FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
The Boxcar Children
2013年02月16日 (土)
すっかり読みやすくなった電子書籍。便利だー。

で、記念すべき(?)まともに読んだ本。
(1冊目はシリーズ物のスピンオフ版で短めだったので)

The Boxcar Children (Boxcar Children Mysteries)

The Boxcar Children ・・・YL:2.5 ●語数:16,803

SSS多読で調べると、YLを1.8と付けている人、2.5と付けている人がいた。

読みやすさはYL2.5あたりとSSS多読のHPで見ていて選んだので
まぁそんなところなのかな。1.8ということで・・・どうりで読みやすかった(笑)

amazonレビューにも
「やさしい英語で、こんなに楽しい作品があるのだなと驚きました」とあって
まさに同意。

読みやすいものを探すと子供向けだったり、内容で選ぶと英語が読めなかったり。
英語レベルと精神年齢(笑)に差がある大人は本選びも意外と難しくて。

そう思うと、これはものすごくありがたい存在。
文章や単語はとっても読みやすくてほとんどストレス感じずに読めた。
内容もなかなか良くて、別に何と言ってものすごい事件が起こるわけでもなく
ドキドキワクワクはしないんだけど、出てくる子達が良い子でねぇ。

「Boxcar Children Mysteries」と付いているのでミステリーなのか?
続編もたくさんあって、一応冒険ものや謎解きもあったりするみたい。

Surprise Island (Boxcar Children 2)The Yellow House Mystery(Boxcar Children 3)

シリーズ物とはありがたい。
1作目はちょっとワクワク感がなくて、それはそれで穏やかで良かったけど
もう少しスピード感があるものがいいなぁ。

謎解きがあるなら2作目も読んでみようかな。
ちなみにペーパーバックだと650円くらいで、kindleだと350円くらい。
でも本なら売ってリサイクルもできるんだっけ。なるほど。

とはいえ電子書籍の手軽さ、読みやすさに慣れてきてしまって(笑)
字の大きさが自由に変えられるというのもとっても便利だし
それに辞書が付いてるからっていうのもあるけど
そういえばこの本は辞書をほとんど引かなかったな。
だからストレス少なく読めたのか。レベルに合ったものって大事だな。
スポンサーサイト



電子書籍
2012年12月27日 (木)
少し前に私も電子書籍デビュー。

便利だー。寝る前にも読める~。だって明るいんだもん(当たり前か)
それに邪道だけど、単語も長押しすると辞書で教えてくれるし。
あまりに辞書を引くようでは、自分のレベルじゃないなということにも気付く。

初めて電子書籍で読んでみたのが

The 39 Clues: Rapid Fire 1: Legacy

80円。ビギナーにはもってこい(笑)

39cluesならきっとわかるだろう・・・と思って初挑戦。
読んでから知ったんだけど、どうも本編とは別のweb book用のスピンオフらしい。
どうりでムスメに内容を振ってみても知らないはずだ(笑)
そしてどうりで短め(安い)はずだ。

私には少し難しかったのだけど辞書もちょっぴり使って何とか読めた。
短さも手伝って、初の電子書籍での読書って楽しく思えた。

それで調子に乗って続きの2作目を買ってみたら
読めなくはないけど楽しめないというか、少し苦しく思えたので迷わず中断。
英語の本を読むのは無理しちゃいけないっていうしね(苦笑)

それでしばらくamazonを放浪。

これまで英語の本を買う時は、ムスメがいずれ読めるようにというのもあって
ムスメの好きそうな本を選んでいたけど、電子書籍ならひとまず好きに選べる。

それに何と0円というものも。著作権が切れているものはそうらしい。

例えば


The Wonderful Wizard of OzAlice's Adventures in Wonderland HTML EditionChronicles of Avonlea


こんな作品も無料。大好きな赤毛のアンもあるー(喜)
amazonで中身は見れないのだけど、無料なのでとりあえず購入。
でもちょっとまだ読めなさそうな感じ(苦笑)

とりあえず取っておいても邪魔にはならないので(ビバ、電子書籍)
いつか読めるといいな、ということで保留。

それでSSS多読のHPでお勧めの中からおもしろそうなものを。

The Boxcar Children (The Boxcar Children Mysteries, 1)

