FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
3年生の使用教材のまとめ(国語)
2011年03月29日 (火)
全て使い終わってからまとめで書きたいところだけど
国語はまだ3年生のが終わってないのと、学年をまたいでも続けていくので
とりあえず今年度も使ったもののまとめを。

(国語編)

ハイクラステスト国語読解力 小3   はなまるリトル3年生 国語

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕 どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生 トップクラス問題集 国語 小学3年


ここに画像はないけれど、3年生ということで
4月の年度初めから四谷大塚の「ジュニア予習シリーズ(上)」を。
(amazonや楽天では販売されていなくて直接HPで購入)

予習シリーズは1週ごとに1回分をやるという予定になっているので
月・火でジュニア予習シリーズをやり、それ以外の日は市販ドリルをやっていた。

並行してやっていたのはこちら。

ハイクラステスト国語読解力 小3

でもジュニア予習シリーズはあまりの難しさに途中で断念。
6月あたりからはこのハイクラステスト一本にした。

7月頃にハイクラステストが終わってからはこちら。



ちょうど短縮授業ということもあって時間もさほど気にせず毎日やれた。

これが終わった夏休み中盤からはこちらへ進んだ。

はなまるリトル3年生 国語

当初はジュニア予習シリーズと被ると思って買っていなかったんだけど
ジュニア予習シリーズを断念してしまったので、その代わりと言うか・・。

だけど買ってみて正解。

これは2年生版では普通の市販ドリルみたいに問題だけが続いて行くんだけど
3年生版では最初に導入部分(~とはこういうことです、みたいな説明)があって
ジュニア予習シリーズと似たような体裁だし、でも簡略化されててちょうどよかった。

・・・が、ジュニア予習シリーズよりは簡単とはいえ意外と進まなかった。
ムスメの読解力がまだまだ・・だからか。

それで「はなまるリトル」を中断して、こちらへ切り替えた。

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前! ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

ものすごいタイトルだけど、期待を込めて。
※国語力に関する日記はこちら。
9月19日9月29日9月29日9月30日
10月10日10月21日10月31日11月7日

毎日・・ってわけでもないけど、コツコツやって1か月半くらいか。

改めて記録を読み直してみると一緒にガッツリ取り組んだなぁと思う。
最初はこんなんでいいのか?という気持ちもなくはなかったけど
「何事も基礎練習から」という言葉を信じてやってみた。

それが今の力に結びついているか・・はわからないけど
それでもやったのとやらなかったのでは大違いじゃないかな。
私自身も改めて勉強になったことも多いし、教える側としても勉強になった。

これをひと通り終えてから、残りの「はなまるリトル」へ戻ってからは
答え方や考え方もやっぱり変わったと思ったもんな。

残りの「はなまるリトル」を終えて11月下旬からはこちら。



これは今年度2冊目。
昨年度はムスメの力からすると1年生相当のものしかできなくて
今年で2年生相当・3年生相当とやることができた。

毎日はやらなかったので(英検なんかで12月は時間が足りず)
1か月ほどかかってやり終え、冬休みあたりからはこちらに。

どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 3年生 小学生

こちらは全15回。1か月ほどかかって終了。
次は1年の大トリ、トップクラスへ。

トップクラス問題集 国語 小学3年

現在も継続中。

今年度も最初のうちは国語・算数の両方とも毎日やれていたけど
秋以降は英検で時間が取られたり、ウェブレッスンを始めたりで
国語は週1~2日のペースになっているので
この3年生版が終わるのは、多分4年生の1学期末くらいの予定。

**************

3年生は2年生版と同じような流れなので、教材を探す負担は少なかった。
ただ、英検・ウェブレッスンと英語にかける時間が増えたのと
学年が上がって下校時間も遅くなったから、時間との兼ね合いが難しかったかな。

それで国語はどうしても後回しに・・・ということで
3年生の分を続けたまま4年生に上がることになった。

以前だったらこういうのは許せない性分なのだけど
勉強に締切があるわけじゃなし・・と自分も成長したみたい。
特に国語は精神的な成長も待ちつつ細く長く続けていくのが良いと思うし。

4年生版では「はなまるリトル」がなくなるだけなので
同じように続けていく予定。
スポンサーサイト



3年生の使用教材のまとめ(算数)
2011年03月28日 (月)
今年度も使ったもののまとめを。

(算数編)

