FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年生の使用教材のまとめ(国語)
2011年03月29日 (火)
全て使い終わってからまとめで書きたいところだけど
国語はまだ3年生のが終わってないのと、学年をまたいでも続けていくので
とりあえず今年度も使ったもののまとめを。

(国語編)

ハイクラステスト国語読解力 小3   はなまるリトル3年生 国語

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕 どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生 トップクラス問題集 国語 小学3年


ここに画像はないけれど、3年生ということで
4月の年度初めから四谷大塚の「ジュニア予習シリーズ(上)」を。
(amazonや楽天では販売されていなくて直接HPで購入)

予習シリーズは1週ごとに1回分をやるという予定になっているので
月・火でジュニア予習シリーズをやり、それ以外の日は市販ドリルをやっていた。

並行してやっていたのはこちら。

ハイクラステスト国語読解力 小3

でもジュニア予習シリーズはあまりの難しさに途中で断念。
6月あたりからはこのハイクラステスト一本にした。

7月頃にハイクラステストが終わってからはこちら。



ちょうど短縮授業ということもあって時間もさほど気にせず毎日やれた。

これが終わった夏休み中盤からはこちらへ進んだ。

はなまるリトル3年生 国語

当初はジュニア予習シリーズと被ると思って買っていなかったんだけど
ジュニア予習シリーズを断念してしまったので、その代わりと言うか・・。

だけど買ってみて正解。

これは2年生版では普通の市販ドリルみたいに問題だけが続いて行くんだけど
3年生版では最初に導入部分(~とはこういうことです、みたいな説明)があって
ジュニア予習シリーズと似たような体裁だし、でも簡略化されててちょうどよかった。

・・・が、ジュニア予習シリーズよりは簡単とはいえ意外と進まなかった。
ムスメの読解力がまだまだ・・だからか。

それで「はなまるリトル」を中断して、こちらへ切り替えた。

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前! ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

ものすごいタイトルだけど、期待を込めて。
※国語力に関する日記はこちら。
9月19日9月29日9月29日9月30日
10月10日10月21日10月31日11月7日

毎日・・ってわけでもないけど、コツコツやって1か月半くらいか。

改めて記録を読み直してみると一緒にガッツリ取り組んだなぁと思う。
最初はこんなんでいいのか?という気持ちもなくはなかったけど
「何事も基礎練習から」という言葉を信じてやってみた。

それが今の力に結びついているか・・はわからないけど
それでもやったのとやらなかったのでは大違いじゃないかな。
私自身も改めて勉強になったことも多いし、教える側としても勉強になった。

これをひと通り終えてから、残りの「はなまるリトル」へ戻ってからは
答え方や考え方もやっぱり変わったと思ったもんな。

残りの「はなまるリトル」を終えて11月下旬からはこちら。



これは今年度2冊目。
昨年度はムスメの力からすると1年生相当のものしかできなくて
今年で2年生相当・3年生相当とやることができた。

毎日はやらなかったので(英検なんかで12月は時間が足りず)
1か月ほどかかってやり終え、冬休みあたりからはこちらに。

どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生

こちらは全15回。1か月ほどかかって終了。
次は1年の大トリ、トップクラスへ。

トップクラス問題集 国語 小学3年

現在も継続中。

今年度も最初のうちは国語・算数の両方とも毎日やれていたけど
秋以降は英検で時間が取られたり、ウェブレッスンを始めたりで
国語は週1~2日のペースになっているので
この3年生版が終わるのは、多分4年生の1学期末くらいの予定。

**************

3年生は2年生版と同じような流れなので、教材を探す負担は少なかった。
ただ、英検・ウェブレッスンと英語にかける時間が増えたのと
学年が上がって下校時間も遅くなったから、時間との兼ね合いが難しかったかな。

それで国語はどうしても後回しに・・・ということで
3年生の分を続けたまま4年生に上がることになった。

以前だったらこういうのは許せない性分なのだけど
勉強に締切があるわけじゃなし・・と自分も成長したみたい。
特に国語は精神的な成長も待ちつつ細く長く続けていくのが良いと思うし。

