FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
二次面接詳細(英検2級)
2013年03月08日 (金)
ホッとした合格発表から数日、点数の詳細が発表になった。

これまでは紙の成績票を準会場からもらうまでわからなかったけど
ここも今回からネットで自力で見れるので素早い。

2次詳細

リーディングが4点というのは嬉しい。
多分何となくしかわからない単語もあったはずだろうしね。

Q&Aはまとめて書いてあるからわからないなぁ(苦笑)

問1(カードの文章内からの質問)5点分、問2(イラスト説明)10点分、
問3(バイオレンス映画を子供に見せるのはどう思うかって質問)5点分、
問4(喫茶店での禁煙が今後増えると思うかって質問)の5点分の計25点。

どうせなら1つずつの点数も教えて欲しいなぁ(笑)

推測してみると、問1=4点、問2=5点、問3=3点、問4=4点・・・あたりか。
またはイラストの問2で6点で、後半2つの質疑応答が3点ずつとか(あり得る)

アティチュードは1点で「普通」なので充分。

ちなみに3級の時も1点だったし
準2級はリーディング・Q&A全て満点という絶好調にもかかわらず
アティチュードだけが1点減点されて2点という結果だったからね(笑)
だから1点でも我が家としては全然問題なし。

普段家で勉強を見ている親の私から見ても熱意が感じられないし(爆)
内心は実はテンパっていてもそういうのが表に出ない子みたい。
冷静に見えて良い時もあるだろうけど、こういう時に熱意は感じられないね(笑)
淡々としてる子だからなぁ。

面接練習のレッスンをしてもらった先生にも合格発表の日に報告メールを送った。
頂いたお返事には

今回の試験結果は21点でしたが、年齢、お嬢様の個性、
そして帰国子女でない事を考えますと、快挙ですね。

点数だけ言えば、パターンで覚えていく生徒さんの方がもしかしたら高い得点を
取れたかも知れませんが、将来的にはお嬢様のように自由に発想し発話出来る方が
世界に通じる英語を話すようになると信じています。
お嬢様には是非日本語と英語の両方の力を持った国際人になっていただければと願っております。


とも書いてあった。

年齢、条件(非帰国子女)はわかるとして・・・個性って(爆)
やっぱりここでもパターンに沿わないオリジナリティを出してたってことか?
毎日接していて勉強も見ている私は重々わかっているけれど
こんな短期間接しただけの先生にも見透かされるとは。

相手に合わせないというのもムスメの個性のひとつかも(笑)
気を遣ったり慎重なタイプでもあるんだけど自分を通すっていうかね。
これはこれで羨ましいような、でも時と場合によっては損をすることもあるので
親としてはちょっと心配なような。

学校の担任の先生も同じようにムスメの個性(特性?)を理解してくれていて
今年度はとてもありがたく思っているので
こうしてムスメのクセや個性を理解してくれる人に引っ張り上げてもらえる方が
伸びるタイプなんじゃないかなとちょっと思ってる。

だから個性を大事にしてくれるようなのんびりとした女子校が
ムスメには合うんじゃないかな~とも思うんだけどね。

二次練習の先生をはじめ、その他の関係各所(笑)にも報告&お礼参り。
皆さんに応援してもらっていたからね。応援ありがとうございました。
スポンサーサイト



英検2級 合格
2013年03月05日 (火)
二次面接の結果が出た。

これまでは準会場に成績票が届くのを待ってたけど
一次の成績表に英検IDとパスワードが載っていたのを知って(今ごろ)
英検HPで結果が閲覧できるので初めてのネット発表。15時前からドキドキ。

2次結果

無事合格(嬉)

ギリギリだったー。危なかったーー(汗)
だけど合格は合格なので、大いに褒めてあげたい。

準2級ではアティチュードで1点減点されただけで
あれから1年、英語力もだし内面的にも成長しているので
あんな点数は無理としてももうちょっと取れてるかな~なんて思ってたんだけど
やっぱり2級の壁は厚かったらしい。