これまでに読んだものから見てみると「レベル3」でいいのかなと思って
そのレベルから選んでみた。

読みやすさレベルはYL3.5-4.5(私は3.5くらい)なのだけど
第1巻は非常に読みやすくYL2.5-3.5と評価されているようなので。

ちなみに「レベル3」はSSSの説明によると

レベル3が多読を一生の楽しみにできるかどうかの最大の山場です。
このレベル3で100万語を達成したら、それ以降は
順調に200万語でも300万語でも読み続けることができます。
そのためにこのレベル2-3の本をできるだけたくさん読むことをお勧めします。

レベル2までで読んだ本が少なかった場合、
レベル3にはいると困難を感じる場合があります。

レベル3になると大人にとっても読書する価値の高い児童書作家の作品が
どんどんよめるようになってくるので、幅広く読書の醍醐味を味わってください。


ということらしい。
レベル分けされていても読みやすさは個々で違うこともあるし
これはもう読んでみなくちゃわからないってことだろうな。
英語の大先輩の言葉を借りると、読むべし読むべし・・・ってことで。

「レベル3」だと

・Penguin Readers Level 3
・Cambridge English Readers Level 3

このあたりもあって、子供向け(子供探偵とか・笑)ではない
題材の本も多いので片っ端から読んでみようかと思う。

実は Penguin Readers の Level 2 のペーパーバックを買ったことがあるんだけど

Heidi(Penguin Readers:Level 2)

字が異様に小さくて(汗)
だいぶ前に買ったので、買った当初はパラパラと見て「無理~」と
片付けてしまったのだけど、ここに来てまた見直してみると読めそう。

でも字が小さいのーー(汗)

だから電子書籍なら文字が拡大できるから問題なし(笑)
なのでこのシリーズのLevel 2 でもLevel 3 でも読んでみようかなと思う。
サーティーナイン・クルーズ
2012年11月12日 (月)
英語読書記録じゃないんだけど・・・

私が図書館で見つけて借りてきた本。

サーティーナイン・クルーズ 1 骨の迷宮

タイトルや絵柄は小学生新聞に載ってた広告で見たことがあったような。

今、私はMagicTreeHouseを再読しているんだけど
同じように日本語版もある児童書ってないかなーと図書館に行った時に
ウロウロ見てみたらあったので借りてきた。
日本語版を読んでみておもしろかったら英語版も読みやすいかなと思って。

するとムスメがハマった(笑)

喜んで読みまくっていて、次も借りてきて~とリクエスト。
分厚いけど結構あっという間に読めちゃうみたい。話がおもしろいからかな。
ただ、登場人物が多くて名前が覚えられないとも言ってた(苦笑)

日本語版の本で最近ハマっているものは特別なくて
学校の図書館では何やら単発なものを借りたりしているらしい。
マジックツリーハウスはそれこそ去年の冬にハマってたもんなぁ。
映画も観に行ったんだっけ(笑)

シリーズ物が好きみたいなので(私に似てコンプリート好き?)
気に入ったシリーズが見つかるとありがたい。

でもこれ10巻で終わりなんだとか。あら残念。
しかも同じ人の作品ではなく、何と1巻ずつ違う人が書いてるらしい。へぇ。
主人公は11歳と14歳でマジックツリーハウスより少し年上。
そのあたりもムスメにちょうどよくなってきたのかな。

それで肝心の英語版の方はこれ。

The Maze of Bones (39 Clues)

SSS多読のHPで確認すると、読みやすさレベルはYL5らしい。
うえーん、私は最高でも3.5あたりなんだ(汗)
4の壁を超えてないので、5なんて無理だー(涙)

でも少し先の目標?お楽しみ?ができた。ムスメもいつか読めるだろうしね。
今しばらくは2人して MagicTreeHouse を読んでいこう。
Miss Daisy Is Crazy!(My Weird School #1)
2012年10月11日 (木)
最近ムスメはすっかり英語読書をしないので、新たに買ってはいなくて
前についでに買っておいたものを読んでみた。

My Weird School #1: Miss Daisy Is Crazy!