4年生版では「はなまるリトル」がなくなるだけなので
同じように続けていく予定。
スポンサーサイト
3年生の使用教材のまとめ(算数)
2011年03月28日 (月)
今年度も使ったもののまとめを。

(算数編)

使ったもの一覧。

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年
 はなまるリトル3年生 算数

これプラス、ジュニア予習シリーズ(上・下)←画像なし

************

2年生の分が終わった4月中旬からジュニア予習シリーズをスタート。
月・火にジュニア予習シリーズ、それ以外は市販ドリルという併用。

2年生の時は学校の復習に使っていたので、市販ドリル3冊の中から
習ったところをピックアップしてやるようにしていたけど
3年生からはジュニア予習シリーズを使うし、復習にこだわらずに進めた。

3年生では「大きい数のたし算」「2ケタのかけ算」や
「時間」「長さ」など、既に2年生でやったものへの上乗せが多かったので
その辺はやりやすかったかもしれない。
(2年生でまっさらの状態で時計を教えるのは苦労したもん)

当初2週間くらいは市販ドリル3冊のコピーの中からできそうなものを。
ゴールデンウィークの週はジュニア予習シリーズはお休みなのと(予定表通り)
その前後は家庭訪問などで短縮授業だったのでその週は「成長する思考力」を。

概念の導入としては「成長する思考力」がもってこいなのと
じっくり考える時間がある時がベストなので、GW含めた1週間だけ使った。

それから夏休みまではまた
週の前半=ジュニア予習シリーズ、後半=市販ドリルのコピーの日々。

ジュニア予習シリーズ(上)が終わったらそのまま(下)へ。

夏休みに入り、ジュニア予習シリーズと「成長する思考力」の併用。
(ゴールデンウィークで少しやっていたものの残り分)



やっぱりコレは時間に追われない中でじっくりやりたい。
単なる計算問題はなくて、見てる分にはシンプルな問題のように思えるけど
実は「えーとえーっと」と考えさせてくれる問題。

相変わらず週の2日間はジュニア予習シリーズ、残りの日にコレをやって
夏休み終わり頃にコレが終わり、次は何と併用しようかと考えていたら
ムスメから「ジュニア予習シリーズを一気にやりたい」という要望があったので
そこからは1週間で1回という進度ではなく、毎日ジュニア予習シリーズを。

ジュニア予習シリーズは1回に基本・練習・応用の3ステップが載っていて
ほぼ自力で読んでから取り組んでいた。
(書いてあることでも聞いてくるので導入部分を読んでいたのかは疑問)

練習問題まではできても、応用問題ではかなり時間がかかることが多く
教えながらでも平日は結構時間を喰われてしまった。
この頃(秋)は英検4級の前で、バタバタしてたなぁ。

10月初旬にジュニア予習シリーズ(下)も終わり
これで一応3年生の範囲(以上?)を終えたので、市販ドリルのコピーの日々へ。

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年

3冊をドリルごとではなく問題のレベル(標準・ハイレベル・トップレベル)と
テストに分けて、標準問題→ハイレベル問題へと進めていった。

トップクラス問題はトップクラス問題集の物のみなんだけど
ハイクラス問題Bでも難航してきたので、トップクラス問題は見送ってお蔵入り。
これが2年生の時だったら意地でもやっていたかもしれないけど
時間の兼ね合いもあって、割り切りも必要だと思うようになって初めて捨てた。

振り返ってみると、この頃(11~12月)は算数が毎日やれていない。
1月の英検3級の過去問を優先していて、今年度は英検を連続で受けていたから
今思うとかなりハードなことを強いていたのかもしれないな。

冬休み入る頃にハイレベル問題までが終了して、次は「はなまるリトル」へ。

はなまるリトル3年生 算数

これはコピー組の市販ドリルとはまたちょっと視点が違う。
お楽しみ風な思考系の問題も入っていたり、考えさせるものもあるし
まとめ的に一気にやるのがいいかなと思って最後の方にもってきた。