でも本当によく頑張った。改めてすごいなぁと思う。

英語教室に通っていながらも「英語しゃべりたい」と言ったムスメに
じゃあ家でも何かしてあげよう、と英語絵本の音読を考えたのが2年生の秋。

それから平行して文法も少しずつ教えていくようになって
基本がわかってきたら次はどうしよう・・・で、中学1年の英語ドリルに進み
力試し・目標にもなるかなと英検5級を受けることを考えたのが3年生なりたての頃。

5級の後には中学2年の英語ドリル→4級、中学3年の英語ドリル→3級と
3年生の間に1年間で進むことができた。
ここまでは中学生のドリルが充実していたので流れに沿って迷わずに済んだ。

準2級に進む前に英文法のレベル別問題集をやって仮定法も学んで
1年近くかけて準2級を受けたのが4年生の終わり。

それからまた1年かけて2級に向けてコツコツと過去問に取り組んできて
5年生のうちに2級まで取ることができた。

思えば英検を意識し始めた頃に「小学校の間に3級まで・・・なんてね」と
書いていたんだけど、それを通り越してここまで来れるとは本当に驚いてる。
受験との兼ね合いも考えて5年のうちに・・・と欲をかき始めたらそれも叶った。

コツコツ頑張れば実を結ぶんだね。
ムスメもそれを身をもって感じてくれてると思うし
こういう経験がきっとこれからムスメの底力になってくれると思う。

何より英語が好きっていうのが一番強いんだろうな。
英語は勉強というカテゴリに入っていないみたいだもん(笑)

英検はこれにて小休止。

私も一緒に勉強するまで中学生止まりの英語だったし
英検も未経験という素人サポーターだったけど
ここまで併走できて、こういう経験ができて本当に嬉しい。ありがとう。

これからは会話力が伸ばせるような取り組みへシフトしてみよう。
自分の言いたいことがもっと話せるようになるといいね。
英検2級(二次試験)受験
2013年02月24日 (日)
英検2級の二次面接を受けてきた。


無事に終わったーーーーー。よかったぁ~~~(涙)


今年も無事に受けられて良かった~~~~。
本当にこればかりは体調と天候に毎年ドキドキする。
もう次こそは絶対他の時期にするぞ(と言い続けて冬に受けること3年目)

一次試験は近所のスクール(準会場)で受けさせてもらっているけど
二次試験は本会場のみなので遠く、人も多くて余計に緊張たりして(私が)

ムスメは数日前から「日曜日は試験だね」と言うようになっていたので
やっぱり緊張はしてたみたい。
でも本番に強いタイプだと思うので、言っているだけで
足が震えて・・・や、頭が真っ白でアワアワ・・・というのはないみたい。

会場に着くとあっという間に受付でそのままあっという間にお別れ。
いつもの英検の時のように、そしていつもの模試の時と同じように
「行ってくるね」に対して私は「行ってらっしゃい」で送り出す。
これはきっと中学入試の当日もやるんだろうな。

戻ってきたムスメはちょっとお疲れ気味。
(これは後でわかったけど、自分でも出来がわからず心配だったみたい)

今回は初めての男の先生だったらしい。
Webレッスンでも女の先生希望なので、昨夜も「女の先生がいいな」と言ってた。

でも男の先生になった時にネガティブなイメージになるといけないので
「2級だと男の先生が多いかもしれないね~」と言っておいた。
・・・何の根拠もないけど(爆)
負のイメージを持っちゃうともったいないからね(苦笑)

とは言え、男の先生でも優しそうだったようで大丈夫だったみたい。

肝心の内容はこちらからは特に聞かずにいたら
やっぱり気になるのか自分からアレコレと話してきた。
ところどころは曖昧だけど意外と覚えてて教えてくれた。

●パッセージの問題は映画館での話で読めない単語も特になかったらしい。
●Q1は答えを探すのに迷うことも特になかったらしい。
●Q2のイラスト説明も映画館での話で
  Mr.Sasaki was turning off his cellphone.とかなんとか言いつつ
  練習の時のように1コマにつき1~2文ずつは言ったとか。
●Q3の質問は「子供がバイオレンス映画を見ることはどう思うか」で
 → I disagree.で「他の映画を見た方がいいと思う」とか何とか言ったらしい。
●Q4の質問は「禁煙の喫茶店はこれから増えるかと思うか」で
 → Yes で「タバコは身体によくない。吸うことはまわりの人にもよくない」
  というようなことを言ったらしい。