Miss Daisy Is Crazy!(My Weird School #1)・・・YL:2.8 ●語数:6,387

これも有名ドコロらしいシリーズ物なので、いつものように第1巻のみを試し買い。

学校嫌いな2年生の男の子がいて、担任の先生がクレイジーだという話。
子供向けっちゃ子供向けだなぁ(当たり前か・笑)
私はこういうフザけた感じはあまり好みではないので特段何も・・・。

SSS多読のレビューの中に
「関係代名詞のオンパレードだったが文も短くて案外読めた」
というのがあって、そうそうと納得。
気のせいかな?と思ったけど、やっぱり関係代名詞が多かったのか~。

でも2級の長文を読んだ後だからか、長い文章でも迷子になることもなく
ふーんふーんと読んでいけたのは進歩かな。わーい(嬉)

字も行もそんなに詰まっていないのでボリューム感はなかったけど
6000語くらいなんだなぁ。このくらいなら気にならなくなった。
(ムスメはこの長さはまだ未知の世界かも)

この間の赤毛のアンは15000語ぐらいだったし
読みにくくなければ長さは気にならなくなってきたかも。
赤毛のアンの続編を探してみようかなぁ。

赤毛のアンは名作だけにいろんな出版社からいろいろ出ていて
レベルもマチマチなので、探すのが意外と難しそう(汗)
原書を少し簡単にしたもの・・・と言ってもレベルがいろいろあるしね。

でも続編読みたいなー。

その前に家にあるMagicTreeHouseか。(前回も書いたな・笑)
Who Cloned the President?(Capital Mysteries)
2012年09月21日 (金)
1か月以上ぶりの私の読書記録。
(ちなみにムスメはほとんど読めていないのでしばらく記録予定なし・涙)

Capital Mysteries #1: Who Cloned the President? (A Stepping Stone Book(TM))

Who Cloned the President?・・・YL:3.1 ●語数:6,837

子供向けの探偵モノで「Capital Mysteries シリーズ」
これも有名ドコロみたいなのでいつものようにシリーズ1作目だけを買ってみた。

Capital Mysteries というネーミングだけあって、ワシントンDC在住の子供が主人公。
それで第一作目はホワイトハウスが舞台。
4年生の女の子と男の子がホワイトハウスに忍び込み・・・というあり得ない話(笑)

A to Z Mysteries を書いたのと同じ作者らしい。へぇ。

A to Z Mysteries: The Absent Author (A Stepping Stone Book(TM))

こっちの A to Z Mysteries シリーズは田舎の子の話なので住み分けか。

どちらも大人向けの題材(大統領とか、A to Z Mysteriesなら作家さんとか)が
絡んでるので大人が読んでもちょっとスリリングかも。
前に読んだ子供探偵はペットのハムスターが消えたとか、
女の子同士のパーティの招待状が消えたとか、割と小さな世界だったからなぁ。

ムスメは今回読んだ Capital Mystery をパラパラと見てたことがあったけど
残念ながら「ちょっとよくわからない」と言っていた。

そうなんだよなぁ、子供向けの本だからきっと簡単な単語なんだろうけど
普段2級の過去問で目にしてるのとはあまり被らない。特に動詞。
よく使われる平易(?)な単語を自分達は案外と知らないのかもしれない。

多読なので基本的に単語は推測して読むか、
同じ単語がよっぽど続けて出まくって気持ち悪いなーと思ったら調べるくらい。
だけど思い切って書き出して意味も書いてみたら意外といいのかも?なんて。

精読にするつもりはないけど、何度も出てくるものならね。
特に動詞なので他のを読むのにも助かるかも?

でも文章的には普段読んでる過去問の長文よりは読みやすくて
多少長くても左から読んでいくのでほとんど困らない。
そうだな、説明文じゃないからひとつの文章が短いのかもしれない。
関係代名詞で繋ぎまくることってほとんどないし。

後は単語だなー。
今も場面や話の意味がさっぱりわからないってことはないんだけど
単語がわかればもう少し情景がわかったり
話のおもしろさがもうちょっとわかるのかもしれないなぁ。

さ、次は何読もう。
基本的にムスメが読むであろう本を先に読むという位置づけなので
アダルティック(←こんな言葉あるのか?・笑)な本はあまり選べない。
探偵モノばっかりになっちゃうなー。

MagicTreeHouse でも久しぶりに読んでみるかな。