ほぼ毎日やって2か月弱で終わり、2月中旬からはテストシリーズ。

3冊のドリルのリビューテスト・まとめテスト・実力テスト・・という
テスト系をまとめておいたのでそれを順番に。

また最初の頃の「かけ算」や「大きな数」からのまとめテストなので
何度もくり返して復習になってよかった。

我が家でレベル的にちょうど使いやすかったのは

算数ハイレベ100 小学3年

やっぱり昨年同様にハイレベかな。
ハイレベル問題でもそんなに厄介ではなく
トップクラス問題集のハイクラス(A)よりもやりやすい気がした。
まとめテストや最後のほうの「文章題特訓」もムスメには良かったと思う。
3年生までしかないからなぁ・・・残念。

昨年度は全てを残さずやり切ることにこだわっていたので(私もまだ青かった)
最後の方はとにかく消化するのにイッパイイッパイな状態になってたし
結局3年生がスタートした4月の半ばまでかかってしまった。

今年度は無謀なトップレベル問題はやらないことにして
後半で消化に汗をかくことにならないように毎日コンスタントな量を心がけた。
さっきも書いたけど、英検との併走もあって算数ができない日が続いたことも。
そして春休みから4年生の予習シリーズをスタートさせることにした。

算数は特にどれだけでもやらせてしまいたくなるのだけど
これからのことも考えつつ、段々と必要なもの、取捨選択っていうのを
考えるようになった3年生の後半。

ムスメはこの1年で成長したかな、どうかな。
図を描いたりして諦めずに考える・・のはまだもうちょっと頑張って欲しいけど
それでも1年間でこれだけの量をやれたのは、やっぱりすごいと思う。

植木算や周期算、つるかめ算も基本的なことはやれるようになってきたし
この貯金がこれから受験に向けた勉強にも繋がっていけるといいな。

本人はどれだけやってるのかわかってないし、他の子と比べる機会もないし
目の前のことを一生懸命やっている子なのでわかってないと思うけど
キミが頑張っているのは私が一番わかってるからね。
はなまるリトル(国語)
2010年07月04日 (日)
2年生で使ってみて、良かったには良かったんだけど
コストパフォーマンス的には他には負けちゃうかな・・・ということで除外してた。
が、国語はジュニア予習シリーズを中断してしまったので、
その代わりということも考えて購入。(国語は日数的にも余裕があるので)

国語に関しては

ハイクラステスト国語読解力 小3

     ↓


9級(2年生相当)※今コレやってる

     ↓


8級(3年生相当)

     ↓

はなまるリトル3年生 国語

     ↓

どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生

     ↓

トップクラス問題集 国語 小学3年

という予定。
本当は、最後に「ハイクラステスト国語読解力」→「トップクラス」というので
締めたいところだったんだけど、買った順番で「ハイクラス」が最初に。
トップクラスは昨年度同様、最後にやるつもり。(もう買ってあるんだけど・笑)


で、今日届いた「はなまるリトル」の国語。


2年生のとは違う。(いや、当たり前なんだけど)
3年生版はジュニア予習シリーズみたいに、最初に導入部分がある(!)

確か2年生版は他のドリルと同じように、問題のみだった覚えが。
最初は語句・漢字系だけど、徐々に文章題になって
「ハイクラステスト」や「トップクラス」と同じような感じ。

それが3年生版は導入部分があって、そこに説明や例が載っていて
まさにジュニア予習シリーズを簡単にしたようなもの。
この2つは内容がダブってるとネットの口コミで見た気もする。