使ったもの一覧。

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年
 はなまるリトル3年生 算数

これプラス、ジュニア予習シリーズ(上・下)←画像なし

************

2年生の分が終わった4月中旬からジュニア予習シリーズをスタート。
月・火にジュニア予習シリーズ、それ以外は市販ドリルという併用。

2年生の時は学校の復習に使っていたので、市販ドリル3冊の中から
習ったところをピックアップしてやるようにしていたけど
3年生からはジュニア予習シリーズを使うし、復習にこだわらずに進めた。

3年生では「大きい数のたし算」「2ケタのかけ算」や
「時間」「長さ」など、既に2年生でやったものへの上乗せが多かったので
その辺はやりやすかったかもしれない。
(2年生でまっさらの状態で時計を教えるのは苦労したもん)

当初2週間くらいは市販ドリル3冊のコピーの中からできそうなものを。
ゴールデンウィークの週はジュニア予習シリーズはお休みなのと(予定表通り)
その前後は家庭訪問などで短縮授業だったのでその週は「成長する思考力」を。

概念の導入としては「成長する思考力」がもってこいなのと
じっくり考える時間がある時がベストなので、GW含めた1週間だけ使った。

それから夏休みまではまた
週の前半=ジュニア予習シリーズ、後半=市販ドリルのコピーの日々。

ジュニア予習シリーズ(上)が終わったらそのまま(下)へ。

夏休みに入り、ジュニア予習シリーズと「成長する思考力」の併用。
(ゴールデンウィークで少しやっていたものの残り分)



やっぱりコレは時間に追われない中でじっくりやりたい。
単なる計算問題はなくて、見てる分にはシンプルな問題のように思えるけど
実は「えーとえーっと」と考えさせてくれる問題。

相変わらず週の2日間はジュニア予習シリーズ、残りの日にコレをやって
夏休み終わり頃にコレが終わり、次は何と併用しようかと考えていたら
ムスメから「ジュニア予習シリーズを一気にやりたい」という要望があったので
そこからは1週間で1回という進度ではなく、毎日ジュニア予習シリーズを。

ジュニア予習シリーズは1回に基本・練習・応用の3ステップが載っていて
ほぼ自力で読んでから取り組んでいた。
(書いてあることでも聞いてくるので導入部分を読んでいたのかは疑問)

練習問題まではできても、応用問題ではかなり時間がかかることが多く
教えながらでも平日は結構時間を喰われてしまった。
この頃(秋)は英検4級の前で、バタバタしてたなぁ。

10月初旬にジュニア予習シリーズ(下)も終わり
これで一応3年生の範囲(以上?)を終えたので、市販ドリルのコピーの日々へ。

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年

3冊をドリルごとではなく問題のレベル(標準・ハイレベル・トップレベル)と
テストに分けて、標準問題→ハイレベル問題へと進めていった。

トップクラス問題はトップクラス問題集の物のみなんだけど
ハイクラス問題Bでも難航してきたので、トップクラス問題は見送ってお蔵入り。
これが2年生の時だったら意地でもやっていたかもしれないけど
時間の兼ね合いもあって、割り切りも必要だと思うようになって初めて捨てた。

振り返ってみると、この頃(11~12月)は算数が毎日やれていない。
1月の英検3級の過去問を優先していて、今年度は英検を連続で受けていたから
今思うとかなりハードなことを強いていたのかもしれないな。

冬休み入る頃にハイレベル問題までが終了して、次は「はなまるリトル」へ。

はなまるリトル3年生 算数

これはコピー組の市販ドリルとはまたちょっと視点が違う。
お楽しみ風な思考系の問題も入っていたり、考えさせるものもあるし
まとめ的に一気にやるのがいいかなと思って最後の方にもってきた。

ほぼ毎日やって2か月弱で終わり、2月中旬からはテストシリーズ。

3冊のドリルのリビューテスト・まとめテスト・実力テスト・・という
テスト系をまとめておいたのでそれを順番に。

また最初の頃の「かけ算」や「大きな数」からのまとめテストなので
何度もくり返して復習になってよかった。

我が家でレベル的にちょうど使いやすかったのは

算数ハイレベ100 小学3年

やっぱり昨年同様にハイレベかな。
ハイレベル問題でもそんなに厄介ではなく
トップクラス問題集のハイクラス(A)よりもやりやすい気がした。
まとめテストや最後のほうの「文章題特訓」もムスメには良かったと思う。
3年生までしかないからなぁ・・・残念。