Q3とQ4はどちらも1回ずつ「Parden?」と聞き返したそう。
英語は聞き取れてもさすがに1回では意味がわからないみたいで
ウェブレッスンでもそういうことがほとんどだったので
本番でも同じように落ち着いて聞き返して落ち着いて答えられたのは感心。

終了直後にムスメが心配していたのはやはりQ3とQ4で
特にQ4は禁煙なのか喫煙なのかがちょっと自信がなくてブルーだったみたい。
ネットでちょっと見てみたら禁煙ということのようなのでようやく安心してた。
(普通に考えてもご時勢的には禁煙だと思うんだけどね)

聞いている限りでは、映画館でのマナーや禁煙の話という
ムスメにもわかりやすいお題だったかなという印象で、ちょっと安心した。
テーマ次第というところも心配だったので(汗)

今回も最初の挨拶で「How are you?」と聞かれた時に
「I'm fine but a little nervous」と言ったらしい(笑)
そうしたら面接官の先生が笑顔で「大丈夫ですよ」というようなことを
言ってくれたそうで。先生ありがとうございます。

ムスメ自身も内容を振り返ってアレコレと言いながらも
最後には「でも自分の力を出しきったと思う」と言っていた。
自分でそう言えるっていうのが一番いいよね。よく頑張ったと思う。

++++++++++++++++++++++++++

HPでの結果発表は3月5日。

どうかな~。
問題すら知らない(回収されちゃうからね)ので何とも言いようがないんだけど
勝手な感触としては何とかいけてるといいなぁ・・・というところ。

実はこれまでは準会場経由だから・・・とそこからの連絡を待つ身だったのだけど
ふと、一次試験の個人成績票に記載されてる「英検ID・パスワード」で
もしかしたらWEB閲覧ができるんじゃないか??と思って少し前に試してみたら
一次試験の結果もWEBで見れたーーー。(成績表と同じものがHP上で)

そして二次試験の結果欄もあったので、この英検IDとパスワードで見れるらしい。

おぉ~、3回目にして初めて知った(汗)

ということで今回は初めてウェブで発表当日に見れることになるので
それはそれでドキドキ・・・結局は結果が出るまではドキドキってことだ(汗)

何はともあれ無事に済んでよかった。本当にお疲れさま。
二次面接レッスン
2013年02月23日 (土)
日本人の先生にお願いしている二次面接のウェブレッスン。
本日最終日(明日が試験当日なので当たり前)

テキストはこれ。

10日でできる!英検2級二次試験・面接完全予想問題

10日分の予想問題が載っていて、宿題をもらいつつひと通りやった。
予習をしておくように言われたこともあった。
最後の1回分は見ないように言われていて最終日はその1回分を模擬テスト。

先生と私は最初の問い合わせメールのやり取りと、初回レッスン時に話したことと
それ以降はムスメを通して指示を確認するくらいだったので
最後を前にもう一度メールをして感触や先生のお見立てを伺ってみた。

私と練習していても聞くたびに解答を変えることがよくあり
それがスムーズに出るなら構わないが詰まってしまっている。
上達するには模倣や真似も大切なことだと話してはいるが
ムスメはパターンプラクティスを嫌う傾向があること、などを書いた。

お返事は大変丁寧で

Q3とQ4については言いたい方向性を聞いて解答例を伝えると、
自分にとって言い易く、また少し変えた形にして文を述べることが多いです。
その上で訂正すべき箇所があれば直し、再度同じ問題をすると今度は完璧です。
芸術家肌で反復練習よりも独創性を好む傾向にあることも感じられます。

