FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
A to Z Mysteries(#5:The Empty Envelope )
2013年05月05日 (日)
連休で出かけた先でちょこちょこと読んだ。

A to Z Mysteries:The Empty Envelope (A Stepping Stone Book(TM)) A to Z Mysteries:The Falcon's Feathers(A Stepping Stone Book(TM)) A to Z The Goose's Gold (A Stepping Stone Book(TM))

A to Z Mysteries #5: The Empty Envelope ・・・YL(平均):3.2 ●語数:6,612
A to Z Mysteries #6: The Falcon's Feathers ・・・YL(平均):3.5 ●語数:7,137
A to Z Mysteries #7: The Goose's Gold ・・・YL(平均):3.5 ●語数:7,216

このシリーズは気に入っているようでとりあえずしばらくは安泰。
絵が怖そうなのになぁ。
怖がりなくせに何がOKで何がNGなのかわからないや(笑)

現在のムスメの語数は25万8千語。お~、知らない間に増えてた。

もう英語読書は外での時間潰し用になってきちゃってるけど
読まないよりはマシだし、読めば楽しんでいるようなのでまぁいっか。
スポンサーサイト



A to Z Mysteries
2013年03月14日 (木)
出かけた先での時間潰し用に買ってある本を少しずつ読了。



A to Z Mysteries #3: The Canary Caper ・・・YL(平均):3.5 ●語数:8,262
A to Z Mysteries #16: The Panda Puzzle ・・・YL(平均):3.5 ●語数:8,471

読み始めるとイッキ読み。
あえて「意味わかった?」などとはもう聞いてもいない。
おもしろかった?とか感想も聞いてないなぁ。

おもしろくなかったら次のリクエストはないだろうし(苦笑)
次もこのシリーズって言うところをみるとまずまずおもしろいらしい。

A to Z シリーズということで、Aのつくタイトルから順番にあるけど
一話完結なので適当に読んでも大丈夫。

一応順番に買ってあった「C」と、表紙からリクエストされた「P」の2冊。

そうか~、このあたりになると8000語が当たり前なんだな。

ここまででムスメの総語数は23万7千語くらい。
私が20万語くらいだからちょっと差が開いてきた~。

100万語読む頃には英語がペラペラ・・・になってるといいなぁ(笑)
The Absent Author(A to Z Mysteries)
2013年02月27日 (水)
家にある中で強いて選ぶとすれば・・・ということで
お出かけに持って行った「A to Z Mysteries」の第1作目を読み終えた。
家で続きを読んだのではなく、また次のお出かけでようやく(笑)

そして第2作目も勢いで(?)読み終えた。

A to Z Mysteries: The Absent AuthorA to Z Mysteries: The Absent Author

A to Z Mysteries #1: The Absent Author ・・・YL(平均):3.5 ●語数:8,517
A to Z Mysteries #2: The Bald Bandit ・・・YL(平均):3.3 ●語数:6,452

文字の大きさや読みやすさ、登場人物の年齢とか設定とかも
ムスメにはちょうどいいんじゃないかな~と思うんだけども
1作目の最後の方はちょっとわかりにくかったみたい。私もそうだったかも(苦笑)

途中まで読んで、またしばらく空いてから続きを読んだので
余計にわかりづらくなったというのもあるかな。これもよくわかる(笑)

でも案外と(想定通り?)気に入ったようで、これなら続きを買ってもいいと
いうことなので早速2作目を購入しておいたらまたお出かけの時にイッキに読んだ。

こちらは後で語数を見ると少なめだったから読みやすかったみたい。
登場人物も気に入ったみたいだし、怖いものじゃなければ大丈夫とのこと。
・・・って私も中身を知りませんが(苦笑)

本の裏表紙にシリーズの表紙がズラリと載っていて
多分マジックツリーハウスのように順番通りに読まなくてもいいだろうからと
次に買うのは気に入った表紙のものを指定してきた。

読むのは早いので、ちょっとした待ち時間なんかがあると1~2冊読める。
そのかわり家では読まないので進まない時は進まない。ま、いっか(苦笑)
Magic Tree House
2012年10月23日 (火)
なんと、ムスメの英語読書記録。

ちょうど出先で時間つぶしが必要になって、久しぶりに読む時間が取れたので
Magic Tree House を勧めてみた。だってもう読む物ないんだもん(笑)

以前、私が買ってみた頃はまだ難しくて読めなかったけど
今ならきっと読めると思うよー、と。
ムスメも中身をパラパラと見て持っていく本を選んだ。

Magic Tree House #17: Tonight on the Titanic (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #19: Tigers at Twilight (A Stepping Stone Book(TM))

