FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
週テストB問題(解き直し)
2012年12月08日 (土)
第11回~第14回の週テストB問題の解き直し。

間違えた問題だけをピックアップして再度やってみる。
量はそんなにすごく多いわけじゃないけど、他教科との兼ね合いで
1日あたりを少しずつにして3日間で一巡目を終了。

一発で全問正解すれば一巡目で終わるんだけどね(苦笑)

でもこうして間違えた問題だけをもう一度自力でやってみると
本当にわかってる(理解できてる)のか、はたまたわかってないのか
中途半端に覚えちゃってるのか、勘違いしちゃってるのか・・・がわかる。

図形の点移動も簡単なものなら大丈夫かな。
通過算も聞かれてることを勘違いしなければ大丈夫みたい。

問題はこの範囲の大部分を占める「比」と「相似」

比も半々かな~。
普通のものや個数・重さのものはできるようになったみたいだけど
人数絡みの長い文章題やベン図を使うものは難しいみたい。

相似も最初に週テストをやった時よりはできるようになった。
ただやっぱり円の上で2点が移動するもので
「それが三角形になる時」なんてのはわかりづらいみたい。(私も)

どの地点にいればいいのか、がわかれば後はささっと出せるので
比や角度を使うということだけならできるようになったかな。
この「どの地点にいれば」を見つけるのが算数なんだけどね(苦笑)

意外(?)なところで年齢算が半々の出来。
テキストではスムーズに過ぎたから大丈夫かと思いきや
あれこれ条件が付くとこんがらがるみたい。
それに聞かれてることに答えてないということもちょこちょこあるし(汗)

26問中10問が持ち越しなので、思ったよりは良い。
・・・だってほとんどまた間違えて持ち越しすると思ったんだもん(コラ)

中には「あーっ」という勘違いやポカも含まれるので
明日で全部一発終了でき・・・るかなぁ。

解説してその場で解き直しをしているのを見ている分には
わかってるように見えるんだけども(苦笑)
ワカルとデキルは違うのね(爆)

明日でB問題解き直しは完了して、月曜からは第11回~第14回のC問題。
復習ウィークだもんなぁ。やっぱ5週に1度ペースは早いな。

月~木で第11回~第14回までをやりつつ、間違い分の解き直しは
1回ごとにピックアップして翌日に足そうかと思ってる。
火曜は第12回+第11回の間違い解き直し・・・みたいな。

本当ならB問題みたいにそれだけをやりたかったけど、日にちが足りず。
ギリギリな予定になってしまったなぁ。

金曜は前回の組分けテスト(実際に受けたやつ)を。
いつも今年度に受けたものを再度やるようにしているんだけど
今回は時間的な関係で前回(第10回)のみ。

いや、忘れてるものの確認のつもりなので
第5回・第10回の前半をやることにしようか。
一行問題と大問3・大問4あたりまで。これなら時間的にもできそう。

うちはやった後の答え合わせ&解説&その場で解き直しに
意外と時間がかかりまくりなのでね(汗)

過去のものより目の前の「比」と「相似」だろーって思わなくもないけど
前回は日付算や、その前は道順が久しぶりに出てできなかったので
ちょこちょこっとした振り返りはやりたいなと。

そうだな、難しいことまでやらずとも一行問題と基本的な問題までをやろう。
週テストB問題
2012年12月06日 (木)
週テストB問題の第11回~第14回までをやった。
「比」と「図形の点移動」と「相似」・・・重たい(汗)

とりあえず【1】の計算系はほぼできて(逆比の問題は除く・汗)
【2】の一行問題は6問中2~3問を間違えた。

でもちょっと一緒に考えてみると・・・
いや、考えてみようと並んだだけで「あ!わかった」と言ってみたり。
なんだなんだ?私が隣に並んで座るだけでわかるってのは。
緊張感が足りてないのか?(鬼母)