昨年度は全てを残さずやり切ることにこだわっていたので(私もまだ青かった)
最後の方はとにかく消化するのにイッパイイッパイな状態になってたし
結局3年生がスタートした4月の半ばまでかかってしまった。

今年度は無謀なトップレベル問題はやらないことにして
後半で消化に汗をかくことにならないように毎日コンスタントな量を心がけた。
さっきも書いたけど、英検との併走もあって算数ができない日が続いたことも。
そして春休みから4年生の予習シリーズをスタートさせることにした。

算数は特にどれだけでもやらせてしまいたくなるのだけど
これからのことも考えつつ、段々と必要なもの、取捨選択っていうのを
考えるようになった3年生の後半。

ムスメはこの1年で成長したかな、どうかな。
図を描いたりして諦めずに考える・・のはまだもうちょっと頑張って欲しいけど
それでも1年間でこれだけの量をやれたのは、やっぱりすごいと思う。

植木算や周期算、つるかめ算も基本的なことはやれるようになってきたし
この貯金がこれから受験に向けた勉強にも繋がっていけるといいな。

本人はどれだけやってるのかわかってないし、他の子と比べる機会もないし
目の前のことを一生懸命やっている子なのでわかってないと思うけど
キミが頑張っているのは私が一番わかってるからね。
総しあげテスト(トップクラス算数)
2011年03月26日 (土)
3年生の算数が全部終わった。

最後は市販ドリルのコピー組3冊(ハイクラス・ハイレベ・トップクラス)の集大成、
トップクラス問題集の巻末に付いている別紙「総しあげテスト」2回分。

トップクラス問題集 算数 小学3年

問題用紙と解答用紙が別々に分かれていて、それぞれB4サイズの大判。
時間も1回あたり45分間という大がかり(?)なもの。
(時間制限は設けず、一応目安として計ってはおいた)

問題数が多くって、最初のほうの計算問題は軒並み1問1点。
普段の本体のテストだと1問10点や15点なんてのもあるからテストっぽい。
最初の計算問題なんかは落とさずにきちんと点数を取ろう、みたいな。

ムスメもいつものダイニングテーブルではなくて、自分の机で取り組んだ。
(リビングの隅にある120cm×45cmの作業台←私のお下がりだけど)

持ってきた解答用紙はいつになくキッチリとした字で書いてある。
そうか、よそいきの字だな。どうやら学校のテストなんかもこういうことらしい。

答え合わせをして、間違い直しをして
わからなくて空欄のところは少し一緒に見ながらもう一度やってみた。
結構いろんな分野から問題が散りばめられてて良かったなぁ。
難易度も簡単な計算問題から特殊算だよね?というものまで順に入ってた。

終わったら本体カバーにあるように、文理のHPへ行って結果を入力。
そうすると画面上で成績表が出る。
ムスメはこういうのが好きなのでモチベーションアップになる。

ちなみにこんな感じ(画面コピー)

top1.png

各項目ごとにアドバイスもある。

1回目はちょうど45分くらいでやれて83点(画面のやつ)
2回目は1時間ちょっとかかった割には69点。

最初の計算問題・文章問題、1回目はノーミスで
こういうところで点数を大事に取っていかないとなと改めて思った。
2回目は計算問題でポカミス2問、文章問題では式に数字を転記ミスをやらかした。
225を255、みたいな。やっぱり出たか・・・って感じ。

図形は両回ともにちょい勘違いくらいで惜しい~というところ。
でも基本はわかってて本人にも苦手意識がないのが良いかな。

大問4はちょっと突っ込んだもの。単位、時間、面積だとか簡単な植木算とか。
1回目では1問ミス、2回目では半数がわからず。
でもどれも一緒に落ち着いて見ていったり少しヒントを出して図を描いたら
理解できていたので、これも数をこなせばできるようになるかな(希望)

最後の大問5はほとんど空欄。
ここは「さらに進んだ算数」のくくりの、つるかめ算・倍数算・周期算らの
1問ずつで、良い問題だなーと思ったんだけど。

倍数算だけは先日からの文章題特訓(ハイレベ)でやったおかげか唯一できていて
つるかめ算・周期算の問題は一緒にやって「あ、そっか」という感じ。
これも追々やっていくうちに自分の中に取り込んでいければ・・かな。