当初心配していました詰まってしまう所は良くなってきました。
コミュニケーションを取る姿勢があることを見せていますし
センテンスも何とか作り終えられるようになってきました。
テキストに載っていない質問をしても答えられています。

また質問が分からないまま曖昧に答えるのではなく、Parden me? と聞けますし、
沈黙はWell. と言うことで会話続行中の意思表示を示すこともできます。
Q1、Q2は良い感じで出来ています。


とのこと。
本当に親身になってくれる先生に出会えてありがたい。

反復練習より独創性を好む芸術家肌・・・
私からすると「言った通りにやらない頑固者」なんだけどなぁ。
物は言いようってことで、先生も気を遣ってるんだろうな(汗)

でも教わった通りだろうと自前の文章だろうと、
きちんと答えられればよいと言えばそうなんだけどね。
どうしても母の眼は厳しすぎるかなぁ(苦笑)

しかし本人は意外と私の知らないところではしっかりしてるのかも。
何となくそんな風に思うようになってきた今日この頃(他のことでもね)

何とか練習をしてカタチにすることはできたと思うので
あとは本番で頑張るのみ。そしてわかりやすいお題でありますように(祈)
二次面接レッスン
2013年02月19日 (火)
日本人の先生にお願いしている二次面接のウェブレッスン。
だいたい2日おきのペースで受けている。

テキストはこれ。

10日でできる!英検2級二次試験・面接完全予想問題

最初の2回はQ1(音読&質問)とQ2(3コマイラスト)を重点的にやってもらって
それ以降はQ3とQ4の質疑応答の部分をやってもらってる。

次回までに見ておくページを言われているそうなので
そこを一緒にやってみて、不明な点はレッスンで訂正してもらっているらしい。
最初だけ先生とはお話したのみで、後はムスメと先生にお任せなので。

予習だけじゃなくて以前やったところの復習もやってみると
先生と文章を決めていないのか、先生に言われた解答例を忘れてるのか
一回一回「えーと・・・」みたいに考えながら発話する。

うーん。
自力で考えて出そうとする努力も良いことだと思うけど
今は対策というか練習なので、書いてあることを真似てみる、
先生に教えてもらった言い方をくり返し言ってみるって大事だと思うんだけど。

ここは英語に限らずムスメには何度も話していることで
練習という意味合いでは真似することから始まるし模倣は大事。
真似やくり返しはカッコ悪いと思ってしまうんだろうか。
(そこまではまだ思ってないだろうけど)

ちょっと先生にお任せしてしまい過ぎたなと反省して
残り1週間は少し意識的に反復をしているところ。

しかしQ3とQ4は難しい。
中には私の英語でもムスメは質問の意味が取れない時もある。
つまりリスニングというよりも内容が「??」となってしまうみたい。

トンチンカンな返答をしなければ大丈夫とはいえ
質問の意味を取り違えて、反対のことを答えちゃう恐れもあり。
(賛成・・・なのに反対意見を述べてしまったり)

だってー、
「新幹線はこれ以上増やさなくてもいいという意見があるがどう思うか?」
なんて聞かれてもねぇ、日本語でも答えが簡潔に浮かばないよー(汗)

少しは先生に教えてもらってる・・・というよりも
先生はムスメが出した言葉を使って繋いでフィードバックしてくれてるみたい。
だから先生にOKをもらった文章を聞くとちょっと物足りなく感じることも。

私はムスメを毎日見ているし、中学受験の勉強をしていると
一般的なイメージの小学5年生よりは目標を高めに置くことに慣れてるので
これくらいは言えるだろう、と考えているんだけど
先生は「小学生」ということでだいぶハードルを低めにしてくれてる気がする。
手堅く無理をせず・・・とやってくれているのも実感する。

まぁね、ホームランはいらないので手堅く安打狙いでいいんだもんね。
満点はいらないっていう中学入試でも一緒か。

できれば二次も一回で通してあげたいのであと少し集中して頑張りたい。