2枚目の文章題【3】【4】【5】のうち、【3】か【4】ができて
最後の問題は手つかず~というパターンが多い。
時間は計ってやっていないので時間切れというのではなくて自主的なパス。

どういう問題ができていないか・・・というのは
バラエティに富んでいるのであまり偏ってるものはないかな。
どれもビミョーってことで(汗)

図形の点移動は難しいみたい。
特に3つの点が重なる時とか、三角形になる時とか(私も好きじゃない)

他は逆比。
単純に「逆にすればいい」という覚え方のできない子なので。
ドロ臭くアナログで考えると答えが出るという方がしっくりくるみたい。
・・・と言う割にはコツコツと考えることもしないけどねぇ。

あとは比で「おもりと個数の関係」の問題。
あれはもう慣れかなぁ。

比はいろんなパターンの問題が出るので、基本的なことはできても
その先ができるものとできないものに分かれるようで
ベン図で考えるとか図形で考えるとか、いろんなものに被さって
比が使われているので、元のものが苦手だとどんどんドツボにはまりそう。

ムスメの場合は図形は嫌いじゃないからまだいいけど
ベン図はちょっとわかりづらいみたいなので比と相まって二重苦。

図形の相似も比だもんね。なかなか気が抜けない。
ただこちらはどれとどれが相似だから・・・と比を出すまではできるかな。
もう少しややこしくなるとこんがらがってしまうみたいなので
なるべく演習して慣れることができるといいんだけど。

これまではB問題は軽く流して(今になれば何という上から目線・汗)
C問題を重点的に解き直しという形でやってきたけど
そんなそんな恐れ多い~という感じになってきた。

確か前にB問題を1回分やって、翌日は次の回+前の日の直し・・・と
続けてやっていったことがあったなぁ。
今じゃそんな重たいことできない(汗)

量の問題だけじゃなくて、内容的にも詰め込んでやるって気になれない。
じっくりやりたいとういのもあるし、それ以前に
ムスメ自身が消化できてないように見えるから。

間違えた問題をピックアップして再度やるのも多分1日じゃできないし
きっとスムーズに次で全部クリア!とはならないだろうから
また間違えたものをピックアップして・・・と、オールクリアになるまで
くり返していくといつまで続くか(汗)

今週いっぱいはB問題の解き直しにかかりそうだな。
来週は復習ウィークなのでC問題をやってみるとして
でももうC問題の間違い直しをじっくりやってる時間はない。
やってみて「こういうことか」と解説を見て直す程度に留まりそう。

C問題も「解説聞いても全くわかりましぇん」ではないと思うので
時間をかければC問題もある程度は消化していけるかなと思うんだけど
日程的にじっくり解き直しまでやれるのがB問題かC問題のどちらか1つだから
ここはB問題をきっちりやろう。
予習シリーズ(算数)下/第14回
2012年11月29日 (木)
5年生(下)の第14回は

・合同と相似(2)
・年令に関する問題

合同と相似は第13回に続いてのパート2だけど
前回は前半の「比」が多めで、こちらの合同と相似は少なめだったので
今回で本格的に入って来た。

前回は縮尺、四角形の話で、今回は三角形の話。
相似なので同じ形の三角形があって、それを比で考えるもの。

今まではハッキリとした「長さ(実際の数値)」が出ていて
そこから他の長さや角度などを出してきていたけど
今回は「比」を使って、比で答えたりもする。
このあたりがムスメはまだちょっと慣れないらしい。

具体的なものはできるけど抽象的なものは苦手なお年頃なんだよなぁ(苦笑)

図形は割と話が通じやすいと思ってはいるんだけど
相似の三角形が重なっているというのはなかなか通じず(驚)
2枚重なってると言ったからいけなかったのか。

反面、クロス型の相似の方は対比するのが向かい合わせの逆になるのは
何の疑問もなくすんなり通じる不思議。

図形だし例題はすんなりいくかと思ったら、そんなこんなで意外と進まず。
どこをどう見て、どれを使えばいいのかなかなか気づけない。
例題なので最近は深追いせずに解き方を見て練習しようと思っているので
素直に解き方を見て「ほぉ~」と2人で納得。