今回、国語はジュニア予習シリーズを使わないことにしたので
我が家にしてみればちょうどよかったんだけどね。

ほぇ~、そうか~、導入部分付きか~。さようでございますか~。

いやいや、ちょうどよかった。
ちなみに「はなまるリトル 算数」は2年生版と同様に普通のドリル。
こちらはジュニア予習シリーズのように説明・導入などは入ってない。

導入部分の後に「きほん問題」、そして「練習問題」、
それからこれも2年生版にはなかった「漢字・語句」が各章ごとに2ページずつ。
だからか今年度のは分厚い。

これもジュニア予習シリーズには各回ごとに言語要素の学習の部分があったので
(漢字・送り仮名・仮名づかい・主語述語など言葉に関する部分)
それに準じているなという印象。

だったら4年生版も出してくれたらいいのに(コラ)

取り組む日数としては、きほん問題/練習問題/言語要素でそれぞれ1日ずつ。
内容的には準じているんだけど、文字も見やすいしムスメもこれなら大丈夫そう。

国語は最初に書いた通りの予定。もう増えることはない・・・はず。
2月の中旬には終わるのでちょうど良い。

国語は今、出来具合に頭を悩ませているところ。
量やドリルをこなす予定については、日数的に余裕があるので悩まないんだけど
ムスメの出来具合がね・・・(汗)

どうしても読み取る力がまだまだ足りないので、国語もコツコツやっていこう。
算数ドリルの仕分け(3年生分)
2010年03月12日 (金)
(まだ2年生中ですが、3年生版ドリルの話なので3年生のカテゴリへ入れてます)


算数ドリル3冊分のコピーが完了。

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年

2年生の時もそうだったけど、自力で1枚1枚を両面コピーすることで
中身もチラチラ見ることになるし、これから1年間でやることがわかっていい。

ちなみに2年生では「トップクラス」ではなく「最レベ」での3冊だったけど
実際にやってみてそれぞれの違いや範囲の幅というのもあった。

ハイクラステストは本当に学校の範囲に沿っている定番な印象。
途中で「はってん」と書かれた問題が混じっていたりするけれど
それでもチョー難しい!ってものではなくて適度な問題なので
学校の宿題に足しての復習には本当によいドリル。

なので3年生版もおそらく学校の教科書に準じてるんじゃないかなと思う。
ハイクラステストの中で「発展」と書かれた単元は
大きな数のたし算/大きな数のひき残/かけ算の筆算③ の3つ。
「発展」となってるってことは学校の教科書では出ない部分かな・・と推測中。

今、ムスメ達はちょうど学習指導要綱の移行期真っ只中でよくわからない(汗)

なので・・ちょっと調べてみた。

教科書の出版社HPにて指導要綱の変更点が表になっていたので見てみた。

今年ハイレベ2年生版に「先取り学習」として載っていた「水のかさ」は
来年度は2年生からやるらしい。(ムスメ達は移行期間なので3年生でやることに)
しかも「簡単な分数(1/2程度かな?)」も2年生からになるんだそうな。

およよよ・・・小数も分数も次年度3年生(ムスメ)でやるって書いてある。
ハイクラステストには小数・分数ともに出てこないぞ~。
それにハイレベとトップクラスでも小数・分数は先取り扱いで載ってるんだけど。

買うの早かったのか??次年度版が出るんだろか。
まぁいっか。小数と分数はジュニア予習シリーズで出てくるし
ハイレベ・トップクラスにはとりあえず載ってるんだし。

ちょっとびっくりしてるハハなのであります。

*****************

気を取り直し途中まで書いた日記を加筆修正。

えーと、ハイレベには特殊算が最後の方に載ってて
2年生版には「場合の数」と「数列」が入ってた。
私も定かではないし教えられないけど、軽く流して触れとくことはできた。

最レベ2年生版では「植木算」と「旅人算」が出てたんだけど
「まず絵に描こう」から始まって答えを出した私達(笑)
でもこれのおかげで、間を数えるには「1をひく」に気づいたムスメ。
それはそれでよかったかもって思った。