点数というより、どういう感じでやれるのかがわかって良かった。

*******************

ムスメにも話したんだけど、これからはいろんな物の合わせ技になってくるよ、と。

今まではかけ算の問題、1kg=1000g、10個のうち1つが10分の1、なんて
単発でわかっていればできるようなものが主だったけど
これからはそれをいろんな形で単位や量を計算しつつ、そして文章題を解きつつ・・
という合わせ技になってくるので、1つ1つちゃんと理解できていないとね、と話した。

そうなんだよ、これからは複合の合わせ技でもっと算数らしくなってくるんだろうな。
言われたことはキッチリできるけど機転の利きにくいムスメはどうなるか。

でも何事も積み重ね、最後の大問はできなくても最初の計算問題で落とすことなく
基本的なことがきちんとできるようにしていきたい。

これにて3年生分は終了。明日からは4年生の予習シリーズへ。
文章題特訓
2011年03月22日 (火)
算数は市販ドリル3冊分のまとめ的なテストを終えて
今は

算数ハイレベ100 小学3年

これの「文章題特訓」をやっている。
『発展的な学習』というくくりに含まれていて、字のまんま文章題がズラリ。
植木算だったり、センチだったり、いろんなパターンでとにかく文章題のみ。

ある意味、全部の範囲から出ているので最後にちょうどいいと思って
まとめテスト・実力テスト系の後に取っておいた。

案の定、ムスメは大いに頭を抱えながらやってる。

6ページあって、標準/ハイレベルと一応分かれてはいるものの
どれも制限(?)時間は10分。

でも10分間でできるわけがない。どうしてかなぁ・・・。

我が家的には「図や絵を描いて考えよう」という主旨でもあるので
問題文を読んですぐわからない場合や、ちょっとでも「ん?」と思った場合は
とにかく図か絵に描くこと、とした。

しかし、はかどらない。なんでかなぁ・・・。

やっぱり「絵を描くことが目的」にすり替わっていたり
ちょっと描いたところでわかったつもりになって、図(絵)は中途半端だったり。
中途半端なまま、式を書き出すとこんがらがっちゃったり
そもそも話をよく理解してないまま、自分でも説明できない図を描いてたり。

問題を整理するため、理解するために図を描こうと言っているのに
説明できない図(絵)っていうのはどうなんだ?

なので簡単な問題だと思っても図を描いてみる練習だと思って取り組んでいる。

式も答えも合っている問題も、結構式がいくつにもなるので
答え合わせの時に本人に説明をしてもらうようにもしている。
もちろん描いた図も見ながら。

図にするとラクなのになぁ、何でやらないんだろ。

ちょっと自信がないという問題は図が描けてないことが多い。
図を一緒に描き出すと「あっ」と言って鉛筆がささっと動きだす。

ほら見ろ、描けば済む話。

もちろん描き方がわからない、どうやって描いていいかわからないって
いうこともあると思うので、とにかくたくさんの問題でやってみるのも大事。
だからこうやって文章問題ばっかり一堂に会しているっていうのは良いな。

それに文章題特訓と言うだけあって、とにかくいろんな題材が混ざっているのもいい。

植木算は意外とできてたり、規則性なものも案外とすんなりいけるらしい。
日にちを数えるのや単位換算は微妙かな・・なんて、今の状態が把握できるのも良い。

ハイレベは実力テストまで済ませてしまったので、
この文章題特訓が終わると終了。
実力テストも勘違いのミスはありつつも、まぁまぁ理解してやれてた。

あと残るは

トップクラス問題集 算数 小学3年

これの付録で付いている「総仕上げテスト」2回分。
1回分でB4の問題2ページ分、45分間というかなりのボリュームのテスト。
ちょうど春休みに入ってからやることになる予定なのでじっくり取り組もう。
日常
2011年03月17日 (木)

我が家は変わりなく元気です。
普段通りにコツコツと毎日を過ごしています。


このブログは私個人の記録の位置付けなので
読者を意識することなく、読者に語りかけることなく書いていますが
こんなブログでも気にかけて下さってる方がいらして
音沙汰のないことにご心配を頂いているようなので出てきました。
ただ、この場ではメッセージ的なことを書くのは控えます。

ムスメも元気です。
もう少しで終わる3年生の自分のクラスとのお別れが寂しいようです。
またムスメの勉強のことで記録したいことがあれば書きたいと思っています。


取り急ぎご報告まで。