さっぱりわからない、聞いてもわからないというわけではないので
ここはこれでいいと思ってやってる。いずれわかるようになれば。

何となくわかったような、わからないようなまま基本問題へ。
例題を自力でやれると基本問題がさらに演習になるんだけど
例題が解説と首っ引きだと基本問題が初めての自力練習になる。

やってみると意外とできた。10問中7問ができていて
残り3問もちょっと一緒に考えたらすぐに気がついた。
基本的なことは大丈夫・・・かな?

比を多用するので心配だったけど、図形の基本問題で使う分には大丈夫みたい。

その代わり(?)第13回の比の基本&練習問題で解き切れていない問題を
再度ピックアップしてやってみたら、まだできない問題も(汗)
重さの比、個数の比の混ざったものはややこしいみたい。

もう1つの年齢の問題はなぜかスンナリ。
今回は相似の方がたくさんあるので、年齢のは少ないというのもあるし。
例題もほとんど自力でやってしまい基本問題もスムーズに。

あぁ、たまにこういうことがあるとホッとする(苦笑)

練習問題も2日間に分けて。

図形は壊滅・・・というほどではなかった。
間違えたもののうち、三角形をひっくり返す時に向きを間違えたのがあった。
危ない危ない、こういうことはよくやりそうだ(汗)
向きをちゃんと確認してやり直してみたら正解だったので、中身は大丈夫か。

あとはどこに着目していいかわからなくて手つかずというのもあった。
少し一緒に考えてみて比べるものがわかると答えまでは一気に出せる。
コレが自力で見つけられないとけどいけないんだけどね(汗)

でも比を使って出すことに関しては頼もしくなってきた。
どうしてもまだ実際のセンチで考えたくなるみたいだけど。

年齢のところは困ってはいないんだけど正解もしてない(苦笑)
考え方はあってるのに10年後というのを足し忘れてたり
まんまと引っかかってる状態。でもそれくらいで後はスムーズ。

基本問題の解き直しで直せなかったものは練習問題の解き直しに足した。
量が多いと直しは1日では済まないけど
第14回の練習問題はそこまで大変じゃなかったのでよかった(ホッ)

ここまでで区切りになるので、次は第11回~第14回の週テスト問題集。
予習シリーズ(算数)下/第13回
2012年11月20日 (火)
5年生(下)の第13回は

・比と比の性質(3)
・合同と相似(1)

比もパート3に。ちょっと話がややこしくなってきた。
例えばエンピツとボールペンで「本数の比」と「値段の比」がある。
本数の比=値段の比じゃないんだもんね。
そのあたりが最初「???」になってたみたい。

例題も解説を見ながらやっちゃう感じ。
初めて見る・知るような話だから自力でわかる話ではないので
ここは「こうやって解くんだ」ということを知る機会にした。

基本問題はできるところ、できないところがあって
なぜかすんなり「差」は理解したようでスッパリできるのに
似たような問題がスポーンとできなかったり。

基本は一行問題なので、こういうのをくり返しやったら
そのうち理解していくかな(甘いかな)

意外と「えー!?何でわからないのかわからないー」のが縮尺の話。

単位換算が苦手っていうのもあるけど
我ながらスッキリ説明できたなぁと思っても通じない(汗)
何か引っかかってるものがあるらしい。
でも基本問題をくり返していくうちに少し前進している様子。

合同と相似は問題数も少ないのもあるし、パート1だし
図形は苦手ではないので大丈夫みたい。

例題(比)⇒基本問題(比)⇒例題(合同/相似)⇒基本問題(合同/相似)で
一旦基本問題の間違え分を再度。
このやり方だとやったばかりだし、量も激しく多くはならないし
理解しているかも確認できるのでちょうどいい。