特殊算はこんな低学年からやらせても~っていう意見もあるし
難関校じゃなきゃ出ないこともあるって聞くし、
実際ムスメの志望校の過去問も見る限りでは出ないみたいだけど(笑)
でも○○算っていうくくりとか公式ベタ漬けじゃなくて
自分のやり方で何とか解いてみるっていうのも良い経験だったかなと思う。
低学年だから言えることなんだろうけども。

ちなみに最レベ3年生版の特殊算は「分配算」と「周期算」らしい。
(奨学社のHPから目次が見れるので)
3年生ではトップクラスに鞍替えしたのでお目にかかることはないんだけどね。

トップクラス3年生版の特殊算は「つるかめ算」「倍数算」「周期算」
この辺はまた絵でも描いて「こういうもんか~」と答えまでいければいいかと。

学校の範囲も気になるところではあるんだけど
3年生からはジュニア予習シリーズの進度に合わせていこうと思っているので
ドリルのコピーを、ジュニア予習シリーズの予定表に合わせて分けてみた。

20100312125644.jpg 20100312125437.jpg

以前、家電製品の取扱説明書を入れていた100円ショップの書類ケース。
2つ余っていたのでそれを拝借。(また何かに使うかも~と取っておく貧乏性)

予定表を印刷して、回数とタイトルを切り取って見出しに入れた。
見出しの数が足りないので同じ単元で2回続くものは1つにしたり
総合回を省いたりして、1冊ずつ上巻用と下巻用に分けた。

それから3冊のドリルのコピーを同じ単元ごとに仕分けて
該当する見出しのポケットへ。

おぉ、こうしてみるとやる時にやる物がわかりやすくていいかも。
2年生でも3冊を最初にコピーして用意してはいたけど、
ドリル別にまとめていたので、進度を聞いてはそれぞれのファイルから出して・・
とやっていたら、意外とうっかり抜けちゃって後回しになったこともあるので
こうして最初から単元ごとにわけておけば漏れずに済みそう。

しかもこのケースごとムスメの机に置いておけば
今週はこれだけやる、今日はこれをやるって年間通して自分でわかるじゃん♪
1週間ごとにやる枚数が入ってるから自分で計画も立てれる・・かも?

しかし・・・「重さ」がジュニア予習シリーズには出てこないんだが(汗)

学校ではやるみたいだし、ドリルには3冊共あるんだけど~。
他にもどこに入れていいんだか??というものは余ってるポケットに入れた。

ポケットはいくつか余ったので、「その他」「特殊算」「復習テスト」に分けた。
リビューテストやチェックテストなどは最後にまとめてと思って。
範囲がかぶらない「その他」は夏休みや総合回などの隙間に入れていくことに。

それからかけ算やわり算などは特にドリルのページ数が多い。
ジュニア予習シリーズの単元も(1)(2)(3)と分かれているので
当然長いことやることになるんだけど、それでもプリントが余りそう。

1ポケット=1週間分なんだから、できるだけ標準問題から入れるようにして
余る分はこれまた総合回や長期休みに回すようにしなくちゃ。
1ポケットには5枚が目安だな。

ちなみに両面にコピーしてあるので、ドリルで言えば1回2ページ分ってこと。
それこそトップクラス問題は休みの日にやるくらいじゃないと時間かかりそう。

さて、ポケットに仕分けしてみたら何だかすっきりした。
たくさんあるように見えて(いや、本当にたくさんあるんだけども)
順序だてて予定表に合わせてやっていけば後で慌てることもないのかなって。

あ、そういえば「成長する思考力」と「はなまるリトル」は
週末に入れたいって考えてたんだったっけ・・・。
うーん、実際にプリントを仕分けしてみた限りでは無理っぽいかなぁ。
各週ごとにその単元のドリルをできるだけやっていく方がいいかも。

うーん、またちょっと考えてみよう。
3年生の使用教材(算数編)
2010年03月06日 (土)
算数もメインは四谷大塚のジュニア予習シリーズ

加えて市販ドリルの予定だけど、算数は国語よりも迷う。
何度も書いてる話だけれど、学校の進度に合わせてると
停滞してみたり、急にスパパパッと進んで(時には飛ばされて)みたり。