Tigers at Twilight(Magic Tree House #17)・・・YL:3.5 ●語数:6,100(概算)
Tigers at Twilight(Magic Tree House #19)・・・YL:3.4 ●語数:5,925

日本語版は結構読んでいるので、どちらもストーリーは知ってるかな。
最初は右側のタイガーの本だけを選んでいたので、時間的にもう1冊読めると思うし
タイタニックなら話の流れ的にきっと読みやすいと思うよ、と勧めた。

私もMagicTreeHouseを何冊か読んでみて、話の舞台によって読みやすさが違う。
右側のタイガーみたいな動物やジャングルが出てくるものだと
草や動物の名前が出てくるので、読めない単語が多かったりする。

第一作目の恐竜時代にタイムスリップする話なんかもそうだし
エルマーの冒険が語数の割に読みづらかったのもこういうことなのかも。
かたやタイタニックだと、船の中での話だし人とのやり取りなのでわかりやすい。

1冊目(タイガーの方)を読み始めたムスメは「読みやすい~~」と言って
ズンズンと読み進めて、あっという間に2冊を読み終えた。
こんなことならもう何冊か持ってこれば良かった(笑)

レベル的には準2級くらいと聞いたことがある。多分そんな感じ。
私が読んでた頃(2011年4月頃)、ムスメはまだORTを音読してた。Stage6あたり。
と言っても買ったものの忙しくてほとんど読めてないまま。

その半年後(2011年11月頃)に Step into Reading で自分読みを始めた。
そこからは冬休みもあってどーんと読むようになって、Amelia Bedelia にハマった。

今年の1月に 初めて Magic Tree House の1冊を読んでみたものの
まだムスメには少し早かったようでそれっきりこれっきり。
この頃は Amelia Bedelia から Young Cam Jansen に移行してた頃だから
確かに文字とイラストのバランスも文字の大きさも分量も全然違うもんね。

次は Young Cam Jansen から Nate the Great へ変わって
ザラザラした紙や文字の大きさ、分量など上手いこと移行することができた。
そうだな、Nate は橋渡しにちょうど良かった。

Nate を25冊読み終えたのが4年生の終わり頃で
5年生になったこともあるし、次の本が決まらないこともあって中断。

ようやく6月頃に Geronimo シリーズを買ってみて2冊ほど読んでみたものの
それほどまで気に入って読み続ける・・・というシリーズにはならず。
もちろん忙しいっていうのもあるし(汗)

そして今回。3か月ぶりくらいか。
たまたま出先での時間潰しという機会があったからで、残念ながら
日常的に読書はしないだろうな(苦笑)

でも、よく考えてみたら Step into Reading で自分読みを始めたのが去年の今頃。
1年でここまできたのかー。すごいなぁ。

ということは私も今なら簡単に読めるってことか~。
実は昨年に何冊か読んでみていたけど、結構頑張って読んでたので(苦笑)
今なら労力少なく読めそうかな。自分の成長が楽しみだ。

またしばらく日常的に読むことはできないだろうけど
Magic Tree House をおもしろく読めるようになったというのは心強い。
まだ他に何冊か持っているので、しばらくは読む本には困らないぞ(嬉)
Geronimo Stilton
2012年07月22日 (日)
久しぶりに読み終わった。
確か6月下旬から出かける時に持って出てはちょいちょい読んでたもの。

Geronimo Stilton #5: Four Mice Deep in the Jungle

Geronimo Stilton #5
Four Mice Deep in the Jungle・・・YL(平均):4 ●語数:9,206

ジェロニモシリーズの1冊目が気に入ったそうなので
その後2作目~5作目までを買って、その中から順不同。
これは5作目なのかな。でも順番関係なく読めるから気軽でいいね。

文字の配置や修飾がおもしろいのでムスメも読み始めると
ものすごく集中して楽しんで読んでる。
そういう姿を見ると、もっと普段から読む機会を作れば(?)
たくさん読んでいけるのになぁと思う。

受験がなくて時間があったらもっといっぱい読めそうなのになー。

活字を読むより絵を描く方が好きなので
時間があるから読書が増えるとは限らないけれど(爆)

でも読みだしたらグイグイ楽しんで読んじゃうというのは親としては嬉しい。
読んでも「つまんな~い」なんてのは寂しいもんね。

わからない単語も当然あるようだけど、私と同じく前後で推測するか、
軽く読み飛ばして(笑)いるらしい。
まぁ勢いで読んじゃうところもあるし、子供向けなので
ある個所がわからなくても別に後々困ることもないだろうしね。

ホント、久しぶりの読書記録。

ムスメの語数は18万3千語ほど。私は15万語くらいかな。