基本問題の直しでも全部直しきらず、まだ間違えてしまうものもあるけど
根本がサッパリわかっていないわけでもないので練習問題へ。

練習問題はどれもこれも手こずっていた様子。
こりゃ全滅かな~なんて思ったら、比の文章題でできたものがあったり。
手順に沿って書いて考えているとわかってくる(こともある)みたい。
なので演習をすれば何とかなるかも、というところなのかな。

図形の方も出来は半々。
角度を出す問題はどこから引っ張って来るかに気づけないとね(苦笑)

縮尺の問題は案の定できてなかった。
縮尺そのものを答えることはできていたけど
図上のものを実際の長さに直すことができなかった。

ここはわかりづらいのもあるけど、本人もちょっとサボってるからなぁ。
図に書き入れたり、筆算や式もちゃんと書いておけばいいのに
ちょこちょこっと書いてテキトーなことやってるからね。

そして練習問題の間違えた分を再度。
基本問題でまだ正解にできていない問題と合わせても
そんなに多い量じゃなかったのでよかった。

比はこれで終わり・・・だよね?

・・・と思ったら次回では出ないけど、第16回でパート4があった(爆)
なんだよ~、お別れできると思ったのに。ちぇ。

比は大事だからなぁ、きちんと頑張らないと。
合同と相似も今回のパート1からパート3まで続くしね。
どこもかしこも気が抜けましぇん。
これからの予定(算数)
2012年11月14日 (水)
組分けテストが終わってからはまた通常ペース。

と言っても復習ウィークの時に思ったのと同じで
どこが通常でどこが復習期なのかの線引きはもうなくなってる。

範囲に追われまくってるまではいかないけど
気を抜くとそうなってしまうので、また仕切り直しをしていこう。

算数は予習シリーズ下巻の第13回。

これまで通り
  例題(1つめの単元)⇒基本問題(例題でやった部分)
⇒例題(2つめの単元)⇒基本問題(例題でやった部分)
⇒基本問題で間違えたところをまとめて解き直し。
⇒練習問題(様子を見て単元ごとに分ける)
⇒練習問題で間違えたところを解き直し。

・・・で延べ7~8日間。
出来具合や理解の具合によるかな。
いけそうなら例題のあとにすぐ基本問題をやってみるし
練習問題も1日でやれるか、2日に分けるかは様子を見ながら。

答え合わせで間違えたところの直し(解説)に時間がかかることが多いので
消化不良にならないように少しずつにした方がいいみたい。

ちなみに第13回の1つめの単元は「比」の2回目。
実際に比を使って考える文章題になってきて、少し時間をかけて
じっくり理解していった方がいいなとは思ってる。

第14回も同じように進めて、その後は第11回~第14回の週テストへ入る予定。
その頃は次の公開組分けテストの2週間くらい前になっているので
B問題を1日1回分⇒それの間違い直し⇒C問題を1日1回分⇒それの間違い直し
・・・で、気がつくとテスト1週間前になっていると思う(汗)

夏休みも先に進めてきたおかげで何とかまかなえてる状態。
そろそろ貯金も使い切りだけど、冬休みもあるし1月末の組分けテストは
受けない(受けられない)のでスケジュール的には何とかなりそう。

12月のテストが済んだら第16回をやって
冬休みは年明けの学判テストがあるので総復習に。

第17回・第18回は年明け1月から。
これで何とか1月下旬から6年生(上巻)に入れるかな。

5年生の上巻は4年生の12月中旬には始めてた。
発売が12月4日くらいだったから、注文して届いたらすぐ、みたいなペース。
下巻は5月末あたりから。
夏休みも引き続き続けて帳尻がギリギリ合う・・・といったところか。

それでも何だかんだ言って下巻もあと5回分。
8合目まできたか?まだ気が早すぎるか?(苦笑)

第11回からの復習(週テスト問題)がまだこれからなので
ここから急こう配になるかもしれないけど
基本的なことはできるだけしっかりとやっていこう。

とにかく今は目の前の「比」をきちんと消化すること。