2年生の算数ドリルは3冊を全てコピーして、学校の復習になるように
その都度ムスメに進度を確認しながら、どこをやるかピックアップしてきた。
これだと「今どのあたりをやっているのか?」というのを常に気にするし
先の予定を見るのに私も教科書をちょくちょくチェックするようになってよかった。

なんだけどねぇ、最後にシワ寄せがすごいんだ(現在体験中)

3年生は実質10ヶ月(4月~1月)ということもあって
今年度のようなラスト大慌てというのは避けなければ

それに迷うのが、市販の各ドリルによって並び方が違うこと。
教科書とも違うし、ドリルごとでも違う。
最初から順番にやってけ~ってわけにいかないので今年は困った。

でも3年生は一応「ジュニア予習シリーズ」で導入部を読んで予習するわけだし
それに合わせて市販ドリルで復習していこうかと思う。
やっぱり進度の指針っていうのか目安があるってのはありがたい。

それから、市販ドリルのレビューを見ていると
最初のページから順番にやっていくんじゃなくて
各単元ごと標準レベルを一通りやって、全部済んだらハイレベルを一巡、
そして最後にトップレベルな問題を一巡、というのが良いらしい。

2年生では学校でやってる単元をその時に集中的に、ということで
標準問題→ハイレベル問題→トップレベル問題と一気に進んでたんだけど
3年生からは変えてみようかとも思う。

国語のように、1学期はコレ!と分けられないんだけど
とりあえず3年生でも何冊かを平行して使っていこうと思ってる。

※書籍名の横の数字は、2ページやっての回数(私の概算)

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年

ハイクラステスト算数 (小学3年)・・・47回分
算数ハイレベ100 小学3年・・・62回分
トップクラス問題集 算数 小学3年・・・88回分

これら3冊はまたコピーすることにした(笑)
ジュニア予習シリーズの進度に合わせてこちらで都度出しすることに。
各ドリルで並び方も違うからコピーの方が把握しやすい(笑)
ムスメがプリント形式の方がやりやすいと言うのも決め手になった。

2年生は3冊ともコピーをやった後に再度書き込みでやったけど
3年生では時間的にできないと思うので、きれいなドリルは親類にお下がり予定(笑)

ジュニア予習シリーズを月曜・火曜でやって
その週の残りは同じ範囲のものを各ドリルの標準レベル問題からやっていくつもり。
でも1週間のうちに3冊分の全部はできないので、
ハイレベル・トップクラス問題は後回しにしてとりあえず基本問題から順に。

■土日・休日用■

強いて分けるとしたら・・・だけど、週末は時間が取れやすいので
平日は↑のドリル、休日は↓というように分けようかと思っている。
(こちらの休日用はコピーしないで直接書き込み)

 はなまるリトル3年生 算数
成長する思考力シリーズ(GT)算数8級・・・16回分
はなまるリトル3年生 算数・・・38回分(計算ドリル部分は除く)

1学期の週末から「成長する思考力」を使っていって
「はなまるリトル」は夏休み用にするかもしれない。

やっぱり配分は国語と違って難しいなぁ。
このへんは進度や状況を見ながらフレキシブルに回していきたい。

算数も一応エクセルで作ったカレンダー上では消化しきれる量だと確認済み。
2年生の最初の頃みたいに、繰り返しコピーして何度かやらなきゃいけない単元も
出てくるのかもしれないけど・・・

でもあれも、「ここで定着させなければ!」と私が思い過ぎてたと思う。
時計も長さもあんなに苦労したのに、今やってる最レベ問題集はスムーズ。
1度ならず何度もやったからなのかもしれないけど、
それに関係なく、時期がきたらスンナリ・・っていう気もする。

3年生も徹底とスルーの見極めをしながらやっていこうと思う。

ここまで仕切ってたら自学自習でもなんでもないな(苦笑)
さ、時間を見つけて少しずつコピーし始めようっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。