではないんだけども(笑)

・・・で、TOIEC Bridge の結果はいつ出るんだっけ。
「試験日より35日以内に発送」だそうなので英検よりも長いかも(苦笑)

届く頃には中学生。
合否ではないし、これからの英語の勉強の張り合いになるといいな。
完全模試(第2回)
2014年03月07日 (金)
3回分収録の模試の第2回。

CD付 受けてみよう! TOEIC Bridgeテスト 完全模試3回分

時間もあまり取れないのでリーディングパートのみにした。
リスニングは8割程度取れてるのに
リーディングは6割前後だからね(汗)

結果は

         正解   問題数
パート4・・・ 17問 / 30問
パート5・・・ 10問 / 20問

リーディングのトータル 27問/50問


ありゃりゃ・・・。
第1回が29問できてたのに、さらに下がってる。

何だかやっつけ感満載な気もするんだよなぁ。

問題ちゃんと読んでるのか??という間違いもやってるし
なんでこんなとこ間違えた??というのもあるし。

普段は間違えた箇所をテキストで見て確認してたんだけど
今回はちょっと問題ページをコピーしてみた。何か久しぶりのコピー(笑)

問題を一緒に読んで文章に印をつけたり選択肢にも書き込んだり。
あぁ、これも何だか懐かしいな(笑)

苦手なのはやっぱり動詞・名詞・形容詞・副詞から選ぶもの。
問題の文章の意味はわかっているのに選択肢は間違えてるのが多い。
雰囲気で読んでるからなぁ。

言ってることはわかるけど自分で文が作れないってことだよね。
だって読めるけど、虫食いになってると正しいものを入れられないんだもん。
でも実は一緒に見てみると私も怪しかったりする(汗)

この「完全模試3回分」は別冊の解答が見やすくてやりやすい。
そこに書いてあるワンポイントも一緒に押さえておく。

ムスメ自身も何か今までと違う・・・というか
単語にしても「前やったもの」ということは覚えているけれど
意味がかなり抜けてるみたいで、戸惑っているみたい。

オットにも「かなり忘れちゃってるみたいなんだよねー」と言ってたらしい。

使わないと忘れるんだなぁ、確かに。
私も見たことはある単語は多いんだけど、その先が(苦笑)

ムスメも思った以上にわからない、できないと目の当たりにしたので
コピーして前みたいにきちんと見ていくのは落ち着くみたい。
もうちょっと早くやってあげたらよかったなぁ。

ただ、わからない=難しいというわけでもないようで。
確かに難しいものもあるんだけど、そういうものばかりでもなくて
わかりそうなのにわからないとか
文の意味だけで見れば簡単な文章なのに穴埋めで単語が選べないとか。

アプローチが完全に違ってたんだなぁとやっと思った。

テストは日曜なので今さらどうしようもないんだけど(苦笑)
とりあえずやって間違えたところの確認はきちんとしておこう。

ホント、もうちょっと私が気をつけてあげたらよかった。
スコアだから現状を知るためにとは言っても
見直して確認してわかるところがあるんだったらそれはそれでいいしね。

土曜は時間があるのでこの完全模試の第3回をリスニングから通しでやって
あとはリーディング部分だけをピックアップしてやっておきたいな。
完全模試(第1回)
2014年03月06日 (木)
少し前に買っておいたものをやってみた。

実は週末など時間がある時にやってはいるんだけど
ここに記録する時間がないという。私の問題か(ごめん)

CD付 受けてみよう! TOEIC Bridgeテスト 完全模試3回分

これは純粋に模試(3回分)だけが載ってるもの。
別冊の解答がとっても見やすい。


第1回の結果は

         正解   問題数
パート1・・・ 14問 / 15問
パート2・・・ 17問 / 20問
パート3・・・ 13問 / 15問
パート4・・・ 19問 / 30問
パート5・・・ 10問 / 20問

トータル73問/100問

●リスニング   44問(50問中)
●リーディング  29問(50問中)

ちなみに前の2回とトータルはほとんど変わらず。
(スピードマスター・公式ワークブック)

これまでやった分の変遷を見てみると

●リスニング   41問→42問→44問(50問中)
●リーディング  33問→32問→29問(50問中)

リスニングは慣れてきたのか微増。
トータルの出来が変わらないってことは
・・・リーディングが下がってるってことだ(汗)

そうなんだよ、何だかやればやるほど下がってて。
見直しをしてみると、コレは仕方ないなーというものもあるけど
オイオイというものもちょいちょいある。

間違えたうちの3割くらいは「オイオイ」な気がするから
20問間違えてるとしたら6問くらいはまだ伸び代があるような。

ちょっと希望的観測入ってるかも、だけど(爆)

とにかく形式に慣れること。
リスニングが全て1回、メモ取れず、問題用紙記入厳禁というのは
もうだいぶ慣れたみたいかな。

リーディングは時間が10分くらいは余っているらしいので
もう少し熟考してもらいたいんだけどなぁ。
実践テスト(公式ワークブック)
2014年03月05日 (水)
今度は公式ワークブックの最後の方に載っている実践問題。

TOEIC Bridge公式ワークブック

結果は

         正解   問題数
パート1・・・ 13問 / 15問
パート2・・・ 15問 / 20問
パート3・・・ 14問 / 15問
パート4・・・ 17問 / 30問
パート5・・・ 15問 / 20問

トータル74問/100問

えーと、個々の違いはあれど、この間やった別の問題と同じ点数(笑)
リスニングが1問上がって、リーディングが1問下がってトントン。

答え合わせをしていて、リスニングは調子が良いので
おぉ~、前よりイケてる?と思ったけど
リーディングの答え合わせをしていくうちに「・・・(汗)」

でも終わってみるとリーディングも前回より1問少ないだけ。

・・・前回もこれくらいは間違えてたってことか(汗)

リスニング   42問(50問中)
リーディング  32問(50問中)

やっぱりリーディングを何とかしないとなぁ。

と言っても間違えたところを確認してみる程度で
英検の時みたいに膝つき合わせてやってるわけでもなく。

何となくだけど合否が出るわけではなくて
現状を知るためのスコアというように思ってるからかな。